HOME > いつまでも健康で美しくを叶えるナノニエルの魔法書 > アーカイブ > 2017年4月

いつまでも健康で美しくを叶えるナノニエルの魔法書 2017年4月

ストレッチ運動はこう (`3`)!

ストレッチとは収縮させるべき筋肉(主働筋)を的確に収縮、動かせるように筋肉をトレーニングすることです。動作に必要な筋肉を出力できるようにすることです。


oyayubiwotenitoru pose.JPG


で、その筋肉が収縮した結果!


反対側にある筋肉が収縮しないように信号が脳内から発せられてゆるみ、身体が柔軟に動かせるわけです。


そうしないと筋肉と腱が切れますから。


筋肉のお仕事は、弛緩→収縮であって、筋肉がみずから弛緩以上に伸びた状態「伸張」になることはないの。できないの。何度もいいますが、筋肉が切れないように収縮を止めているだけです。


ということはぁ~


もうお気づきかと思いますがぁ~


引き伸ばす方を目的にぃ~


頑張って筋肉を伸ばす運動をしてしまうとぉ~


身体がぶち壊れマ~ス\(^o^)/


いろんなテキストにそのように書いてございマース。


なのに忘れてる人が多いのかなんなのかトレーニング現場では、ストレッチは筋肉を収縮させる運動ではなく、めっちゃ筋肉を伸張させる運動を指導する方多いDEATH!


ホンマにDEATH!


筋肉は何度も伸張を繰り返してしまいますと、もとの弛緩の状態に戻れなく、収縮が十分に行えなくなります。伸び切って力が入らず、その部分が重だるい、こった感じになってきます。


大問題DEATH!


わたしに肩がこるとか首がこるとかいうと、正しく動かしてね!ストレッチは本来はこう!と言われマース。
いった本人は、効果的なストレッチとか教えてくれるのかと期待したのに…と残念がりマース。
でも、正直言いまして、そういう痛みやコリ感の解消法は、正しく身体の設計図通りに動かす訓練しかありまセーン。


対処法で伸張型のストレッチしてます♡ってわたしに言おうものなら…


お尻ペンペンDEATH!

メガネがもどってきたゾ♡

★久しぶりのドイツ式検眼

eyex glass.jpeg


今月4日に「ない!メガネがない!どっかに忘れてきた~(T_T)」と騒いでいた、アイックスさんの「パーソナルグラス」です。


メガネ、メガネ言うてましたけど、最近知りました。パーソナルグラスっていうんですね…おほほ


仕事先のスタジオに、どなたかメンバーさんが届けてくださいまして、無事に見つかりました。


ですがこれも機会かなと思い
思い切って
銀座のアイックスさんの新店舗まで


弾丸検眼旅~♪


eyex personalglass.JPGのサムネイル画像


あれですよ、夜行バスで東京にいって、検眼したら新幹線ですっ飛んで帰るってやつです。


検眼の結果、外斜位が一段とすすんでましたので、新しいレンズにしました。


それでも、検眼から一週間もしないうちに新しいパーソナルグラスが届きました!スゴイはやいっ!


以前、知り合いから買ったオシャレメガネ、それにも今回同じパーソナルグラスをはめてもらいました。奥にある、黒フレームがそうですね。


ダテメガネのままだと、アクセサリーケースの飾りとしてしか使いみちがないんです。見えないものは使えないですから。目に負担をかけると、わたしの目の使い方では、目の周りにシワが寄ったり目つきが険しくなるからね。


ということで、充実したメガネライフを送っております(*^^*)うれしい~!
しまった!パーソナルグラスって言うんだった!(笑)

立ち姿の美しさは山にあり

★山のポーズ
mountain pose.jpg
美しさのもとというより、このポーズがきちんとできないと、何もできないと言われておりますです(*^^*)


山のように、色んな方向からバランス良く身体を支えるこのポーズ、気をつけのポーズくらいはできるもんね!とおもうなかれ。的確に必要な筋肉のみを働かさなければ、強く美しい山のポーズはできません。


多くの方が苦手でできない、もしくはできたつもりになりやすいポーズなんですよ。


ヨガをした場合、大勢の人がふらふらか、余計な部分を力ませてしまってポーズが痛いのも、山のポーズの練習不足。身体が固いねん…、っておっしゃる方は、不必要な筋肉まで動かしてしまってガチガチ、どの方向にも動けず痛いのです。


なんか身に覚えはないですか?(笑)


わたしがしているボディメンテナンスはヨガではありません。何かの難易度の高いポーズを目指すものではありません。


ですが、身体をきれいに支える、しなやかで美しいボディにつくりには、必要に応じこういったこともとりいれてます。



★顔が小さく、シワが少ない
山のポーズができれば、顔は引き締まって、シワが少なくなります。このポーズを日々意識してもらうだけで小顔で印象的でひと目を惹きます。皮は一枚ものですから、筋肉を協働活性させて、きちんと骨格を維持すれば自然とこういった効果はあらわれます。


おなかのでっぱりや、胸の陥没も改善、予防できます。
脚のラインもしかりですね。


肩を引き下げる筋力がついてくれば、背中には脊柱にそってきれいな縦のラインが入ります。背中が美しく見えるので、ぜひ背中が大きくあいた服をきてもらいたいですわ♡


身体に走る縦のラインはモデル筋と呼ばれ、一般の方もモデルラインづくりにトレーニングを励まれている方多いです。できればこのポーズをそういう方に教えて差しあげたい♡♡


反対に、このポーズでたてない時点で、どんなにエステのお世話になっても、う~~ん、お金を捨てにいってるようなものかしら。皮膚や筋肉を触るだけ触って放置すれば弱くたるむと思いますけどね…


リラクゼーションと運動、どちらも大切です。エステだけでよしとせず、必ず身体操作のような運動もしてもらって、長く健やかできれいでいてほしいです。


食事・運動・リラクゼーション、この内のひとつだけを頑張っても、健康で美しいにはなれないんですよ(*^^*)





★始まりと終わりに必ず行う
もう少し山のポーズの意味を説明したいと思います。


ヨガでは、山のポーズは、立位のポーズの始まりにあり、終わりにも必ず戻っていくポーズです。


ヨガアナトミーの本によれば、練習の効果を確認する、これから先を登り続けるのに必要な筋肉を知る理解を深めるためのものだと書かれています。それだけでもこのポーズがトップに行われる理由と重要性がわかりますね。


先にも書きましたが、美しい姿勢の保持やきれいな動作で動くには、正しい筋肉を正しく使い、出力する必要のない筋肉とバランスをとりあい、ムダに力まないことが非常に大切なのです。


さてそこで、外部のスタジオでグループレッスンをした時、必ず1~2名は、このポーズを立位ごとにすると、ポーズの数が減って時間の無駄だ、まったりしすぎて嫌だという方がいるんですね。本人は顔は歪ませてあからさまに嫌がります。


以前、ある運動をしていたのですが、そこの指導者や先生のなかにも、ヨガはこの意味のわからん気をつけのポーズを度々して間延びするせいでキライだ、と言ってました。


残念でしかたありません。


こういう方々は気力・脳力が、みずから「ない」もしくは「おとろえてます」って公言しているようなものです。じっくり動けず、激しさや展開の速さばかりを求めると、体脂肪も必然的に溜まりやすい、太りやすい体質になっていきます。


山のポーズはやってもらったらわかるのですが、体のあらゆるところのセンサーを働かせ、あらゆるところを意識して動かす必要がありましてね。気力や脳力が低下した方にとっては面倒なポーズなんです。


これからトレーニングするにあたっては、これくらいあらゆるボディパーツや筋肉を意識していないと、何の効果も出ません、無意識で自動運動をダラダラ繰り返してもケガしますよってことを教えてくれるポーズなのですね。


だから気力を失いやすい面倒くさがり屋さんは、このポーズの重要性が見いだせず、練習せず、関節を痛めたりケガしやすい。


エクササイズは、健全性や安全性が効果に直結しています。難しいポーズができる、身体がグニャグニャ柔らかいことが健康美ではないです。見た目だけのポーズや柔らかさでは、健康と美しさのためになっているとは言えません。


面倒だと顔を歪ませんて嫌がる時点で、あなたは他人よりも身体を痛めつけている、姿勢や体型の崩壊をみずから引き寄せいていると自覚した方がいいです。


こういうステージⅣ的な方は、山のポーズだけでなんとか…は、なんとも難しいのですが、少なくともレッスン中くらいは山になれるようにして、少なくともフラフラをなんとかしていきましょうね!(汗)




1

« 2017年3月 | メインページ | アーカイブ | 2017年5月 »

このページのトップへ