カテゴリ

studio NANNOを 体験しました!



  • ナノニエルの魔法書
  • ご近所、ご自宅へ出張します! ご依頼はこちら
  • 安部塾関西への申し込み
  • スケジュールはこちら
  • Face book

HOME > いつまでも健康で美しくを叶えるナノニエルの魔法書 > 2ページ目

いつまでも健康で美しくを叶えるナノニエルの魔法書

身体操作技法・健全な動き=効果

身体の使い方が正しい(機能的・合理的)であることは重要な要素です。

★ポーズがきれいに決まる
★安定がよく、強い、バネがある
★壊れない

最後、見ていただけましたか?
「壊れない」です。
broken.jpg
そうです、ケガは身体の設計にない動きをするせいです。
もしかして…宇宙人?って動きを繰り返した結果ですね。

だからわたしはフォームや動きの軌道を大切にし、機能改善を繰り返し唱えているのです。


身体操作技法・愛宕神社月参り

本日曇りのため、嵐山駅についてもライトが点灯していました。始発に乗ったから暗い…のではありません!どちらかというと遅刻!6時に家を出るはずが、6時に起きましたw
2019-12-7 arashiyama station.JPG 

嵐山、紅葉が残っています。
2019-12-7 arashiyama park.JPG 

さて、京都バスに乗り換えて、清滝で降りれば、このような愛宕ケーブル跡があります。参道のすぐ横を通っているのです。いわゆる廃線跡ですね。立ち入り禁止ですが、時々廃線跡に入られている投稿を見ます。わたしは行かないですが、いってみたい♡どんなところなのか見てみたいです♡いかないですけど。
2019-12-7 atago cable.JPG 

愛宕神社の参道は、五合目までがしんどい。五合目の休息所を過ぎてしばらくすると、平坦な道になります!写真を撮る余裕ができます!祝★平坦!
2019-12-7 atago hodukyou.JPG 
保津川にかかるトロッコ列車の鉄橋がみえますね。

祝!平坦の定点観測場所です。
2019-12-7 atago heitan.JPG

本日、愛宕神社は氷点下の朝を迎えたらしく、手水が凍ってます。薄い氷だろうと藻いこんで、氷を割ろうと結構な勢いで手を突っ込んだら…
2019-12-7 atago chouzu.JPG-- 
なんと底までしっかり凍っておりました…

御祈祷待合室に薪ストーブ!ステキ!サイコー!お参り終わって、休憩と軽食をとるために30分ほど滞在させてもらいました。ここから外に出て行くのに、すんごい勇気がいるのw
2019-12-7.JPG 
中高年のオッサンたちよ…こんなところで生着替えするの止めようぜ。ホンマにキミたち公共の場でのマナーが最低だよ。若い子がそんなことしているの見たことないよ。

アタクシお手製の、オシャンティーなカフェで出されるようなおいしそうなサンドイッチ<ウソ

キミたちのせいで味がまったくわからなかったわ。

愛宕神社から下山してきたら、お楽しみがございまして、野菜の無人販売機に行きます。無人販売機の向かい側にある畑で採れたものを売ってくださってまして、安くておいしいのです。もう季節的に厳しいですが、無理を言ってモロッコ豆を売ってもらいました。本日ご購入の野菜たちです。写真には写ってませんが、柚子、ブロッコリーも買いました。ご褒美タイムですね。
2019-12-7.JPG 
2019-12-7 yasai mujinhanbai.JPG

まあ、この無人販売機に寄ろうと思うと、オバケトンネルかオバケ峠を歩かなくちゃいけないんだけどね!来月も頑張って、どっちかオバケを歩きます。たぶんトンネル。もうこれ以上どこかを登るなんてムリだw


身体の学校・安部塾神戸11月

わたくしは安部塾の大阪集中講座のほうを主催してます。今月28日に大阪・吹田市浜屋敷で開講します。内容はコアユニット、特に臀筋とハムストリングのトレーニングの必要性とその鍛え方について解説と実技です。どうぞお申込みください。

⇒ 11月安部塾大阪集中講座について 


さて大阪講座に先立ちまして、神戸集中講座がありましたので参加してまいりました。神戸には、カリスマトレーナーと中国拳法の使い手さんたちが参加しているもので、毎回実技タイムは大変白熱し、難易度や強度が高いという特徴がございます♥

みなに愛され人気ものの伊藤くんが、今日もデモを頑張ってくれてました。
sideprank_Moment.jpg 
deadlift_Moment.jpg 
大変やったよね…ルーマニアンデッドリフト…


テキストになんて書いてあった?ハムストリングの可動域限界まで膝を曲げるんや!気合いだ!<A氏指導


冗談抜きで、トレーニングは苦手なところこそ向き合ってもらいたいし、難しいからやってもらいたいし、つらさをしっかり味わってもらいたいのです。


形だけを真似するだけでは、たいてい間違います。私自身を含め、正しくできている人を見たことありません。


★正しく機能を認識する(解説を理解する)
★実際に行ってその機能的な動作と自が実際にした動作との差を認識する。


そして正確な動きを、丁寧に圧倒的な量の練習をする(つまりしんどいw)

こうやって正確さを積み重ね、それを制御できる筋力をつけることしか機能改善はできないのです。機能改善が起こるときはしんどいといわれる理由です。

世の中にはラクして、速攻・即効で、これだけやっていれば、など売り文句を掲げているトレーニングありますけど、身体のシステムや機能を考えるとありえないことです。わたしはそれを山歩きや登山をするようになって身に染みて感じています。また、そういう実感を得られる段階で機能改善に取り組めて、実際改善できてよかったです。

強くしなやかな身体は、精神面でのストレスを減らしてくれますし、なにより美しく動くことにつながります。
superman_Moment.jpg

身体操作技法・伊吹山トレーニング

山歩きトレーニングで念願の伊吹山行ってきました。滋賀県の最高峰、関西の富士山と呼ばれ、百名山にランキングされるお山です。

IBUKI start goal.jpg
正面登山道の標示と山頂一等三角点 標高差は1,157m 平均斜度8.2度 

山頂までは何ルートかあるようですが、ドライブウェイがあって通行できない部分があったり、一般向けではないなどの理由でこの正面ルートがほぼ唯一の伊吹山の登山道です。なにげに1合目までが結構な急坂でございまして、すぐに体温もあがり暑い!早朝、自宅を出発した時は肌寒く、米原に来たら風も強く震えるくらいやったのに、坂のおかげですぐに暑い!

IBUKI 1gone.JPG 

樹木があって陰があるのも1合目の少し手前まで。ここからハゲ道が始まるw常に日射しとの闘いw

伊吹山は薬草の宝庫でもあり、蓬、当帰、センキュウが「伊吹三大薬草」。麓には薬草湯に入れる施設もあり、山頂ではおみやげに薬草湯の元や蓬餅が売られていました。

が!しかーーし!

今回は草花のシーズンをだいぶ過ぎているようで、薬草も草花もなーんにもなかったです!ススキは一面に生えて揺れていましたけどね~。ススキも素敵ですが、伊吹山のめずらしい植物を見てみたかったです。残念。

IBUKI susuki.JPG 

五合目にきたので小休憩。ただわたしはすぐに寒さを感じてしまうので、多少短めで軽食や水分補給をする程度。

体力があってずっと動き続けられる方の中には、それこそ休憩しかしない人を見受けますが、行動食をとることは重要なんですよ。わたしはハイクはトレーニングがメインの目的ですので、身体を弱らせてしまって意味がなくなるようにはしたくないためきちんと摂ります。これが以前は、しんどすぎて食べられなかったんですけど、近頃は平気。食べられる。若干食べ過ぎかもw

IBUKI 5goume.JPG 
IBUKI act food.JPG 

安部塾で話題になっている「ちくわ」 久しぶりに食べました。

甘くて塩辛いので、普段はどうにも食べにくいのですが、山ではおいしい。欲をいえば、もう少し甘くないほうがもっと食べやすいんだけどね。いろんなメーカーのものを食べ比べて探してみよう。

さて5合目から山頂を見上げて、ほげーってなったのは、傾斜とさらに道が石だらけなこと。段差もはうように登った所が何か所もありますし、しっかり見て注意して歩かないと足場が危ないところも2か所ございました。7合目を過ぎたあたりからは、カメラ構える余裕がなくなりました。

IBUKI 7goume.JPG 
IBIKI road 7up.JPG 

道は7合目から山頂にあがるまで、ずっとこんな感じに変化します。

ということで、ここからいきなり山頂までなにも画像ございませんw

IBUKI top.jpeg 
IBUKI top0.JPG 
IBUKI top.JPG 

画像が傾いている何て言わないでね。ものすごい強風が吹いていて、じっとカメラ構えられなかったのよ。揺れる、揺れる。

案の定、寒さマシマシになってきて、暖房のついた小屋に入っても寒くて、20分ほど山頂にいたけど、それ以上はムリでしたね。おうどん食べようとか、ヨモギ餅買うとかすべて断念して下山しました。

伊吹山は木々がないため、自分が登ってきた経路が、これから登ってこられる方々が振り返るとみられます(わたしは下山の時に撮りました)。これも時期的な問題ですが、画が全体的にシブいですね…
IBUKI turn.JPG 

振り返れば自分の登ってきた道がみえる…こんなシチュエーションはそう味わえるものではないです。木々が非常に少ない伊吹山だからこそかも。

この斜面と不安定な足場を登ってきたんだと感動しました。

この日を選んで、頑張って登ってよかったです。

安部塾登山部発足にむけて

オレはつくった覚えないぞ~ってっ先生は言うてましたけど、

「登山部できたんです
今回予定が合わなくて参加できなくても、そのうち参加してください

「安部塾」登山部ですから♥」

そのように先生にはお伝えし、発足決定しております♥やった♥

記念すべき第一回目の登山は11/16なんですね。それに参加したくても日程合わず参加できなかった、大阪講座の受講生のきよみさんと、神戸講座の主催者ちはるさんの案内で、今日(10/10)は摩耶山・掬星台に行ってきました。

きれいに晴れた日でよかったです。
MAYA_rockgarden.jpg

掬星台まで2時間くらいだったかな?
MAYA_kazdura.jpg

MAYA_kikuseidai.jpg

展望台でやること一緒w
MAYA_stretching.jpg

突然始まるプランク大会。きよみ氏の渾身の260秒プランクをお楽しみくださいw アタクシはこれ以上ない満面の笑みで観戦ですw
MAYA_plank.jpg 

登山道は途中から岩場で高低差がすごく、登りきったあとに、自分たちでもってきたバーナーと鍋でお湯を沸かし、つくったカップ麺や淹れたお茶のおいしいこと!2時間頑張ったあとっていうのもあるし、普段の生活に比べて、こんなささいなことでも手間がかかりますから。
MAYA_barner.jpg 

わたしは春先からしている山歩きトレーニングを通じて実感したことがあります。人のからだは使って、動かしてなんぼだということ。

山歩きを前面に押し出して、山歩きがいいからみんなすべし!って押し付けているわけではないのですよ。

運動は何をどう誰と(もしくは一人で)するかは、個人の意向があります。ご自身が好きなトレーニング方法を取り入れて、なによりも生涯続けることが大切です。運動と一言にいってしまうと、たいていの方が大きな誤解をされるのですが、あえて解説せずにこの運動って言葉をつかっておきますね。

何度も書きますが、身体というものを理解せず、運動を避ける人に、これから先の健やかで若々しく美しさは備わりません。

わたしたちの身体は、負荷がかかって始めて強化され、機能がたもたれるのです。負荷がかかることを前提で設計されいるのです。


身体操作技法・持久力を高める意味

わたし達の身体は、目一杯使う、機能をフルに使うことで、健全を保っています。しっかり身体を使うからこそ、休息もとれます。リラクセーションがどういうものかも、目一杯動かないうちは何も実感できません。

なのに、老いも若きも、日本ではトレーニングする方は少数のような気がします。しんどいし休日は寝ていたい、休日でなくてもなるべく動きたくないなんていうのは末期ですね。

その何もしない派の方々は、そのうち何もできなくなる身体になることを覚悟しなくてはいけません。その何もできなくなった身体が抱えるリスクというのは、皆さんが想像なさっているものよりハイリスクです。

また、身体を繰り返し使えば、機能的で合理的、効率がもっともいい動きはどれかを脳が考え続け答えを得ようとします。動作に磨きがかかれば、体力がそぎ落とされることもなく、長く身体を使い続けられるからですね。これが持久力です。

必然的に持久力を持ち合わせている方は、基本的にストレスに強く、またその解消方法をよく自分で理解し、判断力も的確になります。




身体操作技法教室★強く美しくの強いってどういう状態?

強く美しくは、まっすぐ安定よく立つ、身体が安定して動かせる、など、ブレの修正やコントロールが的確で速く、姿勢が美しいことをあらわしてます。


身体の安定は、身体に適度な柔軟性をもたせ、動くときにはなめらかで、止まるときにはピタッと止まり、動きにキレがでます。


一般にこういう状態の方をみればたいてい、所作が美しい、姿勢が美しいと感じるはずです。わたしが強いと表現しているのはこういうブレの少ない状態のことなんですよ。


決して、


ムキムキ、バキバキ、
ムーチョマッチョな身体つきや、瞬殺キックやパンチが繰り出せることだけがを強い身体というのではありません。


それに、そんなパワフルな身体づくりをするのなら、なおさら身体の安定性や健全性は重要になってくると思いますし。


まっすぐ安定良く立てること。
姿勢が左右に揺れたり、上下動をほとんどさせずに歩くこと。


姿勢制御は十分にできていますか?


身体操作技法教室★柔軟性UPしたい

身体は柔らかいほうがいい
柔軟性あればあるほど身体能力は高い



……


そんなこたーない!!この思考のもとに、柔軟性をあげる運動や行動をしては身体は壊れます!!

この結論は、新体操をしていたため一般以上に柔軟性があるわたし自身の経験でもあり、運動指導の現場でもお見受けしたことでもあり、データとしても証明されています。

確かに身体が硬すぎて、その硬さによって不具合やつらさがあるのでしたら柔らかく動けるように改善する必要はあるのですが、この柔軟性わっしょいの呪いにかかってしまうと、多くの人が機能改善を忘れる、もしくはすっ飛ばして、柔軟性だけをあげようとして身体を破壊してしまうのです。

身体は柔軟性をあげるより先に、関節を壊さないためにも、筋肉を鍛えて身体を適切に操作できる筋力を備えることが大切です。

必要なところで
必要な筋肉の力が
グッドタイミングで発揮されれば


そうやって筋力がアップすれば脳は安心して緩めるべき筋肉を緩めてくれます。それからご自身の関節の機能にあわせて、機能的ストレッチで柔軟性をあげれば安全で健全な身体づくりになるのです。
side bent standing.jpegのサムネイル画像


8月の安部塾大阪集中講座について

8月の講座内容は以下のものでした。

★足と足の機能について
★フットプリントをとってみよう
★下腿の筋ほぐし

クライマックスは、
★脇腹をめっちゃ引き締めていこう

もう一度書きます。
脇腹、たるんでたら全身たるんでる。引き締めるべしよ。

side bent standing.jpegのサムネイル画像

「しっかり肋骨のサイズをかえる!」

身体を見た目で動かしては、無駄な力(りきみ)を生じさせます。この画像で説明するなら、多分多くの人が、「身体を横に倒す運動」「脇腹のストレッチ」など、このような形に身体を動かすことにフォーカスされると思います。

見て→真似てポーズを作る…この方法では適切なフォームで動けません。フォームを間違ってしまうと、動かし間違いというワナが待っています。動かし間違いを繰り返し積み重ねると、身体の調子が悪い原因です。つまり、身体のためと思ってしていたことが、身体の不調の原因になるわけです。

身体のどの部分とどの部分を近づけるかをきちんと把握し、動くときは正しい身体機能を使う必要があるのですね。

あとは回数と期間。

強く美しいボディに魔法はないわよ。

一緒にがんばっていきましょうね!
boat pose.jpeg

身体操作技法・山歩きと愛宕神社ご祈祷

※愛宕山は、信仰の山です。登山者も今は受け入れてますが、基本的に愛宕山に入るなら、きちんと神社にお参りするほうがいいとわたしは思います。登山のみでも、山そのものが霊山であることを忘れず入山し、登山に5時間の時間を、日没までにこの鳥居のところに戻ってこられる時間帯を割くように案内がありました。自分の体力やその時の体調をよく把握し、自力で下山できることが入山の条件です。遭難者が結構いるようです。ご注意を。


【火迺要慎・火伏せの神様】ここから登り約120分(~180分)、降り約90分(~120分)で山頂にある神社に行きます。
atago_jinnja_tozanguchi.JPG 
8月16日、めちゃくちゃ晴れていますが、少し前まで前日の台風の影響でかなり降ってました。不思議な経験をしながら愛宕神社にご祈祷を受けに行きました。

★早朝はものすごい雨だったので、8時までに止まないなら愛宕さんには行きは中止と発言 →ピタッと雨止む
★乗換駅の阪急桂駅で再度きつい雨に遭遇し、嵐山駅までに止まなければUターンして帰るもんね! →ピタッと雨止む
★入山してしばらくしたら苦手な虫の群れが…帰りたいと泣いたら →モーセが海を割ったように、虫が左右に解散
★休もうとすると気分が悪くなる(としか表現できない) →登り続ける?!休ませて!

てな感じで、もう引き返す言い訳もなくなり、よほどこの日に登ることが肝心、お呼びいただいてるのだろうと必死に登りましたわな。

「しんどいねん~」っていいながら涙を流し、この日の雨とは違い、止まることのない汗を拭いながらw


【半分くらい登った付近からの風景】
atago_jinnja_kameoka.JPG 
毎週登っている大文字と同じくらいの高さからです。少し温度が下がり始めました。大文字もあんなにハゲでなければ、これくらいの温度になるのでしょうね。


【嵯峨消防分団の看板】
saga shouboubundan.JPG
40枚ある看板には、防火のこと、山をクリーンで安全に登るためにしてほしいことが書いてあり、約100メートルごとに立ててくれてます。ネタが切れたのか、たまにこのようにシモい風味が紛れています。ぜんぜん和みませんw


【黒門】
atago_jinnja_kuromon.jpg 
あと約500メートルほどです。消防分団の看板も、最後まで気を抜かないでって書いてくれてたんですけど、山の500メートルってね、平地の500メートルとは全く違うからね!ぜんぜんもうちょっとではないのよ!

だってその500メートルはずっとこんな登りだしさ!
atago_jinnja_tohanJPG.JPG



【神社境内】神社のTwitterに載せてもらいました。涙と汗で、日焼け止めも何もかも流れ、拭い去られてまーすw
atago_jinnja_twitter.jpeg 
ご祈祷を受けてきました。

その後、愛宕山の三等三角点を探しましたがよくわからず断念です。帰り道は、来た道をそのまま帰りました。帰り道は、月輪寺や空也滝方向に進む方が多いのですって。

同じ道を帰ったからこそ、自分が登ってきた道がどれだけ急で、長く、どれだけ頑張ったのかがよくわかりました。下り坂を、降りるのがつらい、しんどいもんなんだと感じたのは初めてです。気を抜くと、転げ落ちそうになるんですから。登山口の鳥居に戻ってきたとき、自然とよく頑張ったね!と自分を褒めました!



*おまけ*
バスが30分後にしか来ないこと判明!歩いて帰るよね。一時間くらいの道のりだしさ。清滝川の遊歩道をいけばなんと嵐山まで戻れるらしい!
kiyotakikawaJPG.JPG 

って、こんなところ歩いたら流されてまうわっ!

前日の台風の大雨で激流になってますな…


【清滝トンネル】おばけトンネル
kiyotaki_tonneru.JPG 
横には峠道があって、両方とも心霊スポットや怖い話で有名なんですよ。どっちにするか迷う~~~。

ただこのトンネルは幅が超せま。歩行者がいるとバスが通れないのです。行きのバスの運転手さんに確認したら、歩行してもいいんだけど、バスが通れないので峠の方を歩いてほしいそうなんですが、その峠道をみて心が折れました。

「もうこれ以上の上り坂は上れない…」

バスは30分後にしか来ないからトンネル歩いちゃいました。ちょっと長めの500メートル。

まあ、色んな意味で怖かったです。


【化野念仏寺】
adasinonennbutuji.jpeg 
明るいうちに行ったら、火曜サスペンスでみたような雰囲気はまったくないでーす。普通のお寺でした。ここも心霊スポットらしいのですが。

あっちもこっちもおばけスポット。聞いてしまうと怖くて、愛宕さんに行きづらいわ。

<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ