カテゴリ

studio NANNOを 体験しました!



  • ナノニエルの魔法書
  • ご近所、ご自宅へ出張します! ご依頼はこちら
  • 安部塾関西への申し込み
  • スケジュールはこちら
  • Face book

HOME > いつまでも健康で美しくを叶えるナノニエルの魔法書 > 7ページ目

いつまでも健康で美しくを叶えるナノニエルの魔法書

正しいストレッチを普及させよう委員会

ただいま、この委員会、会員数2名ヾ(*´∀`*)ノ
わたしと西田辺にサロンを持つ友人のF氏ヾ(*´∀`*)ノ

絶賛メンバーとお客さん募集中!
てか、がっつりお客さん募集中!

ストレッチ=筋肉を伸ばす運動

この考え方は絶対に違うからね。

伸びる必要があって筋肉は伸びるのであって、意識的に筋肉は伸ばそう、伸ばす運動をしてはダメDEATH!

筋肉をやたらと伸ばす運動以外にも、

★自分の今の関節の機能以上に柔らかくする
★近づける身体の部位を間違える、または近づけるべき場所と遠ざかる場所を知らない、それはなんれすかーって段階
★そもそもスタート時の姿勢がデタラメ
★呼吸を止める
★屈曲時伸展時の呼吸を間違える
★そもそも呼吸がテキトー


ひとつでもやっているなら、それは身体をブチ壊すストレッチやエクササイズです。太りやすくもなるし、とにかく動作時にケガを招きやすい!

身体は柔軟であればあるほど身体機能も高い…むかーし、むかーし、その昔、なんの確証もデータもない、調べもしていないのに、まことしやかに囁かれていた時代がありましたね…

柔軟性が過度に高ければ、若い時はともかく将来的にはボロボロですよ。わたくしも新体操の選手でしたから、初老(アラフォー)にれば、そういう過剰に柔らかい選手がどういう状態になるかよく知ってます。

そうならないためにももう一度書きます、それも力強くww

正)ストレッチ=機能的筋力、もしくは姿勢制御に必要な筋力トレーニング

このようにストレッチの認識を、勇気をもって脳内の書き換えをしてください。

ストレッチは本来どういうものかを聞きに来てください。

そして正しいトレーニングを重ねるようにしてください。

ご依頼を待ってます♥

あっ、そっか!とは何か。

単なる情報が、知識になった瞬間ですね。自分が得た情報のとおり身体が動くようになったときです。それ知ってる~、は情報であっても、知識ではないんです。他人の話の腰をバッキリと折る、知ったかぶりっ子でしかありません。

というわたしも「あっ、そっか!」の腑に落ちるには何がいるか、大阪・西田辺にある友人のサロンでレッスンさせてもらった、そのお客さんに教えてもらったんですけど<オホホ♡

友人とわたしは、同じ身体操作を習っています。

例えばですね、わたしと友人、「あっそっか」がくるスピードが違うんです。わたしは先生の解説を聞いてすぐに、そういうことなんですねってなります。

先生は日本語で解説や指導をしてくれますから、受講生みんな、先生の言うてることはわかりますよ。情報を得る速度は同じです。

そこから腑に落ちるまでの速度がそれぞれ違うんです。

わたしと彼女に差があるとしたら、わたしは身体操作がわりと得意で機能的筋力も残っているほうです。簡単に書けば、苦手な動作はあれども、平均してどの動きもかなり動けるってことです。

聞いてすぐ動ける身体機能⇒情報と動作が一致しやすい⇒すぐに腑に落ちる、じゃないかな。ほかの安部塾の仲間も、身体への操作がききだすと、人生が変わった、腑に落ちたっていう人多いもん。

アタマと行動がべつっこでは知識にならないってことやね!

いま、継続してうちのスタジオ、もしくはわたしの指導を受けてくれている人は、量や回数の差はあれども、スタジオでのトレーニングと自宅での練習で身体機能を維持してくれている人ばかりです。

勢いよくやってきて勢いよく(もしくは急に)サヨナラ

そうなる前に、いつも忠告してます。一回で何とかなる、別人になる魔法はないよって。

ただし、練習やトレーニングを重ねて、普段から意識しなくても丁寧な動作ができれば、機能改善や姿勢改善は早いんです。日々の動作や思考で姿勢や体型はつくられていきますから。

それあわせて「あっそっか」が早くなります。変化は練習が楽しくなるポイントでもありますね。

何度も書きますが、そのためには無理やがむしゃらに頑張らなくてもいい範囲で、定期的にトレーニングやレッスンを受けることが重要です。練習もしないと機能は戻りにくいです。情報だけじゃなくて、しっかり身につけていってもらいたいです。

てな感じで、今日は自分の指導力のことは棚上げっ(笑)

マヂにやめたほうがいいぞっと

わたしは各種SNSをよく見る。つながっている人たちはおもしろい人多いしね!楽しい動画やまとめ記事シェアしてくれたりして、毎日フハハハハハってよく笑う。

ところで、わたしはよほどのことがないとシェアはしない派。特に自分が直に知っている人や物事、勉強してきた分野についてとか、それ以外のことについてはホンマにシェアしない。単純におもしろいなぁ♡っていうのはするかもだけど!

これまでいろいろやらかして、実際に困ったことになったり、こういうことになるんだと思い知ったり…身体操作を勉強するようになってからは、自分が投稿する内容がどの方向に向いているのか考えるようになった。

これは人の脳が、怒りや悲しみにはまりやすく、そういったことほど広がりやすいって習ったから。事実、そういう体験もしたし。

ネガティブなことは最後におもしろいオチがあれば書くよ。

だから、真剣に具合悪いです、吐きそうです、動けません…みたいなネガティブさ満点の、読んでるこっちはどうしようもない投稿もしない。

そんなしんどい投稿が多い方々には、読んでるこっちを気分悪くさせて、体調悪くさせてどーする気~( ノД`)と問いたいし、自分の身体についてもう少し全体的に学んだほうがいいよ、例えばうちのスタジオとかでね…なんて思わずコメントしてしまうんや。

いちばんの困ったちゃんは、シェア好きかな。

人々を悲しみと怒りのカオスに陥れるだけ陥れて、な~~~んの解決にもならないのが、シェア好きの行動。特に自分の意見は書かずタイムラインにシェアだけしてくるやつサイテー。

「こんなひどいことをする人がいます」とお怒りメインのある種のコラムやニュースを共有したがるんやけど、何が困ったって、例えば実際に自分は取材してないし、一方的な情報をまき散らすことになってるんよ。多面体であるものごとの、一部分を切り取った投稿に、自身が激しく踊らされてはりますねん。

確かにそういう事件や事実はあったやろうけど、シェアする前に、現地や現場に実際に足を運んで状況を見聞きし、様々な立場の観点からのインタビューのひとつでもとったのかってこと。他人を非難する前に、自分は何をやったのかってこと。

怒りは増殖しやすい。最近は、多くの人がうっぷんを晴らす機会を待ってる感じがあるし。
十分に自分が発信するものには注意したほうがいい。
なにより、怒りに満ちた投稿は、自分の脳機能によくないよ。脳を激しく痛めつける。

もともと人は、安全を得るため、危険をなるべく回避するために、悪い点・短所・ネガティブに目がいきやすい。イヤなことコロッと忘れるようでは、先々が不健全になるよね。同じ間違いを何度も繰り返してアブナイやん。今までにイヤな経験をしたら、もう二度としたくない!と忘れることないでしょう?貸した金を返さないアイツ!みたいなことはほぼ忘れない。

けど、今までしてもらったありがたいことやいいことや気持ちいいことなんて、いとも簡単に忘れるよね(笑)

そもそも、まとめ記事とか簡単に手に入るSNSの情報なんて、都合のいい一面を編集という切り取り大作戦が行われていて、爆発的に広がっていくようにしてあるんよ。広告主・スポンサーのために。

シェアするときは、それを忘れたらあかんとも思う。

良かれと思って、こんなことがあるから知ってほしいと思ってシェアしてるんだろうけど、フタをあけてみれば、怒れる人々をつくりだしてるだけで、何の解決にもなってないというね…

もう少し人についての勉強をしたほうがいいし、自分で取材して、自分の言葉で投稿したほうがいいかな(^-^;

自分の活動を広く人に知ってもらいたい。
こういうことがあるので知ってもらいたい。

爆発的に、一気になんでも広がっていってほしいのはわかる。マジで。わたしだって自分の解説を聞きに、身体操作でメンテナンスしに、ウハウハなりたいもん。

ただ、正しくは、地道に、実際に目にしたこと、実際に勉強したことのみを、知をもって(中立的に)述べることが必要だと考えてる。

少なくとも怒って、批判して、ではアカンでしょう。


スタートは実は...

安部塾大阪集中講座のコンセプトは、主催者ふたりのための勉強会、です。

身体の学校・安部塾の、健全で安全な運動指導と身体操作を学び、まずは自分たちのコンディションを健全にしていこう。心身共に強く健やかに美しくなったら、次は自分たちの家族やお友達やお客様に伝えていこう。そうやって、自分たちの給料を、短期的にちょろっとあげるのではなく、生涯安定した十分なサラリーが手に入るよう、長い計画で底上げしていこうが大阪会場のスタートなのよ。えへ♡

わたしたち二人が、どうしたら定期的に身体操作技法を学べるか。

そしていきついたのが「何人かを集めて、一緒に勉強しよう」なんです。人が主催するのを待っていたら、いけない日だったり、定期的にしていなかったりで。人任せをやめて、わたしらが主催していかなあかんってなったの。それにあたって、ふたりで協力してなんとかがんばろうって。

だから、今でも受講に来てくれてる皆さんが楽しんで受けられる、継続できる、安心して勉強できる環境か、を気にしてます。

ひとそれぞれ講座に求めるものは違うと思いますが、どの身体操作が必要とされているのか、にもなるべく意向に沿うようにもしています。今回は取り入れるのが難しくても、次回には…みたいに。いろいろやりました。メイクやボディトリートメントもあれば、メンタルトレーニングもあります。冒頭でも書きましたが、まずは自らが強くしなやかに美しくなるための場所です。自分がきれいでないと、相手はきれいになれませんからね。

それから、大阪会場で困難だったのが場所の問題。これは現在でも解決したとは言いがたいです。いまでもスタジオやサロン、そのほか場所探しをしています。


毎月違う会場は良しとしても、会場費をいきなりあげられることもありました。

その他にも、システム的なことも考えてます。これは関西のほかの会場のこともあるので、いきなりわたしの一存では変えられない。よりよい環境のためにあちこちにネゴシエイトですわ<フォフォフォ

ところで、大阪講座の事務局ふたりは、安部先生の講義をうけるまでは、まぁ、友人や知り合いはよく知っていると思いますが、その頃はふたりとも迷えるオバサンだったんですよ(^▽^;)

いろいろ間違った身体の使い方をしていたら、身体はもちろん困った状態になりましたし、わたしに関しては、やたらと攻撃的、排他的なメンタルになりました。相棒もいろいろあったんじゃないかなぁ。

間違った身体操作は、脳機能も変化させます。老化を著しくはやめます。こういった身体のことを勉強し、経験し、実感してるわたしが言うてるんですから、ホンマに身体をどう使うか…には気をつけてほしいです。

良ければ、関西エリアには大阪と神戸に安部塾の集中講座がありますし、来年からはそれに加えて京都で定期開催が決まってます。

行きやすい会場で、継続して勉強をしてください。

もう一度書きます。

勉強するにあたって重要なのは、いっときの情報量よりも、継続することなのです。回数を増やすこと。

しっかり身につくには、繰り返し解説を聞く必要があります。身につくとは情報が知識になることですね。

9月も各会場でお会いしましょう!



安部塾という謎の身体の学校

なぜ「謎」なのか。


それは時に、講義内容に関係ない、とんでもないことを勉強するから(笑)


夏は土建屋かいっ?!て内容もあった様子。


身体を健やかに保つ、生涯ずっときれいでいるためには、いろんな知識がひつようですからにゃ~(*ΦωΦ)


その安部塾の集中講座を大阪でもしております。主催のひとりです!


★9月13日(木)大阪吹田市・浜屋敷にて
⇒ https://www.facebook.com/events/235747370409861/

bellydance.jpg

ダイジョウブ、衣装きて踊るわけではござーせん!
少なくとも、いきなりは!ステーキ違うし!
正直、なんちゃんもできないから(^▽^;)(^▽^;)(^▽^;)


これからも、どんどん・ゴイゴイ身体操作の腕前や指導力をあげていきたい大阪集中講座としては、連動と連鎖を意識した動きは基本ですが、分離独立した身体操作(アイソレーション)も重要と考えてます。アイソレーションを通して連動連鎖の身体操作も爆上げしますから♡


どっちも同様に大切、先生的には「できて当たり前」だそうですっ!


そんな緊張の後は、お尻ほぐしでリラックスしていきましょう!

gluteus-minimus-tps.jpg
※ おヒップのトリガーポイント


みなさまのおヒップは、カチコチになってませんかね?


お尻星人ミナミノサンとしては、柔らかく引きあがったお尻になってほしいですわね。


美尻はしあわせの元ですから。マジで。



しっかりカメラのレンズ見れてますか?まっすぐ立ててますか?

ものを立体的にしっかりと認識する訓練をしてください。普段から完全矯正をアシストする眼鏡をかけてください。目の動きに背骨はついていきますから、立体視をして正確に距離感や立体感を認識することは重要です。

人の目は、立体的(3D)にとらえているようでいて、かなり平面に見ています。本当の奥行きとか、コントラストとか、アウトラインとか、視機能を完全矯正するとわかります。

何がわかるって、どれだけ自分が普段ものが見えていなかったかがわかります。普段は右と左で違うものを見て、脳で今まで経験したことをもとに画を処理して、脳内のスクリーンに映し出しているだけ。

めちゃくちゃいい加減。

隠し撮りされた時の自分の目つき知ってますか?

こんなことになってませんか(笑)

gaishai.jpegのサムネイル画像

ホンマにこの方、どこを見てはるんだか(^▽^;)

正直申しますと、この眼球の動きを制御してもらわないと姿勢改善できないんです。

姿勢改善や機能改善には筋力は大切なのですが、それだけで何とかはなりません。

わたしの姿勢の崩壊がこの程度で、修正がなんとなくできているのも、同年代の女性に比べて筋力が備わっているからですが、顎があがったり、首の後ろが短縮したりするのを修正できないのは、目の機能によるもので筋力や意識ではどうにもなりません。

できるだけしっかり、はっきり見ようとして起こる姿勢なので、視機能を矯正しない限り特定の姿勢になります。

エクササイズだけで姿勢改善はムリといわれる理由です。

さて、写真を撮ったときに、
目があちこち向いてしまっていて、カメラがとらえられていない、他人とのアイコンタクトが苦手とか、
姿勢がいつも同じ方向に傾いている
顔が歪む
左右で顔のパーツの高さが違う
顎がおかしい
顔中シワだらけ

外見の話をかくとおおむねみんな嫌がるのよね~…
でも、自分で感じている肩こりや首コリあるんじゃないかしらね。

目を矯正してくださいな。

ここで、それを偽りますか

年齢詐称される方がめちゃくちゃ多いんですけど。男女ともに。
身長や体重なんか妄想劇場なみでーす…てか、数値は自分で書いちゃダメでーす。


女性の方でたまにいらっしゃいます、「いくつに見える?」って地獄の問答を繰り出すお方。


「普通にババアに見えます」っていうたらさ、大問題、暴れ倒すやんかぁ。


頼むからね、自分の年齢をサバらないで、外見を磨いて外見をサバって!


実年齢も体重も、他人はめったに聞かない。それに「自分は何歳です。体重はいくらです」って看板もって歩いてる訳じゃないよね。実年齢や体重なんかをごまかしても意味ないの。


それに対し、外見は「自分は〇〇歳くらい」「こういう体型で、姿勢はこうで、このように皆さんの目には写りますよね」と、看板を出している、それも電飾つけて派手にみんなに知せてるんです!第一印象も第二印象も第三印象も第…印象も、外見が重要なんですよ!


外見は「美形・美貌」やないんです。
老化って、実際の年齢がいくつかってことやないんです。


しなやかで強く筋の通った姿勢、引き締まったボディライン、水分がしっかりと含まれた肌や髪…少なくともこういったことで外見による印象はかわります。


書類は問われたことを偽らずにかいて、外見はガツガツいつわろっ♡


それから、わたしにいくつに見えますかってしょーもないこと投げかけたら、人前だろうがなんだろうが「その質問はバアサンしかしません。つまり結構なお歳なんですね」っていいますよ。


言いたいことはわかるけど、間違って伝わる表現かな。

熱中症で困ってる人の投稿みますけど、症状出ててしんどくて困ってるって投稿できるうちになんとかしましょうね。熱中症は、ボディの水分不足をいうのではないです。脳の水分不足です。脳のミネラルと水分が大幅に不足することで、身体の制御がきかなくなる、誤作動を起こすことをいいます。


高気温・高湿度では、空調いれたり、外いかない、外で無理なことしないなど、脳への水分補給以外にもいくつも注意をしないと誰でもなります。


たまに、熱中症は一度発症すると繰り返し起こすクセがつく、なんていう意見をみますが、言いたいことはわかるし、人あたりや読んだ印象ってのもわたし以外の人は考えてはるので、わからんでもないですが誤解を招きますよね。


クセになってしまうのではなく、熱中症を簡単に発症してしまうのは、症状は出ないくても日々熱中症を抱えている、もともと熱中症なのです。気温の厳しい季節になったから、顕著にたびたび症状が出てきてしまうだけ。


どんなに水分補給しても、アタマに水分がいく補給の仕方でないと熱中症になりますし、のどの渇きを我慢してビールを楽しみたい!みたいな病的な考え方や行動とる人なんか問題外です。


慢性的に熱中症で、脳がスカスカ!水分摂取のセンサーが壊れてるので、容易に発症します。


実際にね、乾きを我慢して爽快な一杯!とかいうてた知り合いのインストラクターは、その脳の水分不足で何人か指導現場退いています。かくいうわたしも、毎日していたホットスタジオでのレッスンで、慢性的な熱中症はを引き起こし、自力ではどうすることもできなくなった経験があります。


ホットスタジオって恐ろしいわ…
glass.jpgのサムネイル画像




アラ探しは誰もがお得意!

批判は誰でもできるお手軽な欲求不満解消なんです。

つまり批判しているのは他人の言動ではなく、「自分」に文句をタレているのです。自分自身のヘタレ加減を、大きな声で嘆いたり憂いたりしているわけですよ。

そう思うとちょっとかわいい。いつまでもバブーちゃんなんだねーと(笑)

「へたくそが!」
「成功してないやないか!」

と批判するのは「自分はあれこれ考えてるけど、結局やってないし、動いてないし、口だけは達者」ってことですね。ほっといてあげてください。

批判するのが好きな人は、「〇〇だから、できない」と、自分以外のなにかのせいにしたがります。

自分のまわりで起こることは、自分のした言動の、もしくはやらなかった結果でしかないです。

〇〇に入るのは、仕事・お金ない・時間ない、が多いと思うのですが、それは他人のせいではないですよね。自分のできることが有限なのは、当たり前でもあります。その限度が皆それぞれ違うってだけです。後どこで限界と判断するかもそれぞれ違います。

言い訳して「お金がないからできない」ではなく、わたしはしません、わたしは行きません、わたしはやりません、でいいと思いますけどね。そのかわり、他人もあなたと同じで、やらない理由は違えども、自分や自分の生活をかんがみて、やらないことを選択しているんです。

そこを非難してもね…どうにもならんでしょ。
そうか自力が有限であることがわからないほど、脳機能が低下しているかですねぇ。

時間がないからできません、も、仕事があるからできません、も、「わたしはやりたくないからしない」ですよね。できない、ではないです。

それを自分は棚に上げて、他人になれば責めるっておかしいでしょ。

批判する前に、しないと判断している自分を認識しましょうね。他人の言動を批判することで、自分の不甲斐なさのうっぷん晴らしをするのはやめましょう。

ものごとをおかしな方向に導いてるのは、批判する人たちだと思いますよ。

たいていのことは解決する

https://www.facebook.com/events/1295948320538195/
筋トレ大会を主催します(笑)きてね

安部塾はけっこうなんでも「筋トレ」なんです。

何でもいいから、とりあえずムッキムキ~はいたしておりませんが、機能的筋トレをして姿勢制御に役立ててもらってます。

先生がよく、この機能的筋トレを「筋肉を磨く」っていうてますが、姿勢のきれいさがきわだちます。

そして、機能的筋トレで筋肉を磨くと、たいていのことは解決します。なんであんなことで長いこと悩んでたんやろうって感じです。マジで。

講座ではたぶんいちばん先生が楽しそうにしてはると思いますよ。

必死こいてるわたしを見て…

yoshitaka abe yoga.JPGのサムネイル画像

<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ