HOME > いつまでも健康で美しくを叶えるナノニエルの魔法書 > アーカイブ > 2018年7月

いつまでも健康で美しくを叶えるナノニエルの魔法書 2018年7月

ここで、それを偽りますか

年齢詐称される方がめちゃくちゃ多いんですけど。男女ともに。
身長や体重なんか妄想劇場なみでーす…てか、数値は自分で書いちゃダメでーす。


女性の方でたまにいらっしゃいます、「いくつに見える?」って地獄の問答を繰り出すお方。


「普通にババアに見えます」っていうたらさ、大問題、暴れ倒すやんかぁ。


頼むからね、自分の年齢をサバらないで、外見を磨いて外見をサバって!


実年齢も体重も、他人はめったに聞かない。それに「自分は何歳です。体重はいくらです」って看板もって歩いてる訳じゃないよね。実年齢や体重なんかをごまかしても意味ないの。


それに対し、外見は「自分は〇〇歳くらい」「こういう体型で、姿勢はこうで、このように皆さんの目には写りますよね」と、看板を出している、それも電飾つけて派手にみんなに知せてるんです!第一印象も第二印象も第三印象も第…印象も、外見が重要なんですよ!


外見は「美形・美貌」やないんです。
老化って、実際の年齢がいくつかってことやないんです。


しなやかで強く筋の通った姿勢、引き締まったボディライン、水分がしっかりと含まれた肌や髪…少なくともこういったことで外見による印象はかわります。


書類は問われたことを偽らずにかいて、外見はガツガツいつわろっ♡


それから、わたしにいくつに見えますかってしょーもないこと投げかけたら、人前だろうがなんだろうが「その質問はバアサンしかしません。つまり結構なお歳なんですね」っていいますよ。


言いたいことはわかるけど、間違って伝わる表現かな。

熱中症で困ってる人の投稿みますけど、症状出ててしんどくて困ってるって投稿できるうちになんとかしましょうね。熱中症は、ボディの水分不足をいうのではないです。脳の水分不足です。脳のミネラルと水分が大幅に不足することで、身体の制御がきかなくなる、誤作動を起こすことをいいます。


高気温・高湿度では、空調いれたり、外いかない、外で無理なことしないなど、脳への水分補給以外にもいくつも注意をしないと誰でもなります。


たまに、熱中症は一度発症すると繰り返し起こすクセがつく、なんていう意見をみますが、言いたいことはわかるし、人あたりや読んだ印象ってのもわたし以外の人は考えてはるので、わからんでもないですが誤解を招きますよね。


クセになってしまうのではなく、熱中症を簡単に発症してしまうのは、症状は出ないくても日々熱中症を抱えている、もともと熱中症なのです。気温の厳しい季節になったから、顕著にたびたび症状が出てきてしまうだけ。


どんなに水分補給しても、アタマに水分がいく補給の仕方でないと熱中症になりますし、のどの渇きを我慢してビールを楽しみたい!みたいな病的な考え方や行動とる人なんか問題外です。


慢性的に熱中症で、脳がスカスカ!水分摂取のセンサーが壊れてるので、容易に発症します。


実際にね、乾きを我慢して爽快な一杯!とかいうてた知り合いのインストラクターは、その脳の水分不足で何人か指導現場退いています。かくいうわたしも、毎日していたホットスタジオでのレッスンで、慢性的な熱中症はを引き起こし、自力ではどうすることもできなくなった経験があります。


ホットスタジオって恐ろしいわ…
glass.jpgのサムネイル画像




アラ探しは誰もがお得意!

批判は誰でもできるお手軽な欲求不満解消なんです。

つまり批判しているのは他人の言動ではなく、「自分」に文句をタレているのです。自分自身のヘタレ加減を、大きな声で嘆いたり憂いたりしているわけですよ。

そう思うとちょっとかわいい。いつまでもバブーちゃんなんだねーと(笑)

「へたくそが!」
「成功してないやないか!」

と批判するのは「自分はあれこれ考えてるけど、結局やってないし、動いてないし、口だけは達者」ってことですね。ほっといてあげてください。

批判するのが好きな人は、「〇〇だから、できない」と、自分以外のなにかのせいにしたがります。

自分のまわりで起こることは、自分のした言動の、もしくはやらなかった結果でしかないです。

〇〇に入るのは、仕事・お金ない・時間ない、が多いと思うのですが、それは他人のせいではないですよね。自分のできることが有限なのは、当たり前でもあります。その限度が皆それぞれ違うってだけです。後どこで限界と判断するかもそれぞれ違います。

言い訳して「お金がないからできない」ではなく、わたしはしません、わたしは行きません、わたしはやりません、でいいと思いますけどね。そのかわり、他人もあなたと同じで、やらない理由は違えども、自分や自分の生活をかんがみて、やらないことを選択しているんです。

そこを非難してもね…どうにもならんでしょ。
そうか自力が有限であることがわからないほど、脳機能が低下しているかですねぇ。

時間がないからできません、も、仕事があるからできません、も、「わたしはやりたくないからしない」ですよね。できない、ではないです。

それを自分は棚に上げて、他人になれば責めるっておかしいでしょ。

批判する前に、しないと判断している自分を認識しましょうね。他人の言動を批判することで、自分の不甲斐なさのうっぷん晴らしをするのはやめましょう。

ものごとをおかしな方向に導いてるのは、批判する人たちだと思いますよ。

たいていのことは解決する

https://www.facebook.com/events/1295948320538195/
筋トレ大会を主催します(笑)きてね

安部塾はけっこうなんでも「筋トレ」なんです。

何でもいいから、とりあえずムッキムキ~はいたしておりませんが、機能的筋トレをして姿勢制御に役立ててもらってます。

先生がよく、この機能的筋トレを「筋肉を磨く」っていうてますが、姿勢のきれいさがきわだちます。

そして、機能的筋トレで筋肉を磨くと、たいていのことは解決します。なんであんなことで長いこと悩んでたんやろうって感じです。マジで。

講座ではたぶんいちばん先生が楽しそうにしてはると思いますよ。

必死こいてるわたしを見て…

yoshitaka abe yoga.JPGのサムネイル画像

1

« 2018年6月 | メインページ | アーカイブ | 2018年8月 »

このページのトップへ