カテゴリ

studio NANNOを 体験しました!



  • ナノニエルの魔法書
  • ご近所、ご自宅へ出張します! ご依頼はこちら
  • 安部塾関西への申し込み
  • スケジュールはこちら
  • Face book

HOME > いつまでも健康で美しくを叶えるナノニエルの魔法書 > 身体操作技法教室・あなたを美しくみせるのは

いつまでも健康で美しくを叶えるナノニエルの魔法書

< 安部塾登山部 ソロ・唐櫃越  |  一覧へ戻る  |  身体操作技法教室・膝の機能改善エクササイズ >

身体操作技法教室・あなたを美しくみせるのは

魅力的な人や目を惹く人をよく見てもらったらわかるとように、ある程度均整がとれたボディをされていますし、かつ、身体の使い方が正しいのです。姿勢が安定していて、動きがなめらか、身体の設計図にのっとりしっかり使えていれば、体型はたるみようがありません。

強く美しいです。

●脚細いのに、のってる尻は高さがなく横に平べったい
●脚細いのに、腰が反りすぎで幼児みたいな姿勢
●立った時、両脚にすごい隙間、後ろの景色丸見え


…なんて、細いけどなんかバランスおかしくない?スタイルを、決して美しいわ(かっこいいわ)♡憧れる♡とはならないのではないでしょうか。上に書いた姿勢や体型はすべて、骨盤と脚の骨の本来のつき方や密着度、脚の骨の角度や捻じれといった身体への理解度が低い身体づくりや動かし間違いをしたときに起こります。

構造美を求めるときに、機能や設計を無視した練習やトレーニングしたらあかん。

このように冷静になれば、細さ、特にパーツのみの細さと美はイコールではないことがわかりますね。美しさは、身体をどう組み立ててどのように使うか、ですよ。

それから、わたしが機能的に鍛えることをぐいぐいすすめるのには、身体に対する認識を間違い、動かし間違いを続けると、求める姿勢や体型に悪影響があらわれるからです。

先に書いたような細いだけで均整ムシのボディを美しいと感じたり、おかしな方向に動く関節やそり過ぎた腰や膝や肘などに魅力を感じ、おかしなありえない姿勢づくりをしてしまいがちなんです。

何を美しいと思うかは人それぞれあると思いますが、関節にそれほど多様性はありませんし、年齢を重ねて、若い時のようなホルモンの分泌も修復もできなく、筋力も低下した時、誤った身体づくりのツケは回ってきてしまいますね。

身体づくりはフォームを間違えず、適正な負荷をかけて、機能的にです。


< 安部塾登山部 ソロ・唐櫃越  |  一覧へ戻る  |  身体操作技法教室・膝の機能改善エクササイズ >

このページのトップへ