HOME > いつまでも健康で美しくを叶えるナノニエルの魔法書 > アーカイブ > 2017年8月

いつまでも健康で美しくを叶えるナノニエルの魔法書 2017年8月

水はたくさん飲んでますよ?

熱中症や脱水に関する熱き勘違い~オリエンタル・ビューティ・アドバイス~

glass.jpgのサムネイル画像


脱水は、肉体に水分が不足した状態と思われがち。


ちゃうでーーー\(-o-)/


脱水は、身体の水分不足ではなく、脳内の水分とミネラルが不足した状態を指します。脳に水とミネラルがなく脳機能が著しく低下して、身体は機能不全に陥ります。これが熱中症。


先月の安部塾集中講座でもこの話を塾長がしてくれました。


脱水や熱中症は回復すればOKじゃあなくってよ。繰り返し起こせば死亡する可能性をあげてしまう危険なもの。


水分補給もせずガンガンにトレーニングしたり、喉の渇きや枯渇した感覚を我慢して炎天下をランニングしてたりする人がいて、乾ききって家に帰ってビール飲むのがうまいとか楽しいとか信じられへん答えが返ってくるのね。


わたし自身も、これまた信じられないことに、インストラクターやトレーナーでさえもそんなこと言っちゃってるのを聞いたし。


さっき説明したけど、アナタ死にたいの?アブナイっての!


よろしくって、脳へ水分補給ができるのは「水」だけよ!
お茶やコーヒー、ジュース、そのほかもろもろ、いくら飲んでも脳内の水分補給はできないわよ!
それから同じ水なんだけど、白湯も脱水予防はできないの。


また、脱水を防ぐためのには水道水は残念ながら力不足だわね。そのため、うちでは硬水を飲んで脳への水分とミネラルの補給効率をあげてもらうように説明してる。


1日に生成される尿の量は成人で約1.5㍑。だから少なくとも2㍑くらい水分補給してほしいんだけど、これすべてを硬水にする必要はないの。


大部分を水道水でまかない、部分的に硬水を飲んでもらえばいい。


それに1日に硬水2㍑は多いからね。やめてよね。
特に初めての硬水飲む方はお腹をくだす場合もあるので、少量から試して大量には飲まないように。硬水もいいところばかりではないわよ。


お腹の問題以外にも、硬水独特の味が飲みにくいという方も少なくありません。味のないミルク、液体の石だとよく表現されます(笑)


そこで、わたしがすすめるのはゲロルシュタイナー。


GEROLSTEINER.jpg


これいいのよ!
天然発泡水で喉の渇きも癒えやすいし、飲みにくさも気にならないの。
他の硬水は取り寄せで高価なものもあるのに、スーパーやコンビニで売っていて手に入れやすい、買いやすい値段ってのもいいわぁ(*^^*)


最近、実際に友人のひとりでが熱中症を引き起こし、急いで医療機関を受診しました。調子がおかしいと気がついて、すぐに受診したので回復も早かったです。その時の担当医師からも、脱水は脳の水分・ミネラル不足と説明を受けたそうですよ。


みんな水分補給は身体への補給と頑なな勘違いをしているから、わたしごときでは信頼して聞いてもらえないこともあるのよ。きちんと説明してくれるドクターでよかったわ。


脱水(脳の水分不足)は高温以外の条件でも容易になるから、ドクターやわたしがいうような適切な水分補給をこまめにね!忘れちゃダメよ!

dog bath.jpg

いったいなぜ...なアクセス数♡

8月21日に書いた 「シワ・それは努力のあ♡か♡しっ!」 が、かなり閲覧数を伸ばしています。


最近の比較で言うと2倍~3倍多い。


それくらいアタクシの運動指導・ボディケア分野のブログも読んでっての(笑)


必ずシェアボタン(各アプリの読みましたよボタン)押すのよ!よろしくって!
毎回、必要以上に、しつこくチェックしてるもんヽ(`▽´)/
日々のやる気に大きく影響よヽ(`▽´)/


調子に乗って、視機能変化の実例を勝手に押しつけ(笑)
最後に書いてるけど、ほんとに良かったと思うんだもの。多くの人両眼をきちんと使うってことの素晴らしさを知ってほしい。


メガネかける前のアタクシをどぞ♡


スライドや講師の言動を捉えようと必死~。これはわたしが思いっきり気を抜いてて、外斜位がわかる正直正確な画像じゃないかな。


首の後ろ、思いっきりつめてアゴをあげ、前方にあるものを見ようとしてます。頭部の位置は仙骨の位置をかえますので…


腰も丸いの!姿勢わるいってこのことよねっ!

gaishai.jpeg



これもじゃん(汗)
息子ちゃんとアタクシ、ふたりとも一年前はアゴダシ・アゴアゲ親子でソックリ。


ryouganshi-GOOD YEAR.jpeg




次が アイックス のパーソナルグラス効果。

ryouganshi.jpeg


首の後から後頭部にかけて、詰まるような姿勢してないでしょ(*^^*)


首の後ろ短くつめるような姿勢は、背中や肩・首のこりや痛みを誘発するし、先ほどにも書いたとおり、首の並びや頭部の位置をずらしたら姿勢改善やボディメイクはムリ。それくらい頭の位置や首の配列を不安定にするってキケンな行為。


でも、目に何のアシストもなく、両目で対象を捉えられていなければ、そういう特徴ある姿勢になってしまうのは仕方がないことね。


人の情報のとりこみデータをどぞ!


★視覚 83%~90%
★触覚 2%
★味覚 1%
★聴覚 11%
★嗅覚 4%



脳は単独では働けず、上の通り外部センサーを採用してます。見ての通り、他を大きく引き離して目を重用してるよね。目がほかの器官より、ずっと深く命に関わりがある機能・センサーだってことがわかる。ものごとをより多くなるべく明確にできるだけ正確に見ようとして、姿勢や体型はいとも簡単に崩れるの。肉体のトレーニングだけで、この視機能による姿勢の変化には勝てないわよ。脳にとって目は姿勢よりも大事、生命を支えるためなんだから。


姿勢といった外見の問題以外でも、目は自律神経に直結だから、見えてないと性格や感情もあまりうれしくない変化するよ。将来的には認知症になるとも言われているし。


だからね、長い生涯の健康と美しさを考えれば、パーソナルグラスをサポートのひとつに必ず加えてもらいたい!


わたし自身がパーソナルグラスで、画像のように姿勢がきれいになったことや顔のシワの変化、目が大きくなったなど、嬉しいことは本当に多いです。


仕事も含め、ものごともよく見えるもの。人生もかわった(大げさかな)


そういったすべてのことの中で、嬉しさよりも幸せを感じたことがあります。


あの首がつまってアゴあげたうちの息子が、表情明るく、朗らかになってよく笑うようになったのも、パーソナルグラスで眼球や脳に対するストレスが減ったおかげ。ストレスなくズムーズに見れるアシストを受けられるようになったおかげなの。


本当によかった。
母として幸せ。
正しく導けたと確信してます。


シワ・それは努力のあ♡か♡しっ

当スタジオでは、視機能の完全矯正とそのためのメガネによるアシストを


とても強くオススメしています!フォルテッシモで!


完全矯正・ドイツ式検眼のご相談は東京・銀座、もしくは福岡・飯塚にある「パーソナルグラス アイックス」さんにぜひご相談、検眼にいってください。⇨ http://eyex.co.jp/ 

eyex glass.jpegのサムネイル画像

eyex shop.jpgのサムネイル画像

ドイツ式検眼が詳細に測れて、カールツァイスレンズであなたの目にピタッと合わせられるのはアイックスさんだけ。カウンセリングもしっかりしていて、眼鏡フレームのフィッティングも丁寧にきちっと合わせてくれます。


目はちゃんと見えてますから必要ないです!
眼鏡かけると老けて見える!



こっそり告白すると、安部塾で身体操作を習う前は、自分の目の機能なんて気にしたこともなかったです…


「おそらく外斜位で、目にも脳にもものすごい負担をかけてると思うよ」


安部先生にそう指摘を受けたのが、アイックスさんに行くきっかけ。もう当の先生は覚えてないだろうけど(笑)


視機能とは「視力」のみをさすのではなく、目が持つ全機能のバランスを言います。理由は後半に書きますが、目はいいのっ!ていう人に視機能がいい人はおらず、眼鏡かけたら老けるやんっていう人ほど顔はシワだらけ。


メガネかける前のアタクシね(^o^;)


それはですね、例えば、視機能のアシストを受けてくださいね、シワが目立ちますから視機能をアシストしてみては~、って話をしたら、視機能って何だろう、視機能がどれくらい生活や自分自身に影響するのか、自分の視機能はどうなっているのか、買う買わないより知りたいなってなりますでしょう。


少なくとも話をしているわたしは、身体のことについて勉強していて、姿勢や体型づくりのプロ、講師で、単なる立ち話しているわけじゃないですよ。


それなりの理由があるのに、いきなり「目はいい!」って切り込んでくるって…話を聞けよっていうより、へんなひとやないですか。


人は約90%を目から入る情報をもとにさまざまな判断をしていますので、世の中を自分の都合のいい色眼鏡をかけてみてたり、細部や微細なところがぼんやりべったりにしか見えてなければ、状況もよく見え(判断でき)ず、こうやっていきなり反論して、人の話聞かない「けったいな人」になるんです(^▽^;


シワ以外にも、いつもコワい、何怒ってんの~?っていわれたり、目つきワル~、何睨んでんの~?って指摘されたり、こういったことも自身では「はっ?なんのこと?」って感じでしょう。自分が常はどういう姿でいるかって、本当に自分ではわからないものです。目が悪ければ、先ほどの通り余計に話を聞かなくなったり、目が効かないので自分では見えなく判断が正しくつかない傾向にあります。


だから、目の専門家や身体の専門家から指摘されたら、真剣に視機能だけに限らず検討してください。


アイックスのビジョントレーナーの小松先生が、
「老眼を我慢するって身体に毒ですね~。そんな人はすべてがよく見えてないから、見ようと必死になってる証(シワ)が顔中ビッシリです」


あっ、あら~~…(汗)


最近、わたしは自分の息子(19歳)にもドイツ式検眼を受けさせました。モニター画面を四六時中観ているので、目の問題は多いです。常に鉄棒にぶら下がり続けているような負担をかけているそうです。


これも小松先生の説明。めっちゃわかりやすくて笑う。


眼鏡かけはじめは、世の中丸まって見える、特定の色が浮き出て見えるなどと日々大騒ぎ。両眼視で、立体視するのは、それくらい驚きと感動の連続です。


脳内のデータは数週間で修正されるのですが、それに合わせてすごく息子は変化していきました。本人自身はわからないでしょうけど。


★人の話や意見が聞けるようになった。反省と改善ができるようになった
★判断を間違えなくなったし、判断をくだすタイミングも早くなった
★睡眠の質が向上
★意力気力がでてきた
★表情筋もよく動き、よく笑う明るい表情になった



ものがきちんと無理なく見えるのって、脳にとってはとてもうれしいことなんですよ。今まで見るために目にかけてた余計な負担を、本当に必要なところに使うことができます。その気持の良さは頭の回転やモチベーションをあげてくれますし、両眼で的確に対象物を捉えるのは、仕事のスピードや正確さといったことにもバンバン反映されてきます。


生涯にわたって、あなたの姿勢や表情、動作の美しさをサポートしてくれます。瞼が引き締まって目もぱっちりなんです。ウワサの見ようとする努力の結晶も解決していきます。ホンマに。


身体操作指導者が、こぞって完全矯正をしている理由を考えたら、しないって方法はないん違うかな?思い当たる症状があるのに、また今度・行けたらいくわ病の、放置が一番アカン。


わたくしは本来の自分のきれいな姿勢と正しい視機能のために、もちろん欠かさず眼鏡をかけて維持していますよ(^^♪

信じられへん、この人知らないんだ...な件

猿腕とは、ヒジを伸ばしている状態でありながら、ありえない方向に「曲がっているように見える」腕のことね。わたしも若干ではあるものの猿腕よ。


monkey.jpg



生まれつき関節がこのようになっている方が大半ですが、ヒジをケガしてその後の処置が悪く、猿腕になったって方もいるようです(汗)ケガの処置は疎かにせず、確実に最後まで適切な処置を受けて治すように!


どちらにしても、猿腕は身体をきちんと使っていたら、ワザと猿腕にしてみせない限り、日常の動作で猿腕が出てくることはありません。猿腕になっているようなら、腕や手はもちろん、身体の使い方を全力で間違ってるってことになるわね。


四つん這いや腕立て伏せのポーズが苦痛で苦手、手首や肩や首が痛くてできないって方がそう。


これは姿勢保持の支持不足や、本来使うべき筋肉がうまく発揮されていないから、それにかわって他の部位に負担がかかったり、できていない分をカバーしたりしているってこと。


猿腕にしてしまうと、力が発揮できないんできないのよ…なんのスポーツしてもパフォーマンス激ワルだし。


腕には多くの機能があって、一番生活でも使うところですから、当然なことよね。


四つん這いでは、主に前鋸筋と上腕三頭筋でからだを支えますが、このふたつの筋肉群が猿腕だとまったく使えず、いきなりすべての負担が手首にかかります。こうなるときれいなポーズはつくれないわ。


何度説明してもサポートしても、猿腕に対して修正意識がなければ、腰がそれて首が詰まったおかしな形のままでムダに消耗してくだけ。


勝負は手をついたときに決まってるってヤツ。



日常で猿腕になるような動作を繰り返せば、首から手首にかけて順番に上肢の機能が壊れていきます。「あなた猿腕ですね」ってのがすぐにわかるような動きをする人は、首から手首を順番に壊して痛みを発生させますし、どんなに若くてもスリムであっても二の腕がたるみます。


そうならないよう、なってたら改善するのに必要なのは、◯◯エクササイズとか二の腕のトレーニングじゃあありませんことよ。


★正しく身体を理解し
★それにのっとって身体を使うこと



つまり何がいけないのかを知って、ミスを少なくしていくことしか方法はありません。これ、本当に肝に命じておいてほしい!部分的に鍛える都合の良いエクササイズとかありませんからね!


さて、その流れから言うと、おサルの腕をさらしている運動指導者とかないですよね。


猿腕そのものが悪いのではないですよ。問題は、使い間違いや動かし間違いをし続けている、やっちゃいけない動作を知らないってことにあるの。


先程も書きましたが、猿腕は機能とおりに動かしていたら、腕がのびきって猿腕になってしまうことはないのです。


なのにおサルな腕になっている画像ばかりをUPしているってことは、猿腕がなぜダメなのか知らないってことのあらわれですし、猿腕を助長させる危険性がそのエクササイズにはあるってことになります。


わたしより遥かに長い間指導者として活動してる人なのに…知らないのね…


世の中、ウケれば勝ちなんかな~。なんかな~、釈然としないわ。ブツブツ…


最後にもう一度大切やから書いとこっ!


猿腕全開にしてる指導者はNGですよ!

arm-line2.jpg

表情筋勉強会・作り笑いは顔が崩れる

7月にありました安部塾関西集中講座、表情筋勉強会での先生の開口一番の発言をどぞっヽ(=´▽`=)ノ


「美しくいたければ“辛くても悲しくても笑顔”や“表情筋を鍛える”とか馬鹿なことをしないように」


もう一度いいますよ。


「作り笑顔や表情筋トレーニングとか頭の悪い人が考える、構造美を壊すサイアクの方法です」



ちーーんって感じでしょう。誰もがしんどくても笑顔でいましょうって作り笑いの経験があると思うのですよ。


先生の言葉にはわたしもびっくりしましたし、これを読んでる方の中にはムカーっとする人もいるでしょう。


ですがね、顔には脳との密接な関係にあります。感情はもろに顔の筋肉に刻まれているんです。


笑顔になれない、魅力的な表情になれないのは、自分の感情に原因があるってことです。自分の顔をあーだこーだするのではなく、表情のきれいさは心の中を変える必要があるのです。


嫌な人と付き合わない
たびたび怒りが湧く状況に身をおかない
ハラスメント受けるなんてもってのほか




とにかく自分が気に食わないものからは、どんどん身をひいていく、関係を解消するようにするんです。


と同時に、


自分の好きなものや好きな人で周りを固めて、やりたいことに没頭するようにする必要があります。


自然と口角が上がる状況にどんどん自分を持っていくんです。


smile.png


てか、それしか自然で美しい表情でいる、将来も美しくいるには方法がありません。


身体の不調は、動かし間違いや使い間違いなど、脳の司令に背く本来身体にはない動線で動いてしまう、それによって使えなくなる筋肉や反対に目立って発達してしまう筋肉が出てきて、筋力のアンバランスが起こるせいです。そういうアンバランスさは姿勢や体型が崩れる元となるのに加えて、血行が思うようにいかなくなります。肌のハリ艶が落ちるってやつです。


顔も筋肉ですよ。


ということは、感情(脳)と違った表情をつくってしまうと、動かし間違いで身体にとっても感情にとってもNGですね。


無力化する筋肉と発達してしまう筋肉で、眉間に嫌なシワが寄って取れなくなったり、口角が下がってきたり、血行不良で目がどんより死んできたり顔色も悪くなります。


自分に嘘はつけないです。悲しみや怒りや寂しさを抱えて無理やり笑うのはホンマにやめたほうがいいです。だからといって、不機嫌な顔や悲しい顔をしていては、人が寄ってきませんよね。


美しく魅力的でいるには、自分で自分の状況をハッピーにしていくしかないのですよ。必要なら自分にとって嫌なことは、見えないようにする聞こえないようにする工夫も大切でしょうかね。


今日、電車の中で幼い姉弟を見たのですが、お姉ちゃんの方はずっと怒ったような不機嫌な顔しかしないの。眉間にシワを寄せて、高圧的で雰囲気が良くない喋り方を周りにするし。


ホンマにこんな顔してた(汗)


anger.png


対する弟は、そのお姉ちゃんを恐れるような、悲しそうな顔でみるのね。


cry.png

お姉ちゃんは、怒っていたのではなくて、普段からいろいろフラストレーションがあるんだろうなという感じ。


常の習慣や感情が顔に出ているのです。


静かに座っててもずっとその表情でしたので、親もかわいそうなことをするな~とわたしは二人の顔を見てたんですが、そんな二人に笑ってみてって言っても、たぶんどこかそのいつもの習性が残ってて笑えないでしょうね。


まぁ、子どもだから、これからお姉ちゃんと距離もできてくるでしょうし、お互いが自分の好きなことや好きな人をみつけて、これからどんどんかわってはいくのでしょうが、表情筋はれっきとした筋肉です。このように感情がどんどん記録されて常の顔になっていくのですよ。


心から笑える、魅力であふれる「脳」でいるようにしたいですね(*^^*)

1

« 2017年7月 | メインページ | アーカイブ | 2017年9月 »

このページのトップへ