HOME > いつまでも健康で美しくを叶えるナノニエルの魔法書

いつまでも健康で美しくを叶えるナノニエルの魔法書

新体操作技法・雑巾がけ

マジですよwこの前の日曜日も、雑巾がけの教室してましたw

教室でわざわざ雑巾がけを習ってもらわないとできない、その重要性がわからない、そんな方がだんだん増えてます。絞れない、磨けないをはじめ、家の中の汚染してるってこと知らないのです。

絞り方や拭き方を間違うと、掃除どころかさらに家の中を汚染、雑菌をまきちらすことになりますし、なにより関節痛めます。

ちゃんと絞った雑巾で、ちゃんと拭き掃除すれば、家内安全かつ身体トレーニングになります。

ジムやフィットネスに行ってトレーニングしても、そんなのは一日のうちで数時間、ほんのいっときです。

それよりも、毎日のこういった動作や身体の使い方を機能的なものにして、丁寧に用事をこなすほうが身体にとっては何倍ものトレーニングになります。実際、わたしは家事のほぼすべてがトレーニング、エブリデイ、エブリタイムがトレーニングです。

これが大抵の方、ジムに行く方よりも姿勢がよろしい理由です。

もし、あなたが姿勢の変化や体型の変化が嬉しくない方向に進んでいるのなら、ぜひこういった日常の動作がまずいのだと悟ってほしいです。そこから直すようにしてください。いきなりジムに行って、バーベル持ち上げたり、腹筋運動始めても、先に書いた理由でちーっとも効果ありません。

そして、間違ったフォームや動きで回数をこなしてしまうと…怖いですね。当然身体が壊れてしまします。

うちの教室の受講生さんは、ご自宅で毎日雑巾がけしています。わたしの家とは違って、大きなお家です。それが毎日できるのは「正しい絞り方と拭き方」のおかげなのです。

正直、わたしのほうがそれに比べると、

毎日ですか?!^^;
家の中の環境にとっても自分の身体にとっても大切なことはわかってるんですが、毎日はちょっと^^;…


なーんて状態でしたので、みならって今週から毎日するようにしました(汗)


身体操作と歩行!大文字・銀閣寺登山口~山科毘沙門堂

毎週登ろう「大文字」!
まだたったの2回目!
メンバーはわたしひとり!


先週、普通のスニーカーで登って、下りでお尻が砕けるか山が割れるかっていうほど足を滑らせてお尻をうってしまったので、この日はまず、靴を買うことにしました。みてみて~♡大好きなパープル~♡

なんちゃん、登山で疲れて足がむくんで極太になってかわいそうに…
trekkinng shoes.jpeg
…って、もともとのサイズや!登る前やし!<シヴァク

前回と同様、登りやすい銀閣寺から登りました。

5月とは思えない暑さのせいか、山に入る前の坂道からしんどくて、登りだしても何回か途中で引き返そうかと思いました。装備が揃ったのに、なんだか身体がずしーんと重くてしんどくいのですよ。少し休憩すると回復するので、休みをこまめに取り、いつもより時間をかけて登りました。

火床は地獄の釜でしたね。ハゲてますからね。日光を遮るものがなく、休んでいてもガンガン日を浴びるし、休憩とはなんぞや…状態w

daimonji-sidefirebed.JPG

daimonji-firebed-may.JPG
地面見てもらったらわかると思うのですが、草が枯れるくらいカサカサ。あがったの15時頃でしたが、だーれもいないのw

もうこうなったら、頂上へ行くしかない(汗)
あそこは木陰もあって、風も気持ちいい。

この前と違って、頂上までの行程の方はラクに行けました。やっと靴の効果が発揮された感があります。

頂上について、水を飲もうとリュック開けてびっくりですわ。分厚くおも~~~いテキストと飲料水が1㍑余分に入ってました。なんかずっしり肩に乗ってる…子泣きじじいかもしれん…なぁーんて考えていたわけですけどね。違った。

登ったときは、山科に抜ける予定はなくて、きた道をまた戻ろうとしていたんですけど、あの暑いハゲた土地をガンガンにお日様に照らされながら…と考えると、頑張って山科の方に行ったほうがいいんじゃないかと思えてきましてね、ええ。倒れてしまうと。

近くにいた殿方に、山科にいく道は、初めてでもわかりますか?と尋ねました。偶然にもその方は山科から登ってきた方で、山科に帰るから、案内しましょうって言ってくださいました。

親切さんだ!親切は受けなくては!決して案内を買って出てくれるのを待っていたわけではないですよ!

頂上にきてすぐわたしが声をかけたので、休憩もそこそこ、ゆっくりラジオ聴こうとしてたのに腰をあげてくださいました。

親切!嬉しい!だからといって案内してくれるまで粘ったわけではww

そのはじめての山科へ向かう山道は、やはり案内が少なく、これ…道ですか…ってところも何箇所かあっておもしろかったです。

あちこちで木が倒れているのは去年の大型台風のせいで、山科方面はまだ荒れているところがあるのだとか。本来の登山道がそんな感じなので、その方はそのようなややこしいところを避ける抜け道や回避する道を教えてくれました。

またお会いしましょうね~と毘沙門堂のところでお別れしました。2度目の道案内はきっとないですね^^;ちゃんと道を覚えなきゃね^^;

ということで、一部市街地でバス乗りましたが、北区にあるスタジオから自宅までほぼ歩きで帰りました。

全行程が徒歩になる日も近いなw
Screenshot_20190526.jpeg


山歩きは身体操作トレーニングのひとつ

身体操作トレーニングは、何もマットの上やスタジオですることのみが、そのトレーニングではありません。

姿勢制御ができるようになれば、歩行トレーニングが待っております♡

ということで、わたしは如意ヶ嶽(大文字)に登ってきました!

観光客の多い哲学の道を、途中から脇道に入り、登山口に向かいます。

このように銀閣寺の脇から登る経路がもっともたやすく、初心者向きとされています。登山道は整地されていて歩きやすくなっています。

daimonnjidozanndo.JPG

それが、突如こんな感じにw

DSC_0280.JPG


しばらくこのような道を進んだら、昭和4年にどなたか有志をつのって作ってくださった立派な…

長い階段w

daimonnji-net.jpg

登りきったら、頂上かぁっ?!

と思いきや、

また外見は前の階段ほど立派ではないけど、長さは立派な階段出現!気持ちが折れる折れるw

daimonnji-hidokomadenosteps.jpg

大文字の火床です。この石の上に赤松の薪が置かれ、8月16日に送り火が焚かれます。薪の準備は、毎年2月から始まるそうです。最近はこの薪の調達が、様々な事情により難しいのだとか。

dimonji-bonfire-2.JPG

「大」の字のはらいの部分です。27基あるはずです。

daimonnji-bonfire1.JPG

みなさん、火床であるここが山頂、終点と思いませんか?

ノンノンノーーーン!!

街から大の字が見えるよう、木はなく、なんていうんでしょう…ハゲ?てますけどね、ここは人間で例えるなら、喉元くらい?

如意ヶ嶽の真骨頂は、火床にあるこの急でほっそーーーい階段を登ったところから始まります。

daimonnji-hidoko-kaidann.JPG

足滑らせたりしたら終わりやね。確実にレスキューされてしまうね。

この急でほっそくて長い階段を登ったところに「大」の字の頭があります。

daimonnji -jigasira.JPG

ええ、街から見るときは雄大なんですが、これっぽっちです。

さて、ここから先が如意ヶ嶽の真のお姿。
外国人がGoogleで星1つの評価をして、ハイキング向けの山ではない!ハイクのつもりで行ったら、危ない山じゃないか!って怒ってた部分ですね。

daimonnji-sannchou1.JPG

daimonnji-sanncho2.JPG

とまぁ、標識もなければ、手すりもない、急すぎる斜面ではないけど、20分以上登りました。山歩きの20分はツラい!星1つの外国人が、どんな装備で来たのか知りませんが、散策のつもりで来たのならそりゃ怒るわ。

人気のない山道を、黙々と20分歩くのはつらかった。しんどさもあるけど、この道で合ってるのかどうかわからない(さっき書いたとおり標識がないの)怖さがあって。帰り道、わかるのかとか考えたら、きた道をまだ覚えているうちに引き返そうかと考えてしまったわ。

なんちゃん負けない!

daimonnji-choujo.JPG

道はあっていたようです。つきました!
自前のバーナー持ってきて、コーヒー淹れてくつろいでる人もいて、宴会組も含め人が多いやん。あの寂しい山道は何だったのか。

三等三角点。

daimonnji-sanntosankakuten.JPG

歩くだけで汗が滴ったのは久しぶりのことです。

汗がそのままだと体温奪われるので気をつけて。その速度は非常に速かったです。ですので、わたしは寒さのため休憩せず、すぐに降りだしました。今度来るときは気をつけよう。これから暑くなるし、もっと汗かくはずだから。

それでは登ってきた道を、滑り落ちないよう最新の注意を払っておりましょうかね。特にあの火床の階段とかね…汗

歩行が楽しく、ラクに!

起伏がある土地、東京。

東京住まいの仕事仲間はズンズンと、どこまでも歩いていく。それもかなりのスピードで。わたしはというと、ついていくのがやっとで、京都に帰ってくる頃には足が痛み、全身が重くしんどい…それが南野さんの身体操作教室に通って、毎週トレーニングや練習を重ねていったら、いつの間にかどうしようもない疲労や苦痛を感じることがなく、軽く動けるし歩くのもラク…

うちのお客様のひとりで、東京で定期的に仕事する方の感想です。

その方がつい口を滑らせておっしゃった、もうひとつの感想も書いてみたいと思います。

【今までのトレーニングやワークアウトみたいに「いかにも」な形の練習があまりなく、そんなところ動かへんし!っていうようなところを動かすよう言われ、念力で動かしたようなときもあった。一体何のためにするのか意味がわからない練習も多く、南野さんが言うのだから、単なる嫌がらせではないと信用して練習に励んだ】

ですってw

ラクに歩くには、守らないといけないポイントがあります。そのポイントこそが「姿勢制御」

その制御がきちんとできる身体づくりに全力を出している、グイグイ押しまくっているのがスタジオ・ナンノですね!見たことないやったこともない動きやボディトリートメントも、身体はすべてはつながっているので、意味のあるトレーニングやワークアウトなんです。姿勢制御が重要なのは、歩行のときだけじゃないですよ。どんなスポーツにも、日頃の動作にも必要なことです!

アナタが余計な力を使いまくって、どうにも解消できないような疲労に日々を埋め尽くされたくなければ、姿勢制御が何かを習い機能的に動けるようにするべきだと思います。

ラクにきれいに動ける。

これは明るい(ポジティブ)思考の土台でもあります。心(脳機能)も、身体をどう使うかで改善もするし、具合が悪くもなるのです。

心(脳)と身体は、同じものではないが、まったく別のものではない

脳科学者の茂木健一郎先生のSNS投稿をよく読む。

投稿そのものの内容はもちろん素晴らしいが、その的確な書きかたや表現、文字数など、そこらへんにいるコンサルやセミナーで教えてくれることよりも、はるかにすごいし驚嘆する。

先生の投稿を読めば、感情や心は身体とは切っても切り離せないものだと実感する。実際先生は投稿を見るだけでもずいぶんアクティブだ。

脳をは自らを健全に機能させるために身体を使っているし、また脳は身体というセンサーを使ってさまざまな情報を読み取り、その環境や状況に適応しようとしている旨を書いた投稿を見た覚えがあるが…探し出せず。

しかし、安静までいかなくても身体をなるべく動かしたくない、ラクして身体を美したいってのは、ないのがわかるよね。

自分がストレスに追い込まれたままであったり、反対に自堕落な思考になれば、体型や姿勢はそれ相応の不健康なものになっていくし、変わりたければ、姿勢を制御できないといけないともいえる。


brain.jpg

まっすぐきれいに立つ・歩く、強く美しい姿勢のために

4月25日の安部塾大阪集中講座は、バランスポーズと体幹の引き締めについての解説でした。

引き締まっていこう!そのためにはおなかだ!

体幹が緩む、お腹がたるんで出てくるのは、腹筋群を使えていないか、使い間違いをしているからです。この状態は、いわゆる腹筋運動では引き締まりませし、食事を減らして体重を軽くするだけのダイエットは引き締めの大敵です。

身体のシステムや動きの理屈を学び、考え、動く。

いつも書きますが、健康で強く美しいボディには、コレ大事ですね!

午前中みっちりとある講義の理屈を自分が動いて実際に感じ、体感力(自分の身体の変化を感じる能力)が正常に働くようする、相手に指示をきちんと伝えるためなど、小休憩ははさみますが、午後からの実技は毎回かなりの練習量です。

Chiharuレインボー
chiharu rainbow.jpgのサムネイル画像
















みごとなT字バランス。このポーズのタフさに驚いただろうなぁ。
itho T.jpgのサムネイル画像
















側屈はすべての動きのベース。ウォームダウンを安部塾ではしますが、それにも側屈は含まれます。
motoyoshi willow.jpgのサムネイル画像




























なんちゃんの大好きなヒップワーク。大好きだけど、今回の実技は難しかった。
hip work.jpgのサムネイル画像
















これらみんな体幹を引き締めるために必要な身体操作で、もっとほかにもあります。そもそも、細かいところまで書き出すと、手や足、口腔内のことなどまでありますので、すべてをこの限られたスペースで、文章によりお伝えするには無理があります。しかし、これだけは言えます。お腹を引き締めるのにお腹の筋トレや運動と思っていては、いつまでたっても体幹は引き締まらないし、まっすぐ立つのもムリだし、姿勢の制御もできません。

何度も書きますが、身体のシステムを学び、考え、動きの練習です。

男性参加者がそろって「ケツが…ケツが泣いている」と叫んでいたように、今まで十分に使ってこなかった筋肉を動かし始めるときは、大変つらいものです。

つらいからとそこでやめてしまわないように。圧倒的な練習量のみが不必要な力みを改善し、制御に必要な筋力をつけ、使える柔らかな筋肉に変化させてくれる唯一の方法です。

「ジムにいって、おもりを付けて筋トレするより、まずは今日教えたものを10000回はして、腹抜けの改善を。いまの制御力と知識では、思うようなシェイプにはならないぞ~フハハハ」

最後に塾長はこのような言葉を残して、大阪を離れていきましたとさ♡

来月は、5月23日です。よろしくお願いします。

身体操作と肌の状態について

21日、日曜のヒップワーク教室は延期になりました。

owarai-hipwork.jpg

諸事情で美肌教室に急遽変更です。

whipped soap.jpg

肌は、泡の弾力で洗ってください。これくらいきめ細かく、弾力がある石鹸を使用する必要があります。泡による摩擦を大幅に超す強い刺激や負担をかけても、肌にとってメリットはありません。機能改善もできません。そのためスタジオナンノでは、ゴシゴシ洗い厳禁、しないようにしつこく解説しますw

今回、お尻塾を美肌教室に変更した理由の一つに、圧縮して絞っただけの、精製していないオイルを肌につけて具合が良くないって話があったのです。

なんだか世間では、

植物性は地球にも肌にも優しい!

それに対して、

ケミカルはNG!あれは人間の敵だ!


と、思っている人が少なくないようです。

しかしです、植物はその一族以外は繁殖しないように、常に香気をはじめとする成分で、敵をやっつけるアサシンです。オイルが取れる種子は、動物に食べられないように毒を含んでいます。そんなものを肌につけたら、使用した全員ではなくても、多くの人が肌のトラブルをかかえます。

さて、その植物の力なのですが、ケミカルの効果を1としたら、それを下回るのが動物性です。ケミカルを上回るものが「植物性」といわれます。中には殺菌作用において、ケミカルの20倍の力を発揮する成分がありますよ。

このように、どの人に安全かつ安定した状態で使ってもらうには、このように動物性も植物性も不向きです。特に植物性のものは、安全性のテストを数千回(100回や200回では足りません)はやって、安全性とその安全レベルがきちんと公的機関で証明されていないものは危ないです。不用意に使えば今回の参加者のお一人のように、ラッシュ(発疹)があらわれたりします。

肌から吸収される経皮吸収や呼吸とともに体内に入ってくるガス交換、この2つはおもいのほか速く身体は何らかの影響を受けます。ガス交換なんて、匂い(香気・臭気)を感じた時点でアウトです。ガス交換は終了しています。

想像以上に速いでしょ?

単純に植物性は優しい!精製されていない自然な状態に近いものほど安全!効果ある!という考えはやめたほうがいいですね。


身体操作技法によるスクワット

baby-squat.jpgのサムネイル画像

美と健康にスクワット!
とにかくスクワット!

ちょっとまって。

スクワットはフォームが命よ。
回数とか負荷を何キロかけるかが重要なのではなくってよ。


見よう見まねの、デタラメフォームのスクワットは機能改善どころか、故障のもとで、その状態で負荷をかけてスクワットしたら、あっという間に身体はボロボロよ。

もう一つ。

スクワットは前太ももパンパン、ツラくてしんどい…

こんな感触を効果のあらわれだと思ってないかしら。

確かに負担がかかるし、空気みたいに何も感じない~♡ではなし、機能低下していればしているほど、やはりつらさは伴うんだけど、2-3回でダウンするなら身体の使い間違いをしているわね。

スクワットはまずはフォーム。これは先に書いたわね。
そして、ポイントは立ち上がる(股関節を伸ばす)とき。しゃがんでいくときが、筋トレ効果のクライマックスではないのよ。

スムーズに立てないようなら、筋トレ効果はほぼないわね。


トレーニングのための身体操作レッスン

機能改善が何たるかを知った。目からウロコだった。
なぜみんな受けないんだ?!



長く付き合いのある知り合いが、わたしの身体操作レッスンを受けたときの感想。


なぜ受けないんだっ!て…アンタも長年、知り合ってから今日まで一度も受けたことなかったで…


この友人は、長い間、わたしの運動指導には否定的で、冗談まじりでもきついこと言われてたんですよね。それでも負けずに、一度でいいから受けてみてって言い続けてたんです。受けたが最後、一度ではすまないんですけど。


さて、わたしの友人のように、いろいろご自身の身体を変えたい、柔軟性をあげたいと要望をお持ちの方が多いのですが、案外、そのために必要な筋力がなかったり、動かし間違いや使うべき筋肉に力が入らないなど、何かのエクササイズや筋トレをするには至らない方がほとんどです。


運動できる姿勢や筋力に整えたり、身体を健全な状態にするためにうちの身体操作を利用してもらうのも一つの方法です。ぜひお越しになって、継続してトレーニング受けてください!


健全な身体の状態にするためには、呼吸だったり、四肢のメンテナンスだったり、華々しさのかけらもない動きの連続。ちなみに、気力がないわが友人様は、この地味さと積み重ねるような練習が、長年お気に召さなかったようです^^;


崩壊した機能を改善や向上に導くには、長い時間がかかるし、つらさが伴います。無理や我慢はやりすぎ・いきすぎの合図なので厳禁ですが、ラクしてあっという間、即効でというものでもないのです。


まぁ、ラクして、享楽をつくしていてもこれさえすれば、即効で変化する…などと売り出しているものやそんな指導は、人間のシステムを超越したことなので非常に危ないし、何をさせられるんだろうって感じ(ΦωΦ)


今回、わたしの友人には動きの練習ももちろん必要でしたが、機能改善に魔法はないんだよって率直に想いを込めてした説明が、友人の耳と心に届いたようで嬉しかったです。


楽しんでくれて、共に磨きをかける仲間でいてくれて

ありがとう♡

主催者のひとりとして、皆さんに安心して大いに学んでもらえる場を届けられるよう、もっともっと努力していこうと思います。

abe-juku-male.jpg

男性の参加が増えてきましたね。

身体の学校・安部塾大阪集中講座の受講生は、職業のジャンルはさまざまで、身体操作技法を学ぶ目的と目標もさまざまです。ボディーワーカーだけが学びにきているのではありません。

共通しているのは熱心であることと、自分の使命に正しく忠実なこと。

もしかしたらご自身でははっきりわかってらっしゃらないかもしれないけど、習得して変化していかれる様子には素晴らしいものがあります。

abe-juku-shinnsa.jpgのサムネイル画像

ふざけて「塾長の講師としての審査をします」ってカメラや機材を置くデスクに座ってエラソーにコーヒー飲んでるアタクシざんす。

abe-juku-shinsa.jpg

次の瞬間、先生に疑問をぶつけたら、

「キミの質問は意味不明だ。質問力を磨こうか<ヤレヤレ」

受講生の皆さんに比べ、進歩のなさが露呈したのでした。ホンマに安定のミナミノサーンです。

疑問や不明な点は、後に回したり、放置せず、またわかったふりもせず、その場で、正しい言葉で尋ねる必要があります。自らわからないことを調べるのも大切ですが、質問をいつどのようにするかは技量のうちですし、質問力があがれば進歩も速く的確になります。

abe-juku-araki.jpg

それから、指導力をあげたり機能改善には練習が必要です。

練習は、重量とか強度ではなく、回数なんです。強度をあげて1回するよりも、できる範囲、繰り返しおこなえる範囲のゆる強度で数回こなす必要があります。

そんな先生の指導を守って、外反母趾を改善させてる人がいます。

DSC_0084.JPG

FB_IMG_1553811148264.jpg

愛情を各人に注いでくれる先生です。恥ずかしがり屋さんで、それらしい言葉もがけもないですけど、わたしは知っているさ(≧▽≦)
ひときわ厳しい言葉がわたしには飛んでくるけど、それも愛情と勝手に捉えておこう(≧▽≦)

FB_IMG_1550755772222.jpg

最近わたしが情熱をもって載せてた、こんなおもしろシーンなんですが、先生からはそんな場面ばっかりくり抜くなって言われたわ( ノД`)

残念だ!非常に!

一瞬でこのように間違った身体操作を、それも美しめにできるってすごいと思うのよ。わたしがこんな姿の先生に惹かれる理由がそこにあります。確かに見て笑うけど。

昨日の講座でも、ニワトリか鳩ポッポかっていうくらい、首の前後させる動きをして披露してくれはった。その様子が載せられないのが非常に残念。普通に、なんの練習もなくそんな動きができるんやと思いましたよ。

たまに、キミたちがしているトレーニングや練習は、朝晩、毎日2回してもまだ足りない、オレの練習量には到底及ばない、ってオレ様発言を発射させはるんですけど、やっぱりその言葉通りなんですよね。きちんとしたフォームと練習回数があれば、いつも美しく過ごせます。正しい練習は裏切りません。

でも、まぁ、わたしは真面目な受講生であり、大阪講座の主催者なのだから、先生のおっしゃることは守らねばなるまい!これからはビューティよっちゃんのシーンを抜き出していこう!

気が向いたらw

最後になりましたが、毎回画像を快く提供してくれる村田さんを紹介します。撮ってる人は、画像に映らないよね。だから村田さん自身が写ってる画像や映像が少ない、というよりあまりないんです。

彼女に甘えっぱなしだな。

yumiko-murata.jpg


12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ