カテゴリ

studio NANNOを 体験しました!



  • ナノニエルの魔法書
  • ご近所、ご自宅へ出張します! ご依頼はこちら
  • 安部塾関西への申し込み
  • スケジュールはこちら
  • Face book

HOME > いつまでも健康で美しくを叶えるナノニエルの魔法書 > アーカイブ > 2020年10月

いつまでも健康で美しくを叶えるナノニエルの魔法書 2020年10月

一年前の身体操作技法教室

Facebookで一年前の投稿があがってきました。内容は、フットプリントモニタ募集してたようです。今ではモニターさんを募集を大々的に、表に出してませんが、ご依頼や申込は現在でも伺っております。

お気軽にお問い合わせください。よろしくお願いします。
footprint10-28.jpg
さて、ここからは一年間のわたしの感想を書いていきます。

一年間という期間は短いようですが、一日一日、毎日24時間、今日には大きな変化はなくても明日には変化し、何日間かその変化の蓄積がなされると、いずれは進路変更しますね。またそんな時期は変更していかないといけないのではないかとも思っています。

自分の思考を変えるくらいの変化なんて大したことありません。環境をそっくりコロッと変えないとですよ。

なーんてエラそうに書きましたが、本当はどうするのがよいのかわからず、2年前から放置していた問題があったのです。どうしたいか・わたしにとってどうするのがベストなのか、それはもうそのトラブルがあった直後にはどうするか一番よいのかわかってもいましたし、決めていたのですが、ほかの人を巻き込みますからね、悩んでいたのです。

一年間もw
長すぎやろって話ですw

スパっと環境を変えた当初はそりゃ大変でしたが、結局良い結果になったと思っています。

身体操作技法教室・動くとは重心をくずすこと

動くとき、動きているときは重心は崩れます。骨盤も前傾や後傾を繰り返しします。

当たり前ですね。
ニュートラルを保ったままでは動けませんから。

それに、動き、もしくは競技によって崩し方や重心の崩れ方に特徴があります。動きに応じた重心の崩しをする必要があります。

しかしです。

最初から崩れている、重心が胸のほうにあがってしまっていては思うように動けないのです。

自然体の時に基本姿勢(ニュートラル)でいられることの重要性がわかりますね。

そこからどの筋肉をどう使うかというより、どの筋肉の緊張をどう抜いていくかがキーになると思います。

身体操作技法教室・美姿勢は運動でなれる?

美姿勢、美ボディってよく言いますが、運動したからって姿勢や体型がどんどん良くなる、直接姿勢や体型を改善に導くことはできません。

きちんと骨が組み立てられた状態を知り、その組み立てに必要な筋力(姿勢保持筋)に、必要なときに必要な力や調整力が発揮されるように運動を通して訓練するから、美しい姿勢や体型がつくられます。

トレーニングや練習は大切ですが、そのトレーニングは何のためにしているかを間違えないことが重要ですね。
zenkutsu.jpg



身体操作技法教室・めちゃ秘密練習した?

ある方の身体操作の動きが、9月の連休明けたころからめちゃくちゃうまくなってて、ほかの受講生ともども驚いた話をしたいと思う。

よほど家で練習したのかといえば、そうでもないらしく、真剣にやるのはこの教室に来た時だけらしい。何も大きく変わることのない日常とのこと。

正直にいいすぎw

思い当たることは、指導者である私が、自分自身の練習で動きの正確度をあげ、回数や強度ではなく丁寧に正しく行うようにするなど練習に対する意識を大きく変えたこと。

関わる人が変われば(環境が変われば)、嫌でも自分に影響が及び変化していくよい例だ。

このことがあってから、わたしは今まで以上に、指導する側の身体つきの大切さを実感している。どのように姿勢制御しているか、体型は引き締まったバランスの良い体型であるかなど、その方が何を考えているか、正しい知識を持っているかの結果だからね。



1

« 2020年9月 | メインページ | アーカイブ | 2020年11月 »

このページのトップへ