HOME > いつまでも健康で美しくを叶えるナノニエルの魔法書 > ストレッチってなんのためにあるの?

いつまでも健康で美しくを叶えるナノニエルの魔法書

< 期間限定・数量限定でございましてよ~♪  |  一覧へ戻る  |  【姿勢セミナー kansai】 今週末2/28です! >

ストレッチってなんのためにあるの?

【結局ストレッチって何のための運動?】


stretch bed.jpg

先日は、ストレッチは関節がゆるみらだの組み立てが甘くなるため準備運動には向かないよーとお話しました。コントロールが効かず動きにくいからだは、パフォーマンスの低下ともにケガを招きます。


ストレッチは筋肉に負荷をかける、いわゆる「筋トレ」なのです。だから成果をちゃんと出すには準備運動が必要。あらま(笑)


「いくらストレッチを頑張っても、柔軟性はとぼしいまんまなんだよ~~( ノД`)シクシク…」


そんな方に今回の記事は捧げます。


ストレッチは言いました通り、筋トレですので、からだを柔らかくするための運動ではありません。


なのに、やればフニャフニャ柔らかくなると思ってる方が多い!
ならないから!



そこを無理やりゴイゴイ攻め続けるから、からだは「危ない!」と判断して、かえって固くなるの。


柔軟性をアップさせたいなら、
★身体マップを正しく知ろう
★骨格をきちんと組み立てよう
★トレーニングには正しい意識と知識を働かそう



はい、この3つを徹底しましょう。
根性や気合いでなんとかしようと、からだを痛めつけるのはもうソロソロやめにしないと、老化促進でしかありませんよ…

==============

#内側から無理なく健康でキレイに
#studioNANNO スタジオ・ナンノ

今日明日だけでない、これからの健康と美しさをサポート

KaQiLa認定指導者・リンパケアセラピスト
#井上泰治時代劇ワークショップ 専属トレーナー
南野 智子 Minamino, Tomoko
http://www.studio-nanno.com

profile10.5.jpg

< 期間限定・数量限定でございましてよ~♪  |  一覧へ戻る  |  【姿勢セミナー kansai】 今週末2/28です! >

このページのトップへ