カテゴリ

studio NANNOを 体験しました!



  • ナノニエルの魔法書
  • ご近所、ご自宅へ出張します! ご依頼はこちら
  • 安部塾関西への申し込み
  • スケジュールはこちら
  • Face book

HOME > いつまでも健康で美しくを叶えるナノニエルの魔法書 > お猿もビックリわたしの「猿手」

いつまでも健康で美しくを叶えるナノニエルの魔法書

< 就寝時のマスクマン  |  一覧へ戻る  |  また嫌われたかしらね... >

お猿もビックリわたしの「猿手」

恥ずかしいわたしの画像を載せておきます。この写真も6年以上も以前で、今は改善していますので、ごめりんこです。昔々の、力づくでしていたトレーニングによってもたらされたものです。わたし、ある運動の選手してましたのよ。その時は成果主義が正義でしたのでね~。

sarute.jpg

「さるて」と呼ばれる、女性に多い腕の使い方・状態です。


先天的、もしくは怪我によりこのような状態を招くことがありますが、それを除外した「さるて」について書きます。


女性に多いと言われるのは、男性に比べて筋肉量が少ない発達しにくいからです。腕そのものの筋力もそうですが、腕につながっている脇・腹部の筋力低下が災いしている場合が多いです。腹筋のコントロールがきかない、床押しの感覚がわからないなど、四つ足ポーズになれない・苦手なら、もう腕よりも腹部・前鋸筋が使えておらず、この猿手にどんどん近づいていきます。


そして、猿手は二の腕のふりそで化を促します。腕が細くてもビロビロってサイアクやわ…


余談ですが、この猿手になると、ダンサーや運動指導者は失格と言われています。二の腕のタルミやスタイル悪い、表現力に問題がでるせいもありますが、筋力を正しく発揮できていない、使えていないってことの証拠、改善方法を知らない、自覚がない、ケガしやすい身体ってことですし、指導に当たれば、ケガしやすい身体をつくりだしてしまうことにもなりますからね。


四つ足ポーズや腕立て伏せのようなポーズ以外は、腕はさる手になるような画像のような使い方はしません。生体力学に反していて、関節技を自分でかけているようなものです。


前にならえ!のとき、手首曲げたりしないでしょう?手首や指の使い方って重要なんですよ!


手首・ヒジ・肩が痛くなるのは当然ですね。肩(肩甲骨)のバランスが崩れれば、腰もアウトになります。


さて、最近わたしにあった人はゲンナリするほどお聞きかと思いますが、生涯若々しく美しくいるには、あなたが思っている、あなたが想像する以上に筋肉量は必要です。


メイクやエステはわたしも大好きですが、それだけで若さと健やかさとスタイルは維持できません。


これはわたしの商売のプロパガンダではなく、運動は恒常性を保つ必須要素だということをもう一度思い出してほしいです。


体重で痩せているかどうかを指針にしている方は多いようですが、体重でスタイルの良し悪しが決まるわけではないですよね。体重を落としすぎる=筋肉が失われてる、ってことで、美しさに必要な筋肉を落としてしまっては、この画像のわたしのように見栄えの悪い身体つきになるだけ。


体重がいくつかよりも、引き締まったボディであるか、美しい動作が生み出せる身体かどうかが大事ではないですか?


人前に出る方、パフォーマンスがお仕事ならなおさら。


確かに筋肉はいつの年齢からでも刺激はできますが、ご希望の美的筋肉量にあがるかといえば、たいていの方ができなくなります。老化ってそういうことなんですね。


気がつけば、改善したくてもなかなか改善できない、そんな年齢になっていきます。


わたしも猿手のブサイクさに気がついてから頑張っていますが、四十路ともなれば、筋肉量を戻すこともですが、伸び切った靭帯の引き締めは、生きているうちに可能なのかどうかってところです。


運動は健康を保つには重要な要素です。現代の生活では運動量を確保するのは難しいので、身体機能を落とさないよう、筋肉量を保てるようトレーニングをしてください。トレーニングを通じて、身体がのびのび動く喜び、思った通りに美しく動かせる喜びを忘れないでいてほしいです。


この喜びが脳力を高めたり保ったり、若さを保つことにもつながります。


< 就寝時のマスクマン  |  一覧へ戻る  |  また嫌われたかしらね... >

このページのトップへ