カテゴリ

studio NANNOを 体験しました!



  • ナノニエルの魔法書
  • ご近所、ご自宅へ出張します! ご依頼はこちら
  • 安部塾関西への申し込み
  • スケジュールはこちら
  • Face book

HOME > いつまでも健康で美しくを叶えるナノニエルの魔法書 > 安部塾登山部・ソロ 蓬莱山!

いつまでも健康で美しくを叶えるナノニエルの魔法書

< 身体技法教室・ダイエットとは何でしょうか  |  一覧へ戻る  |  安部塾登山部 ソロ・唐櫃越 >

安部塾登山部・ソロ 蓬莱山!

お久しぶりっこ。安部塾登山部、ソロ活でございます。

安部塾登山部には、いろんな部隊がございます。それぞれの部隊が、これは安部塾登山部活動だ!といえば、それは登山部活動なんでございます。たとえ山なしで飲み会だけでも部活!

つまり部活動にルールはないです(笑)

しかし、ソロ活に関しては「ここのラインまでは山歩きトレーニングの範囲で、それを越すものを安部塾登山部ソロにする」と決めております。

そう、わたしはマジメ。

今回、ソロで行きましたのは、滋賀県の比良山系の蓬莱山と打見山、一般的にびわ湖バレイとして知られる、冬場はスキー場にもなる場所で、ロープウェイもリフトもございます。わたしのように何時間も山の中歩くの嫌だ!って方には最適、ものの数分で山頂でございます。

登山道のほうはですね、特徴を申し上げますと、川・石ですね。渡渉します。水量多いわけでも、深いわけでも、急流でもないですが、結構緊張します。場所によっては落差が少しあるんですよ。足すべらせたら泳ぐしかないです。

あと、今の季節の限定ですが「アブ」。マジしつこく追いかけられます。山頂まで追いかけてきます。ウェアや防虫スプレーなど、対策をしていかれることをグイグイおすすめいたします。
houraisan gas.JPG
蓬莱山にはJR湖西線・蓬莱駅から行きましたが、駅出てしばらくしたら登山口なんです。駅からもう山登りが始まっているようなもの。そして駅の標高が100m弱で、山頂との標高差は1000m超えます。

お得な山です。歩き倒せます。
houraisan yamamichi.JPG
道はですね、登山道入ってもしばらくアスファルトが続きます。案内もところどころ出てますので、迷うこともありません。蓬莱山へダイレクトにアタックする山道か、女郎峠を経由する道か選択する分かれ道があるくらい。それから先は一本道でわかり…

やすくないし!(怒)

3度進む道を迷ったし、一度なんか間違ったまま沢をずっと登り続けて、もうここからは遡上する鮭になりきるしかない!ってところで正気に戻りました。ここは何人か鮭になったはずですわ。とにかく時々川底になってるのか岩や石が踏襲された跡が見られず、道と判断するには難しかったですね。
joroutouge.JPG
女郎峠に出て、視界が開けたときはものすごくうれしかった。山頂でもないのに、やった!のぼった!やりきった!って気持ちでいっぱいでした。
joroutouge gonngenyama.JPG
しかーし、この時点ですでに3時間30分越え…お隣の権現山はもう行かないもんね!
IMG_20200808_212620_564.jpg
蓬莱山1,174mからの眺望…残念ながらゼロキロカロリー…

打見山に移動してお昼にします。
uchimiyama suiban.jpg
びわ湖バレイの有名な水盤ですね。一か所だけでなく、ところどころにこの水盤があります。水盤は青いタイルがきれいで水が並々。涼しそう。足、つけてみたかった←禁止です。
houraisan lunch.JPG
最近はサバの水煮缶、気に入ってます。それともち麦いれ過ぎでバラけやすい「紅ショウガと茗荷のおにぎり」、おにぎりの材料がこれしかなかった…

ミョウガ!ショウガ!、韻を踏んでるしヨシっ!

近くのファミリーから「みてみて、あの人本格的!キャンプやね!」って声がします。

お湯をわかして、鯖缶を開けただけとは決して言いますまい(笑)
sigaeki biwako.JPG
帰りはピストンではなく、クロトハゲを経由してキタダカ登山道で、志賀駅から帰ります。琵琶湖がみえてきたときは、帰宅時間の想定を大幅に超えていました。朝は3時半に起きたので、もう眠たくて眠たくて!

道はしっかり覚えたけど、ソロで登るには寂しすぎる山かな~ってのが正直なところです。

< 身体技法教室・ダイエットとは何でしょうか  |  一覧へ戻る  |  安部塾登山部 ソロ・唐櫃越 >

このページのトップへ