カテゴリ

studio NANNOを 体験しました!



  • ナノニエルの魔法書
  • ご近所、ご自宅へ出張します! ご依頼はこちら
  • 安部塾関西への申し込み
  • スケジュールはこちら
  • Face book

HOME > いつまでも健康で美しくを叶えるナノニエルの魔法書 > 身体技法教室・きれいな動きには「止め」がある

いつまでも健康で美しくを叶えるナノニエルの魔法書

< 身体操作技法教室・ハムストリングの能力をあげる  |  一覧へ戻る  |  身体操作技法教室・気力と体力、繰り返しの練習の大切さ >

身体技法教室・きれいな動きには「止め」がある

適正な位置で身体の動きを止める、また止められる能力大事です。そのためには筋力の育成だけでなく、動かせる範囲や角度などの知識やそれらを使った明確な指導が重要とわたしは考えます。

関節の能力を超えた域まで達したいとか、そこまでいけたら美しくなれる、機能向上だと考えているなら問題ありますよ。どこに問題があるかは…差し控えておきますw

動きや姿勢を美しいと感じ魅力を感じるのは、柔らかいからではなく制御されている、身体を機能的に使っているからです。

だから、動きの練習は最大可動域まで動かせなくてもいいですし、可動域を超えて動かす必要なんてシルクドソレイユで仕事をしていない限りいりません。過度の柔軟性は必要なく、動きの意味を理解して丁寧に練習することが大切。

関節の能力を超えて柔軟性を出してしまえば、関節は不安定になります。おかしな位置を正しい位置と誤認してしまったり、修正するための筋力にスイッチが入らなくなったり、ノーブレーキ・ノーガードでクネクネする動きになってしまいます。

クネクネ動きは体型のしまり感もゼロKcalです。痩せていても引き締まった感じなし!

なぜでしょうか?

それは体型はあなたがどのように身体を使ったかによって決まってくる、形状は機能に従うからですね。 
                                     
さて、教室の後は、大文字を通って帰りましょう!
DSC_2128.JPG 
哲学の道から登り口に行きます。

DSC_2129.JPG 
予報では降水確率90%だったので山歩きグッズを持たずに出ようかと思ったけど、持ってきてよかった!しかし長袖シャツとグローブ忘れて、日焼けしてしまった…

DSC_2123.JPG 
それでは、また来週!健やかな一週間をお過ごしください!



< 身体操作技法教室・ハムストリングの能力をあげる  |  一覧へ戻る  |  身体操作技法教室・気力と体力、繰り返しの練習の大切さ >

このページのトップへ