カテゴリ

studio NANNOを 体験しました!



  • ナノニエルの魔法書
  • ご近所、ご自宅へ出張します! ご依頼はこちら
  • 安部塾関西への申し込み
  • スケジュールはこちら
  • Face book

HOME > いつまでも健康で美しくを叶えるナノニエルの魔法書 > 肩をさげろって言われてもね

いつまでも健康で美しくを叶えるナノニエルの魔法書

< 水はたくさん飲んでますよ?  |  一覧へ戻る  |  ナノニエル写真集?マジでアタクシの写真いっぱい >

肩をさげろって言われてもね

squere_shoulder.jpg

肩がナチュラルできれいなラインを描き、姿勢が美しくなるには、肩甲骨の位置調整や動きの柔軟性の適度さが不可欠です。肩がつまっているようにみえるのなら、特に肩甲骨の引き下げ(下制)がうまくいってないの。


トレーニングやレッスンで「肩さげて~」っていわれたことないですか?


スクエアショルダー。


その角ばってみえる肩をさげて姿勢を整えないと、レッスンの効果ないよ、トレーニングになんないよってわけです。


肩がつまってるのはいわれなくてもわかってる!
肩さげができたらトレーニングなんか来ないっての!



ごもっとも(^▽^;)


指導にあたっている方の肩さげの指示は、わたしは何をいいたいかはわかる。うんうん。わたしも言葉が簡単だしそう言うよ。


でも、指導が「肩さげるべし!」ってだけじゃ説明が足りないかな。受けてる方にしてみれば、聞こえてるしやってるつもりだよ!、そっちこそきちんとできるように指導なり解説しなさいよって感じよね(笑)


★肩をさげる意味はこうです。肩を下げる指示が出たらこうやってください


肩ラインの改善や肩甲骨の整合性を高められないのは、運動が足らないとか動きが下手だとか、そういうことではないんです。肩をさげるってこういうことですよ、肩甲骨の働きはや動きはこういうものですよって、テキストにそって十分に説明して、肩をさげる動作の正体を知ってもらわないとできないの。


肩先をさげる筋肉はないのよ。


肩甲骨をお尻に向かって引き下げ、反対に頭頂部を高く引きあげる動作をしないとダメ。そうすれば肩に美しいラインができます。肩先のさげをイメージして気力で引き下げても、身体にない機能ですのでケガになっても肩はさがってみえません。



肩甲骨だけに限らず身体の設計図をきちんと解説し、そのとおりに実践してこそエクササイズは健全に効果があらわれます。


わたしが師事している安部塾の塾長先生は、まず受けてもらう人、それがたとえ医者であろうとも、通常通りテキストをきちんと見せて自分の言葉でわかりやすく説明し、共に身体のことについて勉強(確認)してから動きの実践に入りなさい、そのように何度もわたしに教えてくれてます。わたし自身も、運動のみを指導しても表面的な変化でともすれば安全性にも欠けるし、こうやって落ち着いて受けてもらう方と確認することの大切さを実感しています。


もう一度いいます。(あと71回くらいはいいたいw)


肩先を意識してここをどうにか下げようとしても、そんな筋肉ありません。角ばって見える肩を改善して姿勢をきれいにしたいのなら、肩甲骨を下制し頭頂部を引き上げる必要があります。


それができるように、
★まず身体の設計図や機能を習う
★動かし間違いや使い違いを知り、正しい動きに一気に塗り替える
★身につくまで繰り返し練習する



機能改善はこの方法しかありません。
いくら京都のドロンジョって呼ばれてるアタクシでも、この運動したらよくなりますよっていう便利な魔法はありませんことよ。


witch.jpgのサムネイル画像

< 水はたくさん飲んでますよ?  |  一覧へ戻る  |  ナノニエル写真集?マジでアタクシの写真いっぱい >

このページのトップへ