studio NANNOを 体験しました!



  • ナノニエルの魔法書
  • ご近所、ご自宅へ出張します! ご依頼はこちら
  • 安部塾関西への申し込み
  • スケジュールはこちら
  • Face book

HOME > いつまでも健康で美しくを叶えるナノニエルの魔法書 > アーカイブ > 2016年9月

いつまでも健康で美しくを叶えるナノニエルの魔法書 2016年9月

おなか、ちゃんと引き締まってますか?

★ おなかは健康美の要

腹筋は美姿勢やスタイルアップのポイントでございます。
つくづくおなかのラインがきれいでないと、雰囲気も体型も姿勢もぶち壊しだと思います。
太ったからおなかがせり出す、クビレがなくなるのではないですよ。


「おなかがたるんできたから太る」んです!


spiral line.jpg


腹筋がちゃんと出力できていなければ(ゆるめてしまうと)、全身つられてタルんタルんになるんですわ…


筋肉の連動連鎖ってそういうことです。


そんな働きの良くない身体では、ボディだけでなくマインド(脳)もぶっ壊れます(汗)


脳力が低下すれば、苦痛が発生しやすくなるって何度か説明しましたよね。ボディもマインドもケガしてる状態です。



★ やったことあるよね
お尻が平べったくなってタレてきた
胸がタレてきた
気がついたら、二の腕に袖ができてるとか



気になるパーツの部分的なトレーニングを、たくさんの方がされた経験があると思います。


sit-up cat.jpgのサムネイル画像


お聞きします。三日坊主でやめてませんか?(笑)


三日坊主の気持ちわかりますよー!効果が期待したほどないのは、やる気が失せますもんね。わたしにもそういう経験ある!


部分的レーニングで期待したほど効果があらわれず、きれいに引き締めるのが難しいのは、その場所そのものに原因があるわけじゃないからです。


そうなんです。お尻が平べったくタレるのは、お尻の筋力が弱まったんじゃないの。


お尻の筋肉と連動連鎖している「腹筋力」の低下があるからです。


おなかを制しないと美ボディと美スタイルはやってこない…


ということは、腹筋力をアップさせるだけで全身の筋肉同士の連動連鎖は向上、骨盤が立って自然とお尻のラインは引き上がるし、二の腕がシェイプされたり、フェイスラインが引き締まってシワが薄くなるなど期待できマ~ス!


ひょうーーー!
腹部のコントロール力は小顔にも貢献ー!





★ 誤解が多い腹筋力
腹筋力が備わっている人=固くて立派な筋肉がモリモリとついている…のではありません。

David Kimmerle-Back.jpg


いつの年齢も健康的で美しい姿勢と体型を保つのに、ゴツゴツ・ムキムキの筋肉は必要ありません。


おなか周りの筋肉を適正に使う、コントロール力を高めることが重要なんです。上手に全身の筋肉と腹部をリンクさせて、身体を柔軟に動かせることが大切。


前の項でもいいましたが、おなかのコントロール力がつけば大抵のことが解決します。おなか周りのすっきり感は、全身の引き締まりとツマリとコリからの解放です。姿勢や歩く姿を美しく保ち雰囲気まで若々しくなります!


スポーツジムやフィットネスクラブでも、わたしはレッスンの指導にあたっていますが、おなかのコントロール力があがるとすぐにわかります。ポコッと出てて、気になってたおなかへっこむと、顔がキュッと引き締まりボディのアウトラインがくっきりしてきます。


ある70代の女性のグループの方々なんか、どんどん若々しくなられてます。この前は、皆さん50代ですよねと聞かれてはりました!


決して大げさに誇張した表現ではなくて、身体を機能的・合理的に使うと脳が喜ぶんです。身体がラクであれば脳力は自然にあがります。
その結果、本当に自分らしくきれいな姿勢と体型に変わっていくんですよ。




★ 流行のおなかの縦ライン♡

venus line.jpg


まぁ、緩んで体型がどうの、体脂肪がつきやすくなったとか、そんなんですめばいいですが、腹部の筋肉はこのように全身の筋力に絡んていますので、タルめば身体が弱まりケガしやすくなります。


だからトレーニングは腹部がきちんと引き締まる、腹部のコントロールにつながるようなトレーニングをしてほしいのです。


おなかの美しさは、ボディとマインドの美しさ。腹部の縦ラインをきれいに出すには身体機能あった正しいトレーニングをしないと描き出されませんからね~。


陰険で意地悪な人を、腹黒いなんていいますでしょう。
腹にいろんなもの溜めてタルませてたら、体質も気性もかわっちゃいますよ。



でも、普段からお腹へこませておくのなんて大変~、呼吸すらできなさそう…(汗)


そんなことないんです。脳が喜ぶ機能的なトレーニングでは、平静時もおなかはスッキリへこむようになります。無意識でもきちんと腹筋はコントロールされて、姿勢と体型をビューティフルに保っててくれます。


反対にいうと、これが可能な、できるようになるトレーニングを選んでほしいです。まぁ、うちでやってるボディ・メンテナンスですわ♡ ←しつこいめw


正しい身体の使い方を繰り返し行い、本来持ってる機能を思い出したり、覚え直せば、脳が自動的に筋肉に司令を出します。例えば、ペンを持つ時って、いちいちどっちの手を出そうか、どうやって持とうか考えなくても、自然と利き手が出てきて字をかけるようにペンを握りますでしょう。それと同じようになるんです。


それまで、諦めずに繰り返し練習してくださいね。


心配しなくても、思ってるよりも早く効果はあらわれます。身体が苦痛から解放されだすと、喜んでさらに変化のスピードをあげてくれますから。


さて、ああでもないこうでもないと考えるより行動です!

ひと目を惹く姿勢になりたーい

★ 姿勢には特徴がある
きれいだな~、魅力的だな~と感じる姿勢ポジションは「平衡後方連鎖」と言われています。
このポジションのみ、首が長く、全体にスラリと引き締まった印象になります。



posture and moving.jpgのサムネイル画像


個人には趣向がありますので、全員がそのように感じ、好になるとは言いません!
この姿勢を「きれいだ!」と思わなくても、何もあなたは変態ではありません!(笑)


姿勢は、腹筋をコントロールするのが上手な人、反対に、背筋を使うのがうまい人など、このように5タイプに分けられます。先ほど出てきた平衡後方連鎖もそのうちのひとつですね。


美姿勢は、決して固定化した正しい姿勢ではなく、この5タイプの姿勢を、必要に応じ正しくうまく組み合わせる、スムーズにきりかえすことが大事なんです。


どんな美貌をお持ちでスタイルが良くてきれいな姿勢でも、動きがへたっぴーだとイマイチ感が拭えません。


はっきり言っちゃって、すいませーーーん。そういう方ほど、ちゃんと動作改善のトレーニングしたらいいのに…とついつい思ってしまうのです。


イケナイ・イケナイわ。



★ ポイントは呼吸なんじゃよ

姿勢と体型を作り、身体を動かしてるのは肋骨です。肋骨を含めた胸郭というセットです。
あまりスポットがあたらないけど、この胸郭セットはホンマに大事です。



deep breath.jpg


この胸郭の柔軟性や弾力が失われば、あっという間に姿勢と体型は崩れます。つまり呼吸がテキトーになると全身に影響が出ます。


「クビレどこ?」事件発生ですね。
これがまたひっそりと、人知れず起こるから怖い!


胸郭の弾力は歩行を補助しているので、肋骨が固まってしまうと5姿勢のきりかえしもできず、歩く姿からして年老いてきます。身体を左右に揺すって歩くようになります。年齢関係ありませんよ。脚がもつれるとか、転ぶ、転ぶときも顔からなんてことありませんか?


それでもまだ呼吸のトレーニングはイヤですか?
生涯を健康に、余計な脂肪を体内にためず美しくいるために非常に有効なんですよ。


常に呼吸はしてるし!とおっしますが、普通呼吸では肋骨はほとんど動きません。肋骨の柔軟性を向上・維持するには、意識して頑張って呼吸(努力呼吸)する必要があるんです。


やってる・できてるつもり~ではアカンってことです。


ここが本来の機能をとりも出さな限り、どんな素晴らしいトレーニングやボディケアを受けても一瞬で元に戻ります。自分のものとして定着することはありません。




★ 呼吸トレーニングを嫌がる理由
もうすでに肋骨が固いから嫌なんです。だってシンドいもん。
それに気がつかないくらい、思考回路も弱ってるかもしれませんね。



hard.jpg


わたしもさまざまなレッスン現場で、吐いているのか吸っているのか、これがわからないくらい肋骨が硬い、肋骨の下がガバッとひらいている、もしくはめくれあがっている方にお会いします。


姿勢の悪さのせいで呼吸が浅いと思われがちなんですが、呼吸を助けている筋肉が衰えているので姿勢が変化してきたんです。肋骨をきちんと締められないほど、筋力が低下してコントロールがきかないんです。


何度か言っていますが、日常の動作に必要な筋力を低下させると、そのうち思考回路の暴走と脳力の低下を招いてしまいます。頭は身体がきちんと使われる、動かすことで、正しい判断力が備わりますから。


ますます、運動がイヤに、運動しなくていいように理由をつくりだしていきますよ。


終わってる…ってやつです。




★ どちらが得意か知るといい
呼吸のトレーニングは、まず自分が「吐く呼吸」が得意なのか、「吸う呼吸」のほうがやりやすいのか知るといいです。吸いきる・吐ききるをしてみれば、こっち嫌だと思うほうが苦手な方です。


腹式呼吸は行いません。これはまた今度説明しますね。


吐くほうが得意!なあなたは、吐く方も吸う方も両方を鍛えます。
ただし、吐くときは、左右の肋骨を反対側の足のつけ根に向かって、クロス状になでこむように締めて行います。腹直筋を使って上下にお腹を凹まさないように練習する必要がありますね。


さぁて~、問題は吸えるけど、あまり吐けないアナタ!


身体いためますよ…


呼吸は吸う吐くそろって呼吸なので、必ず両方のトレーニングが必要です(この観点からも複式は良くない)。でも、1ミリも肋骨が動かない人に吐きなさいよーっていっても無理なので、そういう場合は、まずは肋骨の柔軟性を出すために、吸う呼吸メインにトレーニングします。


吸って、肋骨の動きを感じてもらうのね。


動き出したら、肋骨ををなでこむようにお腹を締めて吐けるよう練習していってね。吐ききれるようになるまでがんばってね。


あっ、しっかり吐けるようになって、肋骨の柔軟性がアップして腹圧のコントロールがきくようになれば、ボディラインは自然と引き締まりますよ♪太りにくくもなります♪

leg and sky.jpg


からだの歪みが痛みのもと...かしら?

★ アナタの身体はどこも悪くない
不愉快なコリ感、つまり感、痛み…身体のパーツが悪くて痛みが発生しているわけではありません。


転んで擦りむいた!高いところから落ちました!交通事故です!・・・などなど、これはケガですから、日常的な身体の痛みと一緒にしないでね(汗)


肩こりや腰痛など、日常的に起こりやすい痛みや不調は、身体の設計図にない動かし方を続けたせいで、ボディ&マインドの疎通(覚えてもらったかな?)が悪くなってるからなの。


あなたの身体はどこも悪くないのよ。


頭で考えていることや感じていることと、身体は別の行動したりしてませんか。大人の判断とかいってNOと言えず、いやいや何かをすし続けるとか、ナノニエルとかいう人のエクササイズを、見よう見まねであやふやまま試すとか(笑)


そういう無理くり・強引にやっちゃうーっていうのは身体にとってはめーっちゃストレス!筋肉は固くなって血液循環を悪化させますし、自分で頭のなかに苦痛回路をたくさんつくってしまいます。


腰痛は特に怒りや不安を抱えすぎている証拠とも言われてまっせ!


もう一度いいます。あなたの身体のパーツはどこも悪くありません。
無理で無駄な動作による脳力の低下もしくは誤作動で、痛みの回路が増強されているんです。



cat yoga.jpg



★ 姿勢が悪いから…
姿勢の良し悪しや骨格の歪みなど、痛いツラい症状とはあまり関係ありません。
姿勢のせいにしたくなるのはわかりますが、そのせいにしな~~い!


back-pain rider.jpg


そもそも、姿勢がいいってなんでしょうか?


解剖学の本にある「骨格標本」のような姿勢が正解なのでしょうか?
あの模型のような姿勢になれば、あなたのツラい腰の痛みや肩のこり、太った体型がなんとかなるのでしょうか?


そして、症状がない人やスタイルがいい人は、姿勢が正しくて、歪みがないのでしょうか?


骨格に歪みがない人はいませんし、スリムでかっこいい人でも肩こりや腰痛抱えてる人はいっぱいいます<キッパリ


骨格の整合性をあげるのは大切なんですが、だからといって姿勢の良し悪しが直接痛みをつくっているわけではないのです。


歪みがどうとかこうとかは、自分の身体を自分でなんとかしたくないから、単にいいわけしてるだけだから。





★ 痛みはどこからやってくる?
では、そのような嫌な症状が、どこからやってくるかといいますと、身体の動かし方や使い方の間違いからきます。システムにない動きを繰り返し行なったせいで、頭がパンクしているんです。苦痛回路を増強してしまっているんです。


さらに、その痛みに拍車をかけ、改善しにくくしているのが次の行動です。
●何かの雑誌や書籍で「骨盤の歪みが身体を悪くする」と目にする
●わたしのようなインストラクターや、もしくは医療機関で「背骨と骨盤の歪みがなんとかかんとか…」って直接お聞きになる


骨格の歪みは直接的な身体の不調にはなりませんが、目で見て耳で聞いたことは、ものすっごーーーく影響があります。


あ~…責任を感じる…


自分の身体が◯◯なのは、歪みのせいだ、姿勢がこうだからだーーーー!という情報が頭に刷り込まれたら、苦痛から解放されにくくなりますよ。またそのように思い込むと、解消する方法を間違う可能性も大きいのです。


わたしたちの内容物(内臓)は、左右で重さや形状が違います。そもそも正中線上できれいに左右わけられるものでもありません。この違いが、わたしたちの姿勢や体型、動作や感情といったものに個性や特性をつくっています。そして身体が動きやすい、動作がきれいなのもこの違いがあるからなのです。


「左右前後きれいに均等にそろえようキャンペーン」のほうが、なんぼか無理矢理で身体によくありません!


posture and moving.jpg



★ 身体をほぐそう!
「ツラくなったらもみほぐし」教に入ってらっしゃいませんか?


footcare bodhimentenancejpg.jpgのサムネイル画像


身体がツラい時は、揉みほぐそうとか、柔らかくしようと思わないでください。余計に身体がぶっ壊れます!筋肉が固く萎縮しているのには理由があるんです!


安静状態で過ごすのも止めてください。身体からそのうち機能が失われ動かなくなります。



痛いツライ、そんなときは身体を設計図のとおり動かす、使うのですよ!


正直もうしましてこの方法は…


「気持ちいい~~~」
「やった~~~」
「きいてるぅ~」






「い、、、痛い!」



もありません<キッパリ・アゲイン


このように言いますと、文句いう方や不満そうな表情浮かべる方いますけど、あのね~、この効いてる感が頭の中の思考回路を刺激してるんですからね。効いてる感やってる感満載の方法は、やりたければ少なくとも症状が落ち着いて、思考回路が健全になって、たまのたまに楽しむ程度にしましょうね。


「もみほぐし教」と、わたしがおすすめする「身体はツラいときほど正しく使え教」では、根本的に改善し、最終的にご自身がラクに楽しくすごせるのは、断然わたしの「正しく使うんです教」です!マジで!


正しく姿勢を固定するのではないですよ。
正しい方法・経路で身体を動かすんです。


その方法を習いに来てくださいね(*^^*)

before and after.jpg

エクササイズをする目的は?

★ 運動神話の崩壊

エクササイズしてダイエット!
エクササイズで肩こりや腰痛を治す!


わたしもそれができれば、カリスマ♡神の手♡とか呼ばれ、奉ってもらえて毎日ウハウハだろうに…そのように残念に思っておりますです…ハイ…


運動・エクササイズはとても大切です。適切な食事と良質の睡眠と同様に日々の生活には不可欠なもので、これらの3つがセットになって身体の恒常性を維持してくれています。


himawari.jpg


筋肉を刺激すれば、思考回路もパワーアップや活性化されていくんですよ。


このようにボディ&マインドが健全な状態で疎通がよければ、全身朗らかで伸びやか、そうそう身体が詰まるとかこってしんどいなんてことないです。もし、つらくしんどくなる事があっても改善されやすいのです。


つまり、運動・エクササイズは、あなたができる限り毎日を、穏やかに、楽しく明るく、健全に過ごすための一つの方法であって、身体のどこかをどうにかする、治せるものではありません(爆)



★ その効果はどこでわかるか
きちんと筋肉を使った、身体をおかしな動きから開放
→ 思考の活性化、判断力アップ!脳力パワーアップ!
→ 毎日ウキウキ!


この効果が一目瞭然なところがあるんですよ~。


ズバリ「顔」です。


引き締まってリフトアップします。
むくみがスッキリしてフェイスラインもシャープに。
心から笑えます。笑顔が素敵になる!


smile.jpg


本当ですよ。
わたしも自分の変化を実感して驚きましたし、もう何人もこの方法と考え方で、表情や雰囲気が明るくなったのですから。


はっきり、平たく言うと、若くなるんです。


もう一度言います。若返ります(笑)



★ 毎日を楽しく過ごすため!
確かに、機能的な運動を繰り返し行うと、動作がきれいになりますし、体質も太りにくく変化します。


venus line nude.jpg


ですが、あくまでこれは思考回路が活性化され、脳力がアップしたオマケ♡毎日ウキウキ・らんらんのオマケですわ。


最初にいいましたよね、運動が直接的に身体を美しくするんではないんです。脳内がネガティブ思考から解放されて、楽しい嬉しい回線がより多く使われだしたからです。


それによって爆食が抑制されたり、動くのが億劫でなくなったり。
暴走していた思考回路にストップがかかるように、かけられるようになるんですね~。


判断や思考がまっとうになるってこと!


ですので、「オマケ」を目的にするとおかしくなります。


成果主義と言いますか、目的を達するために用いる方法がやたらとストイック&ハード、身体にとっていいかどうかなんかお構いなしになります。
発汗量にこだわったり、痛いの我慢してストレッチしたり、無理やり動かしたり、難易度の高いポーズしたがったり。


余計暴走してしまうという…(汗)


楽しく身体にあった運動するよりも、バシバシやらないと効果ない、優しく頑張らなくてもいいのはダメだ!になってきてませんか。


そんなにイジメられて、身体がいうこと聞いてくれるはずありませんよ。


運動の目的は、痩せるとか痛みを解消するなど、直接的に悩みをどうこうすることではありません。
正しく身体を使い、正しく筋肉を刺激して、脳力をあげる、ボディとマインドの疎通を改善することにあります。


そうして、ボディ&マインドのバランスが整ってきたら、予想していた以上のオマケがやってくるんです。



★ 心からの笑顔のために

emotionlessjpg.jpg

ここまでくると、エクササイズがなぜ必要で、どのような役割を担っているかわかりますね。


なんだか不調をよく感じるとか、身体が太りやすい・たるみやすいなど、マッサージや部分的なトレーニング以前に必要なのは、身体の機能を回復させて、脳内の回線を健康的に修復し、余計な苦痛を感じるよりも、より多くの喜びや楽しみを感じるような強い脳内環境をつくる必要があります。


それを運動という分野が担っているのです。


わたしはトレーニングが終われば、お相手の方の顔を見ます。笑顔であるか、表情がふわっと柔らかくなったかを注意深く見ます。
表情と顔つきにすべてが出ると思っていますから。
機能的なチェックよりも、よりこちらを重要視してます。


ボディ&マインドを整えて、自分らしく柔らかな顔でいたいですね。


無理強いは「ブス」のもと

★ きれい!美しい!って何

美しさは魅力的かどうかです。
自分らしく堂々とした姿勢と明るく他者を思いやる言動です。


姿勢や体型をはじめ動作や発する言葉が卑屈さと無縁であればあるほど、周りはより「美しい・魅力的だ」と感じます。


よく彫刻や絵画的な美しさを思い浮かべられるのですが…まぁ、美貌が備わっているに越したことはありませんね。それだけで高ポイント獲得しますから。

rose + sideface.jpgのサムネイル画像


ですが、先ほど言いましたように、顔かたちはもちろん、姿勢や体型、動作や服装などのバランス感で、ひとは「感じが良い・魅力的」と判断します。


内面は知ったこっちゃないわね(笑)



★ 外見で判断するってどうなの?

大変まっとうな判断だと思っています。
その人の内面・性質を知りたければ、外見と行動を見ていればわかる、このようにBMCという身体操作のボニー・ベイブリッジ・コーエン先生も言ってます。


姑息に利害を考えて仲良くしたり、大人の判断だといって嫌悪感を感じる人と無理やり付き合うなど、頭でNOと判断してたものを、無理にYESに書き換えて行動することこそが、身体への負担であり不要なストレスなのです。最近では、そのストレスは腰痛や肩こりのような、コリや痛みを全身に発生させる主な原因と言われています。


「心と身体はひとつにあらず。しかし、まったく別の二物でもない」ってことです。


人を外見で判断するなんてひどい人とよく言われますが、一期一会の希少なチャンス!外見以外どこでその人を判断しようってんですかね?!それに、内面は必ず外見にあらわれます。


こわ~(汗)


自分の判断を大切に、無理はやめましょう <きっぱり



★ 無理がブスをつくる

これはちょっとひどい言い方かもしれませーん。
でも訂正はしませーん。
あながちハズレではないでーす。

busaiku neko.jpg

自分の身体が感じた「NO」を、頭で変な利害を絡ませて「YES」に書き換える作業を続けるとしますよね。頭はそのうち「これが正しい方法なんだ。今までが間違っていたんだ。システムをアップデートだ!」と脳のある部分が異常に刺激されるようになり、抑制されにくくなるんですね。


さまざまなところで自分にとって損になるような判断を間違いますし、この頭の誤作動は、いずれじんわりと身体にも喜ばしくない影響を及ぼします。


目が死んできたら危ないと思って!


顔筋が動かず表情がなくなる、片側だけ顔が動きニヒルになるなどは、すでに関節の動きの可動域が狭まってる合図。筋肉の損傷や硬化、代謝の低下を招き、姿勢は閉鎖的でボディラインは崩れます。太リやすくなるなど老化と言われる症状を呈してきます。


身体の風通しが悪くなると思ってもらったらいいです。柔軟性がなくなり、固まってくるのね。


どんなにパーツの形、土台が美形でも、果たしてこの状態で本当に美しいと憧れる存在になれるでしょうかね。これ、ブスっていうんじゃないの?


実際、人前でお仕事される方でも、本当にパーツは美しい方ばかりですよ、なのに口を歪めて話す、ヤラシイほうれい線が目立って仕方ない、胸が陥没して疫病神ちっくなスタイルになってらっしゃったり、脚がガタガタだったり…


あら~、どうして早く相談しにきてくれなかったのかしら~と思うことしばしば。


言いましたよね。
人は外見を見てるんですよ。
「気になってたんです」といいつつ放置してるのは、プロとしてどうなのかと思います。

busaiku neko 2.jpeg



★ 心(脳の回線)だから、脳のメンテナンスを

これ、実は難しい!
身体のことが置き去りになるから!
間違った動きを修正しないのも、また脳内の回線が混乱する理由なんです。


そこでです。
複雑な分野からスタートせずに、ボディメンテナンス始めてみてください。ご自身の身体の設計図を正しく理解し、機能にあった動きを習い直すのですね。合理的で機能的な動作は、痛みや不快感も抑えてくれる効果があり、身体の調子がより早く改善します。


この苦痛や不快を抑える回線は「楽しいじゃん!」の回線でもあるので、自然と身体には喜びが溢れ、あわせて健康面も美容面もバージョンアップされていきます。


呼吸と動作の改善は、より脳内がバランスよく働くようにもなりますしね!


身体機能改善やモチベーションの向上活性化は、自然と思考が変わってきます。心と身体はまったく別の二物ではない…だからですね!


気になった時に、放置せず、行動してください。
美しく(魅力的)のためにも。


ご自身の身体をまず知り、身体を機能に基づいて動かクセをつけることが大事です!

lateral line.jpg




うちのボディ・メンテナンスのもとは...

スタジオ・ナンノーボディメンテナンス法


「今、この若い一時の姿勢と体型をキレイで入れたらええねん!」


このように思ってらっしゃる方多いのですが、よく考えて、ほんまにそうですか?
後は野となれ山となれ、でいいのかな?


スタジオ・ナンノでしているボディ・メンテナンスは、生涯を通じて心身ともに自分らしく美しく保つためのボディセラピーです。 そのボディ・メンテナンスの大元、大御所『安部塾』の安部吉孝先生の集中講座が今月9月30日㈮に新大阪であります。


運動指導やセラピスト以外の方も、広く熱心に継続して通われています。


それほどわかりやすく、シンプルな動きでありながら、簡単に効果があらわれるんです。


まさしくうちの「無理なく健康でいつまでもきれい!」ですね。


★健康と美しさを、周り方たちに届けたい!
★からだの設計図を知りたい!



そういう方はぜひ参加申し込みすべき講座です~♪
★詳細 → https://www.facebook.com/events/1084770021576801/


今後の
講座で登場する中国の健康グッズ『健身球』も前倒しでお目見えです♡


健身球.jpg

1

« 2016年8月 | メインページ | アーカイブ | 2016年10月 »

このページのトップへ