HOME > いつまでも健康で美しくを叶えるナノニエルの魔法書 > 身体操作と歩行!大文字・銀閣寺登山口~山科毘沙門堂

いつまでも健康で美しくを叶えるナノニエルの魔法書

< 山歩きは身体操作トレーニングのひとつ  |  一覧へ戻る  |  新体操作技法・雑巾がけ >

身体操作と歩行!大文字・銀閣寺登山口~山科毘沙門堂

毎週登ろう「大文字」!
まだたったの2回目!
メンバーはわたしひとり!


先週、普通のスニーカーで登って、下りでお尻が砕けるか山が割れるかっていうほど足を滑らせてお尻をうってしまったので、この日はまず、靴を買うことにしました。みてみて~♡大好きなパープル~♡

なんちゃん、登山で疲れて足がむくんで極太になってかわいそうに…
trekkinng shoes.jpeg
…って、もともとのサイズや!登る前やし!<シヴァク

前回と同様、登りやすい銀閣寺から登りました。

5月とは思えない暑さのせいか、山に入る前の坂道からしんどくて、登りだしても何回か途中で引き返そうかと思いました。装備が揃ったのに、なんだか身体がずしーんと重くてしんどくいのですよ。少し休憩すると回復するので、休みをこまめに取り、いつもより時間をかけて登りました。

火床は地獄の釜でしたね。ハゲてますからね。日光を遮るものがなく、休んでいてもガンガン日を浴びるし、休憩とはなんぞや…状態w

daimonji-sidefirebed.JPG

daimonji-firebed-may.JPG
地面見てもらったらわかると思うのですが、草が枯れるくらいカサカサ。あがったの15時頃でしたが、だーれもいないのw

もうこうなったら、頂上へ行くしかない(汗)
あそこは木陰もあって、風も気持ちいい。

この前と違って、頂上までの行程の方はラクに行けました。やっと靴の効果が発揮された感があります。

頂上について、水を飲もうとリュック開けてびっくりですわ。分厚くおも~~~いテキストと飲料水が1㍑余分に入ってました。なんかずっしり肩に乗ってる…子泣きじじいかもしれん…なぁーんて考えていたわけですけどね。違った。

登ったときは、山科に抜ける予定はなくて、きた道をまた戻ろうとしていたんですけど、あの暑いハゲた土地をガンガンにお日様に照らされながら…と考えると、頑張って山科の方に行ったほうがいいんじゃないかと思えてきましてね、ええ。倒れてしまうと。

近くにいた殿方に、山科にいく道は、初めてでもわかりますか?と尋ねました。偶然にもその方は山科から登ってきた方で、山科に帰るから、案内しましょうって言ってくださいました。

親切さんだ!親切は受けなくては!決して案内を買って出てくれるのを待っていたわけではないですよ!

頂上にきてすぐわたしが声をかけたので、休憩もそこそこ、ゆっくりラジオ聴こうとしてたのに腰をあげてくださいました。

親切!嬉しい!だからといって案内してくれるまで粘ったわけではww

そのはじめての山科へ向かう山道は、やはり案内が少なく、これ…道ですか…ってところも何箇所かあっておもしろかったです。

あちこちで木が倒れているのは去年の大型台風のせいで、山科方面はまだ荒れているところがあるのだとか。本来の登山道がそんな感じなので、その方はそのようなややこしいところを避ける抜け道や回避する道を教えてくれました。

またお会いしましょうね~と毘沙門堂のところでお別れしました。2度目の道案内はきっとないですね^^;ちゃんと道を覚えなきゃね^^;

ということで、一部市街地でバス乗りましたが、北区にあるスタジオから自宅までほぼ歩きで帰りました。

全行程が徒歩になる日も近いなw
Screenshot_20190526.jpeg


< 山歩きは身体操作トレーニングのひとつ  |  一覧へ戻る  |  新体操作技法・雑巾がけ >

このページのトップへ