HOME > いつまでも健康で美しくを叶えるナノニエルの魔法書 > アーカイブ > 2014年4月

いつまでも健康で美しくを叶えるナノニエルの魔法書 2014年4月

花粉症はどうしたら治りますか?

*花粉症をなんとかしたい!!

年間通して結構な件数のご相談があります。
ちょっと前までは、花粉症といえば春先の、スギ花粉によるものを指していましたが、今は反応を起こす花粉も増え、冬場も過敏に反応される方も多く、もはや年中行事という感じですねぇ~。これからも発症される方や、反応が出る期間が長くなる方が、増える傾向にあるのではないでしょうか?そんな気がいたします。

そういうわたしも花粉症。かなりのベテランです。
現在41歳、発症は10歳ぐらい。
スギとヒノキ。強(狂)反応!!
誰にも負けませんよ(笑)

お薬を服用されるにしても、目薬や点鼻薬など外用薬を使用されるにしても、「治す」ものではありません。お薬は、症状を抑えたり、緩和したりはできます。ですが治すことは自分自身でしかできないことなんです。これをまずしっかり理解し自立しなければ、治すことはできません。プラス、どんな薬剤も長期間、大量に服用したり、使用すると、だんだん効果はなくなります。これは特定のホルモンを使い切ってしまうからです。そして、薬剤の”ゴミ”が体内に蓄積し、さらなる悪化を招いたり、別の疾患の原因ともなりますので十分ご注意くださいませ。

わたしが提供しているオリエンタル・ビューティも、みなさんが花粉症を克服するため、自分力を高めるための環境づくりです。ミネラルの吸収と体内での利用ができるように促すと、からだの誤作動(アレルギー症状)が改善していきます。

大部分の方がミネラルの不足に陥っているのではないかと思います。ミネラルはからだの機能を正常がに保つために必要なんです。そのようにお伝えしますと、たいていサプリや特定の食材で強化摂取されるのですが、それでは不十分です。その訳は、ミネラルを摂取⇒吸収⇒利用するには、体内に余分な老廃物や毒素を抜く必要があるからです。きっと今の体内環境では、吸収も利用もあまりされません。

摂り込む前に大掃除。解毒・デトックス!!

デトックスには、二重の意味があります。先に言いましたように、ミネラルの吸収と利用の効率を上げて、花粉症のスイッチが入らないようにするためが一つです。もう一つの理由は、花粉が環境汚染により変質・異変を起こしていますので、体内に入ってしまった、からだに有害な花粉を排出する働きを高めるためでもあります。このデトックスによるふたつの利点がそろえば、花粉症による爆発的な症状は随分おさまるはずです。

わたし自身もデトックスを実践し、症状を軽減していきました。2014年に関しては、症状は出ましたが、我慢しなくても、お薬の服用も、使用もしなくてもいい状態です。実践して、明日からすぐ!!という即効性のある方法ではありません。わたし自身は1年以上かかりました。ですが、「治す」ためには、もっとも有効な方法だと思っています。

これからは健康美のために、いったい何にご自身のお金や時間をかけるか、それを厳しく判断していただく必要があると思っています。花粉だけではありません、これからもっと変質や異変を繰り返したものや、劣化したものが、からだにドンドン侵入してくるからです。現在主流になっている、強化摂取や服薬のような、ものごとの最初に「プラス」して、からだに負担をかける健康法よりも、デトックス機能を向上させて、体内の毒をマイナスしていただくほうが、抵抗力もあがりやすいのではと考えています。皆様はいかがお思いでしょうか。

ご自身にあった、無理のないデトックスの方法を提案します。
「オリエンタル・ビューティ・アドバイス」によるカウンセリングか、よろしければ内面の美しさと、みなさまの本質・特性をいかした、健康的で美しいボディラインを目指す「トータルボディコンディショニング」をお申し込みくださいませ。

4/29 オリエンタル・ビューティ・アドバイスより










朝、早く起きてみられませんか?

早起きの習慣をつけるんです。
重要なのは「早起き」であって、早寝しなくてもいいです(笑)。

習慣とは、一日二日、寝不足を我慢すればいいっっ…ではありませんので、やはりそのうち早く寝るようなるのではないでしょうか?早起きをしだすと、早寝の習慣もつきますね。

それから、重要なことは「早起き」がゴールではないことです。
「早寝早起き」がゴール?これも否です。

早起きのみ・早寝早起きどちらでもいいのですが、どちらもみなさまをご自身のゴールに連れて行ってくれるチャンスの一つなんです。朝早く起きて、行動を早めに起こすのです。

完全でなくとも徹夜や極度の寝不足をおして、仕事をされたことありませんか?その時、ずっと眠いには違いないのですが、朝の時間帯はまだ気力があり、なんとか働ける状態でも、それが午後を過ぎてしばらくすると、終業時刻までの残り時間を、何度も時計を見て、そのたび時間があまり進んでいないことにがっかりする、早く終わって帰りたい~、なんてありませんでしたか?それから、ちょっとしたきっかけで、早朝に起きだして用事をしたら一日がとても長く感じられ、有意義に過ごせたなんて覚えはありませんか?

人間は飲食物を摂取することで、からだとその内容物である内臓を動かす以外に、自然界・環境からもエネルギーを補給しています。全身で補給し全身に気として循環しているのですが、一番大きな経路に任脈と督脈があります。そしてこの経路の特徴は、単に周りから雑多にエネルギーを取り入れるのではなく、太陽エネルギーを取り入れ骨盤内で循環してる精気のエネルギーです。

太陽が昇る時間帯がエネルギー値が最も大きく、時間の経過とともに落ちていきます。ひとの生理機能を司っていますので、わたしたちも午前中は気力も精力も大きく、日が傾くにしたがって活動を落ち着かせ、こころもからだも休息の準備に入ります。太陽エネルギーは、正午には最大値の半分以下になっているとも言われています。午後からはどうしてものんびり、ゆったりしたい気持ちに駆られるのは、これはわたしたちの生理機能で生活の健やかなリズムなんですね~♪

だから早起き!!
働くなら早朝から!!
なんなら6時から勤務ってのはどうですか!?

シフト、規則、通勤時間やそれぞれのリズムがありますので、無理や我慢を強いてまではどうかなぁと思います。しかしです、こころとからだ、機能と生理現象が一致してくると、からだのイヤ~な不調は改善していきます。

これホント!!

精気が高い・大きいということは、午後から夜にかけて仕事をするよりも、2倍ぐらいははかどります。早朝に起床して、家事でもなんでも仕事をしますと、仕事自体も驚くほど早く片付きます。その分午後からは余裕がありますので、終業時間が遅くなり残業いっぱい~( ;∀;)なんてことはほとんどなくなるはずです。夜に残業するのは本当は非常に非効率なんです。朝にするほうがいいんですね。運動やレジャーもままならず、からだがしんどい、疲労回復がないまま毎日を送られているようなら、はじめはつらいかもしれませんが、一度試してみてください。新しい発想や着眼点が持てるとも思います。

みなさま本日も素晴らしい一日をお過ごしくださいませ。




コンセプトを覚えてますか?

コンセプト≒想い(ちょっと意訳しすぎかな(^-^;)

*がんばっているのに結果が思わしくない
*想像していたような成果に恵まれない
*やる気ばっかりで空回りしている

とにかく「なんでやねん!!」…

そんな気持ちや思いでいっぱいの方、ゴールデンウィークが明けるまでに、整理整頓・洗い直し・見つめなおし・立て直しをしてみてください。この期間を逃すと、ちょーっと大変になるかもしれません。以前にもお伝えしましたが、常識や社会通念に惑わされ、自分の「想い」とはかけ離れた損得の天秤でものごとを判断すると、嘘は嘘でつくろうようなことがこれから起こってきます。帳尻を合わせるため、さらに自分の気持ちを抑制した行動を続けるハメに!!からだも自覚症状だらけでエライことです。

それでも夏場は、陽で、拡散・上昇の時期。
気持ちもおおらかというか、
あまり細かいことは気にしないし、気にできない。
モチベーションが最初からあがっている状態。
勢いがつきやすい。
真っ赤なウソもつきやすく、こなしやすい。

ですが永遠に続くものはないんですね~。
始まりがあれば、終わりは必ず来ます。
季節がめぐり、歳が重なるように。
原因があり、結果がある。

無理や頑張りが、11月ごろから露呈し始めると思います。

四六時中ストイックで、苦節苦難をたくさん乗り越えるのが好き。それも大きければ大きいほどサイコー…そんなМな方以外は、キーワードはタイトルの通り「コンセプト」にそって見直し立て直しです。

あなたがはじめた「ものごと」
あなたがつくった「ものごと」
あなたが生み出した「ものごと」
その時のあなたの「想い・コンセプト」はなんでしたでしょう?
なんのために、誰のために、何を想い、何を考え、なされたものですか?

わたしたちはからだと感情は瞬時かわります。しかし、持っている性質・魂というものは不変だと思っています。それから考えると、魂(コンセプト)を大切に忘れずにいれば、自分というものが保たれ、からだが喜びうれしい結果を受け取ることができるといえます。商品も、コンセプトを放置して、利ばかりを追いかけすぎると、商品自体にこころがなくなり、一気に雑になります。心がないものは、何よ需要側との観点がズレはじめ魅力が失せます。俗に「一発屋」なんていったりします。

わたしのいう商品とは、技術・芸術や手技もそうですし、教育とか指導というのも含まれます。

レッスン・ワン
コンセプトはなんでしたでしょうか?思い出せますか?こころがこもってないものは使い捨てにされます。これからはその気がどんどん高まります。

レッスン・ツー
ご自身が利益と思い込んでらっしゃる、不要なものごとを整理整頓です。勇気を出して捨てるのもOKです。捨てるは始まりとも言います。

レッスン・スリー
待つ!!です。じっと待つ。結果はすぐには出ません。長い間くすぶる状態かもしれません。自分から羽ばたいて、がんばって空を飛ぶのは簡単なんですよ。できることはないか、何をすればいいのか探す、飛ぶ必要もないのに空に浮かんでみる…苦しい時、つらい時、対策を何もせず、藁にも縋らずじっと待つのがどんなに難しいことか。

まわりのひとの力やつながりで「飛・跳ばせてもらってる」
この意識が心の底からもてる時が来るまで待つのです。この力は無限です。
わたしが、俺が、自分が~~~と鼻息荒く動くのは限度があるってことです。

ちっさ(笑)!!

身辺整理を強制しているわけではないですよ~(笑)。 すっごい強運の女神が守ってくれて、逃げ切れるかもしれませんしね~♪
どちらの方法も、どの道も、あなた次第です。

僧でなく、俗でもない。なにごともバランスがカギです。

毎月スタジオの近くにあるお寺の先生(住職のことをずっと以前から「先生」と呼んでいます)に、法話をしてもらっています。特別そのお寺の宗派でないと!!と思っているわけでもなんでもありません。ちょっとした思いつきからです。私自身もなんでこんなことし始めたのかな~とときどき思ってます(笑)。ただ、このおはなし会は、仏教の教えを説いてもらうわけでも、正しく生きるには的な高尚なお話を頑張って聞く…わけでもないんです。

この宗派はとてもおおらか。
たとえばほかの宗教や宗派を信仰している方、
もしくはほかを信仰してはいけません、

そんなやつぁ~ひとにあらずじゃ!!(そんなことはいわないね(笑))

そのような厳しい戒律や規律のようなルールがありません。
つまり「こうしなさい・こうでないといけません・こうするべきです」というものがありません。

アウトローなわたしにピッタリ(^▽^;)

「おおらか」という言葉を使いましたが、古来、日本国内の生活というのは、とてもおおらかだったのです。太陽が昇れば働きに、沈むと家に帰る。夜はセックスをして寝る。昔はとても若くで(基本、生理があれば)女性は嫁ぎましたから、今のようにエロ産業がある時代よりも、もっとたくさんの人がセックスをしていたんじゃないかなぁと思っています。

私好みの時代ですね♥

セックスというのは、単なるおとなの娯楽ではなく、一日の清算、こころとからだをときほぐす時間、新たな一日に向けたこころとからだのリセットやケアでもありました。こういうふうに説明してしまうと、機能解剖学で管理された小難しい、色気のかけらもない話しに聞こえてしまいますが、普通に親やコミュニティから子らへ日常として継がれ、自然営みとして昔のひとたちにはあた前だったのです。あまりよく知りもしない若者どうしが結婚することも多かった時代。それなのに結婚生活の破たんが、現代ほど流行って(笑)いなかったのは、世間体を気にしてだけではありません。毎晩あるセックスが気持ちよく生活が健やかであれば、別れる理由がないのです。自然とともに生活するとはこういうことなんですね。

では現代はどうかというと、特に朝の通勤時間帯に観察してもらったらよくわかると思うのですが、意図して社会や政治に気力を精気をそがれてしまってます。常に疲れ切った状態。伝統食から急激な離脱や変化。薬品・医薬品の蔓延。生活様式がかわり、利便さが向上しすぎて、からだの機能を極限まで落としてしまって、呼吸もほとんどしていない状態。骨や関節があまり動かない状態は、実はどんなに脂肪を減らそう、筋肉を鍛えようとしても大した効果は期待できません。動きが悪い筋肉は柔軟性や血流に乏しく温度も低い。感覚器としての役目も鈍くなります。太りやすく痩せにく場合や、オルガズムの感覚がない、もしくは浅い、には感覚器としての筋肉の働きが関係していると思います。一概にこの原因だけとはもちろん言えませんが、こころとからだが解放される瞬間はとてもとても少なくなりましたね~。残念なことです。

生まれ持った魂は変化しないと以前のブログで書きましたが、それと同じように国の魂も、ちょっとやそっとでは変わらないものなんです。200-300年ほどかけて徐々に変化します。そんなに長い期間をかけて成熟していくものを、わたしたちはほんの一瞬で塗り替えてしまいました。変化を呼び込んだ本人が、急激な動きについていけない、追いついていけてないのが現代です。

「僧でなく、俗でもない」

今回の法話で、先生がおっしゃった言葉です。
先生は、京都市北区にある「唯明寺(ゆいみょうじ)」というお寺のご住職です。浄土真宗大谷派のお寺です。先生はとっても気さくで、なんでも聞けるし、教えてくださる、わたしと同じぐらい脱線話が好き(笑)。浄土真宗というのは、親鸞聖人が開祖で、親鸞聖人という人はお坊さんとして、公に初めて妻帯をし、肉食をなさった人です。

コソコソ裏でするのが当時の流行りなのにwww

セックスすることや肉を食べることが堕落ではない。人間として当たり前のこと。真の豊かさ、ひとの使命というものは、そういったことを超え、まわりに生かされていることやすべてとつながっていることを知ること。僧として人前だけでエラそうにしているだけでは、ひとの気持ちや豊かさから遠ざかり、だからといって好きほうだい、自分勝手にすると、使命を忘れてしまう。これが僧でなく、俗でもなくの意味で、バランスの大切さを表したものです。

現代生活が、わたしたちの言動が、環境とあっていない、反対に激しく環境を悪化させているといっても、じゃあ数百年前の生活様式や習慣に戻せばいいかというと、これもまた極端で偏りがあり、実際的ではない。時代や環境だって止まることなく動いているのですから。私たちの行動の影響を常に受けているわけですから。変化しているわけです。だからといって、今の自然や環境と、わたしたちとの間に横たわるズレを放置して、不具合を技術で誤魔化し、享楽にまみれた生活を追い求めることは、わたしたち自身をむさぼらせ、滅ぼしてしまう。こころ・からだの機能が低下して、いろんなところに不具合が出てきても文句は言えませんね。どこまで戻せばいいのかは、わたしも考えたことありますが、正直わかりません。

ただ、ひとりひとりが真実を知ることが、真の豊かさの最初のステップになるのではないかと思っています。

よろしければ、スタジオ・ナンノで開催されています「唯明寺おはなし会」においでになりませんか?まったく肩こりや腰痛といった話は出てきませんが、先生の話される内容は、すべてに通じることばかりです。そして、数少ないこころ・からだをときほぐす一端をでもあります。つまり、おもしろい!!

どうぞ、ウェブからお申し込みくださいませ。「唯明寺おはなし会参加」と書き込んでくださったらいいだけですよ~。詳細はHPの最下部に「イベント案内」という枠があります。そこをご覧くださいませ。ありがとうございます。



いのちの保証はありません。かけがえのない時を大切にしてください

4月1日は「エイプリルフール」とよばれる日でもあります。ハッキリとした起源はわからないそうですが、一般にとらえられているような「嘘をついてもよい日」ではありません。人騒がせで、はた迷惑な各種メッセージや記事をばらまいてもいい!!は大いなる勘違いです。そんなこんなですから、早朝から待ってました~!!とばかりに、ひとの気持も考えず嘘記事をUPする、よく知りもしない大いなる勘違いのおバカさんたちいるこの日が大嫌いです。嘘ついてもいいよ、なんて許可をする教育や文化があるわけない。

どうでもいいんですけどね(笑)。毎年思うのです。誰のためにもなってない、書いた本人にとっても、目にする側にとっても、時間の無駄だな~と。

そんな騒がしい日にオリエンタル・ビューティ・アドバイスをいたしました。からだから心に、こころから体に。心はこころのカウンセリング、体はからだの専門家、というふうに割り切って限定してしまわず、柔軟にリーディングをして対応しているのがスタジオ・ナンノです。

さて、エイプリルフールのおバカ騒ぎに、少し通じるところがある今回のアドバイスです。

「あした、あなたの命がある保証はどこにもありません。一寸先は闇といいます。改めてそのように考えると、命の保証がないことは、いつまで生きているのか約束されていないことは、よく理解いただけると思います。しかし、普段はそんなこと考えもしませんよね。

4月から消費税があがりました。世間で、3月にどういうことが起こっていたかご存知ですか?ガソリンを入れるために長い列をつくり待つひと。日用品の大量の買い出し。とにかく税率が変わるからと、自分の時間をさいて、列に並んで買い物をするたくさんの姿がありました。

それをみて私は考えてました。この人たちは、自分たちがこの先、買い込んだものが消費できるまで生きていると自信があるんだ、明日もその先も生きているんだと思っているんだと。たとえば数十万、数百万、数千万円という金額の大きな買い物ならともかく、日用品の数百円を節約するために、限りあるプライスレスな自分の時間を、並ぶ・待つ・イライラに、わざわざ使うのはとてもおかしなことに見えてなりません。企業や政治に踊らされてるとしか思えません。

限りある時間。かけがえのない時。

あなたが熱意をかけているものにお使いください。あなたが一緒にいたいと思う、たいせつな方と時間を共有してください。常識といわれていることに振り回されずにです。心から望むもの、ことは何かをお忘れになりませんように。お金を目標として動くとうまく循環していきません。お金は結果としてついてくるものです。

ご相談いただきました、こりやつまり感のヒドイ腰背部。これはご自身が症状を自覚されるだけにとどまりません。かたい筋肉は代謝が思わしくなく、血液をはじめリンパ液やエネルギーの流れだってスムーズさを失います。からだに現れていることはいずれ感情や生活習慣にだって反映してきます。からだに出てきている症状は、いったんは緩和することができます。ですが、自分自身であったり、自分の想いを軽視して常識的な判断をされますと症状は戻ってきます。感情的な、内面の理由だけではありませんが、血流が落ちる、滞る、には原因があります。単に、揉めばいい、マッサージで解消!!は一時的なものでしかありません。

今なさっているお仕事もライフスタイルも、わたしからしてみれば、とても一般的とも常識的とも思えませんよ(笑)。そんな自由な方が、自分の想いや熱意を封してしまっては、ものごとうまくいくはずがありませんよね」

オリエンタル・ビューティ・アドバイスは、からだの動きや症状だけでなく、内臓の機能改善や食事や生活習慣などの提案を通して、お受けいただいている方それぞれの特性をいかし、無理なくキレイをサポートしています。すべての方に、今回のアドバイスが合うわけではありませんが、何かピンとくるものがありましたら心にとどめておいてください。

あ~~~、くだらない記事を読んで、時間を無駄にした!!そんな苦情は受け付けませんのです(笑)


こころとからだは同一ではありません

【しかし、こころとからだは別のふたつのものでもありません】

互いに作用しあっている、影響を受けているものです。

こんにちは、スタジオ・ナンノの南野です。
わたしはこちらのウェブブログ以外にも、アメブロやフェイスブック、美容関係のサイトにもメッセージを載せることがあります。もちろん、わたしが友人の記事をみたり、ほかの方の記事を閲覧したりもします。

どちらかというと拝見する機会のほうが多いでしょうか~~~(^-^;。現在は、出張が多く、自分の記事はお休みすることが多い…スタジオ以外でお仕事するときは、休息を優先させます。明日のお仕事が、わたしらしく、正しく行えるようにです!!

自分がしっかりとしたエネルギー循環ができていなかったり、チャージ不足だったりしますと、クライアント様にそれこそ適正な効果をお渡しできなくなります。

ハイ、栄養・休息・運動の健康美バランスです♥♥

筆不精に対する言い訳に聞こえるのはなぜでしょうか…あはは。

「わたしらしく、正しく」
これは私流の判断の観点で、ただしくクライアント様の現状を読み取り、私流の方法で効果を出していくという意味でもあおるのですが、最近、自分の判断や観点、ひいては表現に迷われる方や、ケースが多いような気がします。これではいけない、もっとこうしなくては、あのようにならなくては、このように外へ外へと情報を求められ、自分を探求しない、別の誰か・何かに変わろうとされる…

まったく違うものに変身することは、別段悪いことではありません。しかしです、常に無理を自分に課していますと、己という柱が崩れる、整備不足に陥ります。自分の本来の目的や希望を忘れたり、失ったり、思い出すのに時間がかかるようになります。

だって、表面的なことは私たちは変化できても、魂といいますか生まれ持った性質というものは変わりませんからね。そうすると、心の底から希望していることと、全く違うものを選び取ってしまわれ、後々、自分自身に対して大掛かりな改革や手術が必要になってきたりするのです。

これは「心と体は同一ではないが、別の二物ではない」からです。

改革、改造や手術もたまーーーになら頑張りもききますが、たびたび、毎度、はキツイですよね。まぁ、たびたびバコーンとおおがかりな軌道修正をするのか、面倒でも丁寧に自分で覚悟をもって受け入れるのか、どちらがお好みですか!?ということなんですけどね(^-^;。

嘘つくと、それを繕うのにまた嘘つかなくてはいけないでしょう?
でも、嘘は必ず明るみに出ます。
いや~~な、つら~~い、軌道修正の瞬間がやってきます(^▽^;)

自分のからだの声に従って行動してみてください。勇気をもってほしいのです。ご自身の中に、合理性や損得勘定や常識で考えるとYESなのに、自分が訳もなくNOと感じているときも注意が要ります。自分に転機や節目が訪れているということですから。そのときはぜひ素直に自分の想いの通り動いてみてください。

何を得意とし、何をしに生きているのか、
すでに自分は深いところで知っています。
知らないのは顕在意識で動いている自分です。

まぁ、がんばって合理性・利便性・利益・常識を追い求めるのも、これもひとつの方法です。からだは悲鳴をあげますが(笑)。

自分の中心軸を強化するときも、反対に自分を殺すときも、そしてどうなさりたいかを発見するサポートも、どの道も楽にお進みいただけるよう、わたしたちセラピストはお手伝いしますよ~♪

軌道修正も楽に乗り越えられるようにね。













腰痛と骨盤の関係。腰痛はどうして起こるの?

仙腸関節ってお聞きになられたことありますか?

骨盤画像.jpg
背骨と骨盤のつなぎ目にあたる「仙腸関節」は、からだにとって非常に重要なキーを握っています。 この関節は、わたしたちにとってからだの機能面・スピリチュアル面、両面のポイントなのに、すいぶんと扱いが厄介なところがあります。耳状面で仙骨と寛骨(腸骨)がつながっているのですが、ひとそれぞれに柔軟性というか、個性が出るところで、非常に個人差が大きいのです。さらに意識が向きにくいところでもあります。

その動きは複雑で、繊細。

本当にちょっとしたことで「固まる」、動きが詰まります。機能解剖学上の細かい説明はすっとばしていきますが、この詰りが腰椎だけにとどまらず、背骨全体の動きを制限し、腰痛だけでなく肩こり他を招くことが非常に多い!! 腰痛が自覚されるようになった際、皆さんに覚えがございませんでしょうか?脚をちょっと滑らせた、しりもちをついてしまったなど。もしかしたら、いつもとほんの少し仕事内容が変更になって、頑張りが必要だったとか…本当にちょっとしたこと。 ショックや不慣れな力み、何とか乗り越えたいという頑張りは必ず背中、特に腰あたりに出ます。もちろん実際のからだの踏ん張りだけでなく、感情の踏ん張りもそうです。ここで仙腸関節の動きが固まってしまうなんてことはよくあります。

扱いが困難というのも、骨盤のケア・調節は、足の先から、手の先、頭の先までを意識し、呼吸にそれらの動きをあわせてしか調節できない複雑さがあります。骨盤の調整=骨盤のみを調整・運動…これをしてしまいますと、腰背部の痛みや症状はひどくなる恐れがあります。機能解剖学的要素がない、安易な骨盤体操や調整の本およびDVDを購入して独自でなさることはオススメできません。ご自身のからだを実際に触ってみていただければと思いますが、骨盤は全身のちょうど真ん中あたりに位置していると思いませんか?上からもおされ、下からも抵抗を受け、している骨盤は、自分だけで基本的には調整できないものだとお考えください。

骨盤の状態は、腰痛や肩こりなどとかかわりが深いのです。ぜひ、メンテナンスやボディケアを依頼されるときは、お好みもあるかと思いますが、できましたら「骨盤命!!」で施術されるより、一物全体的観点ですすめられる方をお選びいただくと、根本的な治療や調整につながります。

スタジオ・ナンノもそうですね。
ここでちゃっかりPR(笑)

KaQiLa~カキラ~はBMCの一端を担っています

ユキさん2014.2.jpgのサムネイル画像「こころとからだの関係は、風と砂によく似ている。
風はこころ、砂はからだ。
目には見えない風も、
砂がどのように動くかで、
風がどのように吹いているかがわかる」

ソマティクス(心身学)の中に、BMC(ボディ-マインドセンタリング)という部門があります。わたしが指導にあたっています「ろっ骨エクササイズKaQiLa~カキラ~」は、このBMCの一部です。

カキラは単に型を行うだけでなく、学術でもあるんですね~♪
少しはエラそうに感じていただけましたか(笑)!?

さて、そのBMCってなんでしょうか?という話なんですが、先に書いた「こころとからだは風と砂」の通り、感情やメンタル面はからだがどのように動くか、本人が動かしているかをみれば、感情やこころの状態は知ることができ、反対に、感情や内面的なことはからだそのものやその動きにも反映されてくる。こころとからだをシンクロさせて動くことができれば、自分の才能やパワーは最大に出すことができる…

つまりは、からだの不調も感情をはじめとするメンタル的な不調も、からだの不調だからからだを、メンタルだからこころのケアを!!では不十分なんですね。双方が影響しあって私たちの現状がつくられています。

将来性に不安を感じるというのは、自分自身で、自分の能力、才能や技術に信頼を寄せていないことが多いのです。もしこれが、今やっていることが嫌で嫌で… 努力する気にもなれない!!というのであれば、そのなさっていることはご自身に合わないことですので、自信をもってお止めになってください。そうではなくって、「わたしにはこれしかない」とお感じでしたら、不安でもいいのです、ぜひ今なさっていることを続けてください。不安とともに歩み、いつかは不安を克服してください。

もう2年半ほどになりますでしょうか、休まずスタジオ・ナンノのKaQiLaレッスンにお越しいただいていて、京都市内に在住の作家先生がいらっしゃいます。およそ一年前に講談社のアニメ化作品選考会で、めでたく新人賞をおとりになり、処女出版をされました「ササクラ」先生です。 ササクラ先生は、実はこの目指していた賞をおとりになられながらも、紆余曲折、作品のアニメ化・ゲーム化が見送りになった経緯をお持ちです。その時、イラストのほうで新人賞をとり、コラボをしたイラストレーターさんの方は、スタートは同時ですが、順調に活動をお続けになり、今では売れっ子さんらしいです。

複雑な心境だろうなと思いました。
そんなことどこにでもある話と言ってしまえばそれまでですけど。堪えただろうな~。

そのササクラ先生にかかわりの深いお話しがあります。
はじめてお越しただいたのは、今でも一緒に通っていただいてます、先生のお母様が引っ張ってお連れになられたからです(笑)。本当にそんな感じでした。ご自宅でずーっと創作活動されていることもありますし、もともとあまりというかまったく運動には興味がない方でした。からだ動かすことが嫌い。わたしもどうアプローチをかけていこうかと真剣に悩みました。続けていただかないと!!と直感で思っていたからなんですけど、本人が気に入らなければね~。こればかりはどうしようもありません。わたしがひっぱって、ムリヤリ動かすなんてことはできませんから。もう運動は「こうである」という思い込みがあり、運動ってそんなに難しくも大変なことでもないですよ~っとわかってもらうところから始めたのです。

運動というのは、皆さんが一般に思ってらっしゃる運動だけが運動ではないんです。 もっと身近で、簡単なことですよ。 最初のボディチェックで、おとしはずいぶんお若いのですが、明らかに関節もそうですが、からだ全体にロックがかかってしまっていて。どんな作品を描くにしても、からだがこれだけかたくなだと、うまく運ばないのではないのかなぁ...というひらめきがあったんですね。先生本人は、暗い追いつめられるような作品を描くからとおっしゃるのですが、それとはまた違うんじゃないかと考えたのです。からだの動きを、動かせる範囲をかえることで、迷ってらっしゃる落ち込んでらっしゃる思考を、転換できるポイントになるのではないかと。 いまでこそKaQiLaはBMCという学問のひとつと認められ、からだの動きからこころへのアプローチができると認められていますが、当時はうちの師匠や認定者同士が「なんとなくそうだろう」と感じて思っていたのみにすぎません。つまり、まわりからは「ぷ~っっ!!あほちゃいますか!!」と笑われることが多かったのです。事実、わたしがあるグループにおける発表で、ササクラ先生のからだの動きを改善して、自分の作品に信頼を持ってもらうきっかけに、そしてこれからさらに活躍されるサポートに取り組んでいますといいましたら...

動の分野が静の分野にかかわれるはずはない。
こころの分野はサイコロジーを学んでいないとできない。
思い上がりもはなはだしい!!

なぁ~んて言われたものです。
なつかしい話です。 ヒーラーという言葉を出したのがまずかったのかもしれません。ヒーラーになりたいと切実に思ってらっしゃった方が何人かいらっしゃいましたから。これに関しては、わたしの先生陣のおひとりに言わせると「自分はヒーラーです」と決心するだけでいいと、責任を持つだけでいいといわれましたけどね。みんななんだか七面倒くさく考えるわりに、肝心要が抜けているって言ったらまたどこぞから文句がきますか(笑)

とにかくわたしが初めて自分の判断を信頼した時がこの時です。根拠がなかろうが、なんだろうが、ササクラ先生のケースに関しては間違いがない!!その後はもう一切この件には、外で触れることはありませんでしたが、自分の判断を信じ、先生のサポートをし続けました。大きな賞を受賞されて、一転その後心痛なことが多かった先生。その先生が創作活動もKaQiLaもやめずにお越しなんですから。わたしもあらたに決心しなおして、調整にあたっていきました。

そうすると、先生のからだの動きに大きな変化が見られるようになりました。動きにも流れが出てかっこよく動かれるのです。柔軟性もかなり上がりましたし。そうしましたら、次々と出版や連載のお話が決まっていって!!課題はまだまだあります。突如としてまわりの事情で見送り・ボツになることも経験済みです。ただ、今この時だけはレッスン後、先生本人とそのお母様とわたし、大いに喜びあいました。これからもわたしにできる事があれば、それが求められるようであれば、精いっぱい努めていきたい、それがわたしの喜びでもあるから。 すくなくとも自分がこれだけは譲れないと感じるときや、ここぞというときは信頼を寄せるべきだと思います。一番信頼できる、自分のために精一杯力を貸してくれているのは自分しかいないのです。先生にもきっとそんな思いが湧き起ったのに違いありません。

さて、KaQiLaとそのメソッドのことなんですが、近頃ではセミナーや勉強会で実際にからだの動きを読み、からだを動かしてもらうことで、からだとともにマインドにも作用がおよぼされると教えてもらうことができるようになりました。これはスピリチュアルなことではなく、学問、大学で実際講義されていることです。これがBMCという学問なんです。マインドに対するアプローチは心理学だけではないですよ、からだとその機能からはいることもできますよという学問です。だからこそ、できないことがあることを知らなくてはいけません。ご依頼主の意向をくんで、サポートしたり、お手伝いしたり、これはわたしたちにできる事であり、わたしたちKaQiLa認定指導者の仕事の一端かと思います。ひとをかえよう、治そう、影響をおよぼそうなど、これはわたしたちにはできないことです。ご依頼主ご自身でしかできないことなんです。忘れてはいけない骨子ですね。

スタジオ・ナンノのレッスンには3名の方がご参加でした。 アメリカにご旅行なさっていた受講生様もお戻りで、お疲れのご様子でしたが、楽しくご家族様と思い出の地でお過ごしになられて、大変うれしそうでした。強行軍でしたよ~と言いながらも、いろんなエピソードをお話ししてくださいました。お土産としていただきましたのはダークチョコレート。わたし苦みが効いたチョコが大好きです。たくさんいただきましたので、ササクラ先生ともわけました。 ありがとうございました。 いつもお気遣いただきまして感謝いたします。 お心をくだいていただき光栄です。

ササクラ先生、大きく飛び立たれましたときは、何卒スタジオ・ナンノでのことを大きな声でお話しくださいませ(笑)!!

心と体の動きの良さは、ものごとの流れの良さにつながります

4月4日にお受けいただきました「オリエンタル・ビューティ・アドバイス」から一部抜粋します。

オリエンタル・ビューティ・アドバイスは、入念なボディチェックや問診を行います。その後、お受けいただく方それぞれのご希望や現在の状況をふまえて、その方らしいこころとからだの健やかさや美しさをサポートするコースです。

すべての方にあてはまるわけではありませんが、多くの方にあてはまるケースが続いていますので、ピンと響くものがありましたらご参考になさってください。


どちらでも判断できる、どうとでもとれることなのに、
「こうでないと。こうあるべき。こうなはず」…
このように思い込んでいるものごとは多いのです。

ああでもない、こうでもない、と考えず、
そのままありのままに受け取るというのは、
そういうふうに考えると結構難しいことですね~(笑)

そんな時はですね、
ご自身によく聞いてくださると、
スッキリ・くっきり・ハッキリと考えがまとまります。

困難な場面に直面した時も、
判断を問われているときも、
自分という存在は答えをすでに持っているものです。
一般的にはこうだから、
常識で考えるとこのほうが、
倫理に反する、
このように世間体や常識論にとらわれると、
出る答えも出ません。残念ながら。
ラビリンスにはまり込むだけです。

自分はどうなさりたいのですか?
思っていること、こころに浮かんだことを、
そのままいってみてください。
いいもわるいも考えず、
ありのままを出してみてください。

もうすでにこころの中に、
どうなさりたい、
どう進めたい、
何を選択したいか、
そんなことはすでにきめてらっしゃることだと思います。

本当は、その答えに向かって努力したり、必死に工夫・工面したり、そのほうが実が伴い、充実するのではないでしょうか?現代はあまりにも合理的に、理性的に、金銭的に考えすぎるきらいがあるように思います。

これは自分というもの、自分の特性を失いやすい環境になります。

邪魔をするのはいつも「でもね。ですけど。しかしね」という言い訳なんです。
起こってもいないことを、
スタート地点に立ってもいないことを、
あれこれ考えても判断はつかないものなのですよ。
ぜひ、そんな時はそのまま想いにしたがってみてください。
なんだか理不尽なように思えても、
実際に行動してみて初めてわかることも多いのです。

もちろん、
こころに浮かんだことを、想ったことを、
やめてしまうのもひとつ方法であり、判断です。
それはそれでまた別の道が開いていきます。

どちらも間違いではなく、
そちらかがより一層いい方法というわけでもありません。
単に判断や観点が無数にあり、
どれも意味があり、
受け取る結果が違うのだと私は思っています。

要は自分で選び取り、
思うように進めてみる、
その気持ちが大切なのだと。
何も素早く、即決しなくてもいいのですよ。
じっくりでOKです。
ゆっくりでOKです。
そのかわり理由があろうがなかろうが、
自分が少しでも違和感やいやだと拒否してしまうことは、
無理してすすめないことです。
そうすれば、
そこに必然という理由がうまれ、
自分らしいただしい道に導かれていきます。

Don't think, but just feel.

選び取ったものには、
必ず結果がついてきます。
ものごとの真理です。
そこには理由があり、
必然があり、
無駄はありません。

ご自身で選び取ってください。


















男性のご利用が断然多い「オリエンタル・ビューティ・アドバイス」

自信を持つ、自分を信頼することって、必要不可欠なことです。
おろそかに考えてはいけません。
次、明日、これから先に向かって踏み出す原動力です。

秋ミネラルスープ.jpg
さて、今年度に入って初めてのご利用は、4月1日のオリエンタル・ビューティ・アドバイスです。「ビューティ」とついていますので、男性のご利用は少ないかな…と開設当初は思っていたのですが、どうしてどうして男性ばかり!!といってもいいぐらい(笑)。ビューティという言葉をありのままそのまま受け取ってくださる男性が増えてきたということでしょうか?うれしいことです。

ざっくり申しあげますと、このコースは食生活を中心に、皆さまお一人おひとりが、自分らしく活気にあふれ、健やかな毎日を過ごしていただくためのサポートをしています。食生活・食養生を中心にアドバイスをするのは、毎日必ず食べて飲みする行動は、いかに影響が大きく、何を選択して口に運ぶかがどれほど大切かです。影響というのは何もからだに対してだけではありませんよね。からだに作用するということは、こころにも同じように変化が訪れることを指します。

食事の提案は、「栄養学」をもとにはしません。

う~~~ん、栄養素は大切ではあるんですけどね、そこにばかり目を向けると、とんでもないものを食べたり飲んだりするようになるんですよ(*_*)。現代がそうなんですが、本来は国内では手に入らないものや、お住まいの地域の環境や季節感に合わないもの、自生しない食材や、科学的に合成されたり、そうでなくても濃縮や精製されたサプリメントを摂ったりします。

これ、とってもからだに負担がかかります。
解毒や排出が困難で体内に蓄積されたり、
その蓄積したものがからだを誤作動させたり、
体内環境を激しくたるませたり、反対に収縮させすぎたり。
効果を期待して摂ったのに、とんでもないことに…

はっきり言って、ロクでもないことになります( ;∀;)

ここから先については、実際に利用いただく方それぞれ違ってくるのですが、要は個人を環境から切り取ったような食事や養生をすると、エネルギー代謝や循環がうまくいかないのかなと考えています。自分が好きなもの、その時食べたいものを思いっきり。おいしいものを毎日…いいんですよ、それで。ただし引き換えに何を差し出しているかをきちんと理解して、それでも食べたい、飲みたいのでしたら、それで。その場合はご自身のからだがフル稼働であなたのために働いてくれるでしょうから。大概、そのことをご存じなく、過ごされている場合が多いのです。その観点をちょーっとばかし違ったところから判断してもらえるようにしていま~す。

それに、食事面以外も提案はいたします。必要であれば。希望されていない部分には触れないようにはいたしますが、できれば信頼していただき、無理にとは言いません、できる限りあなた様のライフスタイルをお教えくださればと思っています。お聞きすることはすべてカギです。とてもとても必要で重要なこと。これを話して、お教えていただくことで、ご利用いただきました方々は、その後お仕事面でも、金銭的なことも、対人関係でも、納得のいく結果を受け取り、自信をもって進んでらっしゃいます。

はい、はじめはたいていの方が「なんでそんなこと聞く?」とびっくりされます♪

ただ、そんなこと!!と切り離してしまうから、前にも言いましたとおり、スムーズに循環していかず、自分本来の姿や才能を忘れてしまうとも言えますよね。なんて自分て小さく、つまらないものだと思ってしまいがちですよね。オリエンタル・ビューティ・アドバイスで自分という柱を、柔軟で流れがよいものに調整なさいませんか?




12

« 2014年3月 | メインページ | アーカイブ | 2014年5月 »

このページのトップへ