カテゴリ

studio NANNOを 体験しました!



  • ナノニエルの魔法書
  • ご近所、ご自宅へ出張します! ご依頼はこちら
  • 安部塾関西への申し込み
  • スケジュールはこちら
  • Face book

HOME > いつまでも健康で美しくを叶えるナノニエルの魔法書 > 身体操作技法教室・気力と体力、繰り返しの練習の大切さ

いつまでも健康で美しくを叶えるナノニエルの魔法書

< 身体技法教室・きれいな動きには「止め」がある  |  一覧へ戻る  |  他人を笑わない >

身体操作技法教室・気力と体力、繰り返しの練習の大切さ

機能改善に、あまりにも即効性を売りにする指導者や、また即効性・ラクさを求める方が多い印象を受けます。

ほらこの運動メソッドで柔軟性アップしたでしょう!ビフォーアフター見てみて!のような、レッスン前後の画像比較が代表的なものですね。それにつられるなとは言えませんが…

実際、わたしも行ってみたいしw

前屈して床から遠く離れていた指先が、レッスン後には指先が床につくようになった…からって機能改善とは言えないのですよ。ちょ、ちょ、ちょっと!その画像比較はちょっとした詐欺なんじゃ…てのもありますし、指導者自身がなぜ前屈で床に指がついているのか理解せず比較・シェアしているのではないかと思われるのもあります。

正直、後者の場合、マジで指導者としてどうかと思います。

画像比較で「ほらこんなに柔らかく!」のような派手さはまったくございませんが、相手のことを考え、固くてつらかった身体を本当に柔らかく動けるよう導きたいのなら、わたし的には前屈ができるように指導するよりも、ほかの動きを念入りに練習してもらい、長くかかってもいいので確実に改善する方法を選びます。

自分で書くのもなんですが、良心的ですw

そして、いろいろいろいろ動きをあれこれあれこれ、できたできてないに関わらずどんどん進めるレッスンより、地味ですが1つの動きを丁寧にきちっと動けるよう指導するべきだとも思っていますので、そのようにご本人が機能改善を正しく理解するよう、解説なり説明なりをしてもいます。

そうするのが指導者の仕事であり、心身の健全さではないでしょうか。ラクさばかり押し出して、気力も体力も持久力も育てられない運動メソッドはゴミです。機能改善にセンセーショナルを、指導者も受講者も求めるのはNGでございます。即効性は即刻もと戻るともいえ、この改善と元に戻るを繰り返すことは危ないのです。

機能改善は先ほども書いた通り、地味な動きの連続で、適正な動きの順番でフォーム正しく繰り返す必要があります。じっくり自分の動きに向き合って、繰り返し練習する大切さを実感してもらえたらと思います。
side bend.jpg

< 身体技法教室・きれいな動きには「止め」がある  |  一覧へ戻る  |  他人を笑わない >

このページのトップへ