HOME > いつまでも健康で美しくを叶えるナノニエルの魔法書

いつまでも健康で美しくを叶えるナノニエルの魔法書

身体操作技法ーマインドセット

運動指導者・身体操作指導者(これから先は「トレーナー」って書きます)は、

機能解剖学や解剖学などに詳しくて、

身体を鍛えるのが得意で、その方法を他人に教える人。

そんなふうに思っているかな?

確かに、人の身体はこのように動かすように設計されています…っていうのを日々勉強しますし、
cat & note.JPG


確かに、背骨の機能改善をするには、こういった動きをすると改善を促します…ってことも習いますし、自ら練習をします。
spine twist.JPG


トレーナーの仕事は、このような内容のものが多いかもしれませんね。

ですが、指導にあたる一番はじめにする、一番重要なことは、どこそこの筋肉を~、このように動かして~、ではないのです。

トレーナーの仕事は、みなさんのこのようなトレーナーやトレーニングに対する思い込みや先入観を取り除く、もしくは脳内の身体に関する書き換えを行うことが一番はじめの仕事だったりします。

例えばですね、

おなかが出てきた、痩せる方法を教えて!運動教えて!とか、姿勢改善・機能改善して、痛みやコリのないボディになりたい、そのためにはどこを動かす・揉んだらいいか、どこの筋肉を鍛える・ほぐすのか教えて!って、わたしにいうてくる人、本当に多いんです。

その質問や依頼に対し、

「そのような思考しているから姿勢や体型が崩れ、コントロールできないのです」

と、みなさんの熱い気持ちに真っ先にビンタを打ち据えるのがわたしの仕事です。

何かを食べなければ(もしくは食べたら)きれいになるとか、腹筋したらお腹はシェイプされボディメイクできるとか、身体はそのように食べたり飲んだりの制限や部分的トレーニングで、きれいなシェイプや姿勢に変えるのは不可能です。そんなふうに設計されていません。

思考は行動を司ります。その行動の積み重ねが姿勢や体型をつくっていきます。そのため、考え方を誤っていては、健全で美しい姿勢づくりやシェイプアップ、機能改善はできません。

ねっ、脳内イメージの書き換えがトレーナーのもっとも重要な仕事でしょ(*^^*)


無題のブログ

実家の酒店、7月31日をもって店を閉じました。この表現嫌いですが、この言葉しか思い浮かびません。店がつぶれました。

兄も、わたしには店をとやめることは伝えにくかったんでしょう、赤の他人から閉店することを聞いたのです。驚いて店に、仕事終わってから行きました。

これからからいろいろやらなくてはいけないことに追われ、外野からさまざまなことを言われるだろう兄やその家族、支えてくれる友人や知人はいても、自分の代で店をダメにしてしまったことは、きっと悔しいだろうし、恥ずかしさも感じるのではないでしょうか。

兄自身が病を得てしまったことが、自身の仕事に大きく影響しましたね。

そんなそんなことやこんなことで、7月下旬はわたしも少しつらいものがありました。自力は有限なのに対し、他力は無限で、その流れに乗ってしまったら、自力ではどんなにもがいても止められないんだなと、他力本願の教えを思い知りました。

自分たちに有利に働く他力本願であってほしかったですね。

皆様方、長年、わたくしども、南野酒店を利用いただきましてありがとうございました。

南野家の梅酒梅干し梅ジュースの漬け方作り方や、今ではあまりみられなくなりました冬場の美味しい酒粕の量り売り、季節の贈答品のアドバイスなど、みなさまの生活になんらかのお役に立ててましたら幸甚です。


身体操作技法と山歩きとストレス

天気が心配でしたけど、今月は3回山歩きができました。登りのしんどさも、だんだん楽になってき…

てません 笑

昇降運動の「降」は得意です。山でもランに近い速度で移動できます。半分くらいこの力が「昇」の方になっててほしいなぁ。

さて、山での体力的な変化は少ないのですが、平地、普段の生活には大きな変化があらわてます。

走れるようになった。

それだけかいっ!って思うなかれ。

今まで身体のどこか、何かが重くて、走ると苦痛、地中に埋まっていくのではないかと感じていたのが、それがすっかり消えました。軽く走れる!

それから、ストレスとうまく付き合えるようになりましたね。これは自分自身で驚きました。以前ならブチッと切れてる場面でも、怒るより先に対処してます。

結局のところ、怒るよりも対処して前に進むほうがなんぼか周りの役に立ち、無駄がありません。冷静になればそれもよく分かるのですが、気力や体力がないと瞬時に切れがちです。

乗り越えられない課題はないという、落ち着いた心構えが自然と先に立ちます。

運動することと運動時にどれくらいの負荷で行うかは、ストレスにあったときの対処する気力とその対処・改善能力に直結するのだそうです。

このようにわたしが機能的運動をとうるさくすすめるのには理由があるのですよ。
ストレスが過剰になりやすい現代において、機能的な運動と運動時にかける適切な負荷は、このようにあなたの心と身体を守り強くします。

daimonnji-choujo.JPGのサムネイル画像




身体操作技法・身体を機能的に支えるには

身体を支える、うまく使うには「腹筋群」です。もっとも重要な役割を果たしていることを知らないといけませんね。


hukubu.gif 


一般的に体の前面側を腹筋とイメージする方が多いかな?

図の通り、腹筋は脇腹のほうが筋肉が多く、かつ内臓と背骨をガードするため格子状(ダイアモンドパターン)に編み込まれるように、筋肉がそれぞれ斜めに重なっています。この部分で身体を支えている、姿勢をつくっている認識がなければ、永久に姿勢は良くなりませんし体型もつくれません。


6pack enhancer.jpg

腹筋はみんなのあこがれシックスパックがメインじゃないっすww

こういった構造や機能をしっかり理解する努力をしないと、姿勢改善や機能改善を間違ってしまいます。

身体操作技法・引き締めに必要なのは?

わが子が大変、自らの体型に意識が高くなりだしました。

ちょっと前まではブヨっていくに任せていたのに、筋トレを始めましたし、食事の内容を変えました。

みなさんの若返りを手伝う仕事をしているわたしとしては、こういった方向への変化は大変うれしいです。いろいろ指摘したいのですけどね。まぁ、いろいろ言ってしまうのですが←結局口出ししているw

さて、トレーニングも食事のあれこれも、姿勢を保つため、体型を変えていくためには、とても大切なのですが、どこそこの筋肉をゴニョゴニョするトレーニングとかなんとかのポーズを頑張るのだけでは、実は美しい姿勢やすっきり引き締まった体型は難しいのです。

本人も鍛えれば筋肉はつくけど、スリムな感じにはならない、何かが違うのを実感しているようです。

その様子を見ていたわたしは、また、

「歩こうか…歩行が少なすぎるんやで」

と、指摘してしまうのでした。

いかんいかん(汗)

冗談抜きで、よく言われる一日10000歩には意味があります。

少なくとも万歩を超える歩行がなされないと、下肢末端の循環は十分に行われません。末端のものはハケていかなくなり、溜まったままになります。心臓の動きだけで、全身の循環をつくるのはできないのですよ。

人は足・脚を使う、使うことで全身の循環が保たれるように設計されています。下肢に流れてきたものを心臓に戻すことができます。

もしあなたが、むくみが目立つのが気になる、トレーニングしているのに引き締まりがいまいち、体脂肪もステイしているのなら、トレーニングしたり食事の見直しをしたりすると同時に、歩行に目を向けてもらいたいのです。どちらかというと、歩行のほうが重要。

ただ単に「歩く」のではなく、機能的な歩行を知って実践できるようになってほしいです。

6月の安部塾関西をふりかえって

6月だけでなく、ずっと「引き締め」っだったりしますw
大阪だけでなく、各地の講座も全部「引き締め」だったりしますw

京都での様子です。ハムストリングカールですね。
hamstrings carl.jpg

神戸のハイボルテージな様子も♡きれいなバックエクステンションです♡
back.extension.jpg

大阪ではアタクシが頑張っております(老体に鞭打って…)
7fb0c8fdadc2dc9c2565ae0865ec3cf9_90c37b54d2dc586c76494058f916b05b.jpg

パンダ先生、手を添えて優しそうでしょう。

実情は、
もっとウエストを絞れ!
薄くするだけ違う!横幅をかえるんや!
気合をつかえ!

NG!もう一度やり直し!


とシゴキの場面です…涙

引き締めと書けば、多くの人が体型づくりの講座と想像するでしょうか。

引き締めは、体型を魅力的に変えるのが目的ではありません。すべてはまっすぐ、強く(安定良く)美しく立つためです。

引き締めとは何か、なぜ必要なのか、それについて勉強し必死に練習すると、脳機能改善と機能改善に導かれ、そういった継続的な努力がご褒美に美ボディを連れてきてくれます。この考え方を間違ったり、知っていても美味しいところだけ抜き出して伝えるから、自他の身体を壊していしまうのですよ。

真っ直ぐ立つって…誰でもできる…

そこのアナタ!なぁぁぁんて思ったんじゃないのぉぉぉ?!

画像を見て、

もっとわたしなら反れる!もっとオレなら曲げられる!

とかおもってんじゃないのぉぉぉぉ!

そんなことを、チラッとても思った指導者は、安部塾に来て、わたしと同じようにパンダ先生に思考から鍛えてもらうといいですよ。

ペルヴィックカール、ハムストリングスカール、レッグスライド/リフト、ドンキー、バックエクステンションなど、大阪の講座でもいろいろやりましたし、時間の関係でできなかったことは山盛りですが、一挙手一投足、まっすぐ出す、まっすぐ身体を使うのがどんなに難しく、これらの動作の本来のやり方で大きく動かせるひとはお腹とお尻のスイッチが壊れています。確実に。

ということで、みんな大なり小なり左右ブレるのですが、これは安定良くまっすぐ立てていない、今までまともに歩けていない、潰れた姿勢である証拠なんですね。

身体はすきあらばサボろうとします。女性は男性に比べ、筋肉量がかなり低いこともあって、このサボりぐせが顕著です。だから下腹が出てきやすかったり、膝の向きがおかしかったり、体型や姿勢が変化しやすいです。練習中でもすぐに腹部の引き締めが抜けたりします。

ちょっと呼吸したらお腹抜けたとか、動作の2回めにはお腹の引き締めなんか忘れ去ってたとか。

考え違いをしないでほしいのですが、抜けることが悪いのではないんですよ。女性は先に書いたとおりの理由で特に抜けやすいですから。パンダ先生も言ってます。機能が悪いところがあればどんどん修正かけていったらいいだけで、自分を否定するのはお門違いと。

ダメなのは、トレーニングの必要性が理解できない思考であり、行動しないため(ワークアウトしないため)の理由を並べてることですね。

それに、スポーツやエクササイズするまでに、このようにまっすぐ立つ姿勢制御の筋力をつけておかないと、良かれと思って楽しんでいた運動がご自身の身体や機能を攻撃するものになります。

まっすぐ強く美しい姿勢で立つ。

とても重要ですね。

安部塾では座学でしっかり理屈を学び、実践を通し心身を鍛えています。

身体操作技法・雑巾がけ

マジですよwこの前の日曜日も、雑巾がけの教室してましたw

教室でわざわざ雑巾がけを習ってもらわないとできない、その重要性がわからない、そんな方がだんだん増えてます。絞れない、磨けないをはじめ、家の中の汚染してるってこと知らないのです。

絞り方や拭き方を間違うと、掃除どころかさらに家の中を汚染、雑菌をまきちらすことになりますし、なにより関節痛めます。

ちゃんと絞った雑巾で、ちゃんと拭き掃除すれば、家内安全かつ身体トレーニングになります。

ジムやフィットネスに行ってトレーニングしても、そんなのは一日のうちで数時間、ほんのいっときです。

それよりも、毎日のこういった動作や身体の使い方を機能的なものにして、丁寧に用事をこなすほうが身体にとっては何倍ものトレーニングになります。実際、わたしは家事のほぼすべてがトレーニング、エブリデイ、エブリタイムがトレーニングです。

これが大抵の方、ジムに行く方よりも姿勢がよろしい理由です。

もし、あなたが姿勢の変化や体型の変化が嬉しくない方向に進んでいるのなら、ぜひこういった日常の動作がまずいのだと悟ってほしいです。そこから直すようにしてください。いきなりジムに行って、バーベル持ち上げたり、腹筋運動始めても、先に書いた理由でちーっとも効果ありません。

そして、間違ったフォームや動きで回数をこなしてしまうと…怖いですね。当然身体が壊れてしまします。

うちの教室の受講生さんは、ご自宅で毎日雑巾がけしています。わたしの家とは違って、大きなお家です。それが毎日できるのは「正しい絞り方と拭き方」のおかげなのです。

正直、わたしのほうがそれに比べると、

毎日ですか?!^^;
家の中の環境にとっても自分の身体にとっても大切なことはわかってるんですが、毎日はちょっと^^;…


なーんて状態でしたので、みならって今週から毎日するようにしました(汗)


身体操作と歩行!大文字・銀閣寺登山口~山科毘沙門堂

毎週登ろう「大文字」!
まだたったの2回目!
メンバーはわたしひとり!


先週、普通のスニーカーで登って、下りでお尻が砕けるか山が割れるかっていうほど足を滑らせてお尻をうってしまったので、この日はまず、靴を買うことにしました。みてみて~♡大好きなパープル~♡

なんちゃん、登山で疲れて足がむくんで極太になってかわいそうに…
trekkinng shoes.jpeg
…って、もともとのサイズや!登る前やし!<シヴァク

前回と同様、登りやすい銀閣寺から登りました。

5月とは思えない暑さのせいか、山に入る前の坂道からしんどくて、登りだしても何回か途中で引き返そうかと思いました。装備が揃ったのに、なんだか身体がずしーんと重くてしんどくいのですよ。少し休憩すると回復するので、休みをこまめに取り、いつもより時間をかけて登りました。

火床は地獄の釜でしたね。ハゲてますからね。日光を遮るものがなく、休んでいてもガンガン日を浴びるし、休憩とはなんぞや…状態w

daimonji-sidefirebed.JPG

daimonji-firebed-may.JPG
地面見てもらったらわかると思うのですが、草が枯れるくらいカサカサ。あがったの15時頃でしたが、だーれもいないのw

もうこうなったら、頂上へ行くしかない(汗)
あそこは木陰もあって、風も気持ちいい。

この前と違って、頂上までの行程の方はラクに行けました。やっと靴の効果が発揮された感があります。

頂上について、水を飲もうとリュック開けてびっくりですわ。分厚くおも~~~いテキストと飲料水が1㍑余分に入ってました。なんかずっしり肩に乗ってる…子泣きじじいかもしれん…なぁーんて考えていたわけですけどね。違った。

登ったときは、山科に抜ける予定はなくて、きた道をまた戻ろうとしていたんですけど、あの暑いハゲた土地をガンガンにお日様に照らされながら…と考えると、頑張って山科の方に行ったほうがいいんじゃないかと思えてきましてね、ええ。倒れてしまうと。

近くにいた殿方に、山科にいく道は、初めてでもわかりますか?と尋ねました。偶然にもその方は山科から登ってきた方で、山科に帰るから、案内しましょうって言ってくださいました。

親切さんだ!親切は受けなくては!決して案内を買って出てくれるのを待っていたわけではないですよ!

頂上にきてすぐわたしが声をかけたので、休憩もそこそこ、ゆっくりラジオ聴こうとしてたのに腰をあげてくださいました。

親切!嬉しい!だからといって案内してくれるまで粘ったわけではww

そのはじめての山科へ向かう山道は、やはり案内が少なく、これ…道ですか…ってところも何箇所かあっておもしろかったです。

あちこちで木が倒れているのは去年の大型台風のせいで、山科方面はまだ荒れているところがあるのだとか。本来の登山道がそんな感じなので、その方はそのようなややこしいところを避ける抜け道や回避する道を教えてくれました。

またお会いしましょうね~と毘沙門堂のところでお別れしました。2度目の道案内はきっとないですね^^;ちゃんと道を覚えなきゃね^^;

ということで、一部市街地でバス乗りましたが、北区にあるスタジオから自宅までほぼ歩きで帰りました。

全行程が徒歩になる日も近いなw
Screenshot_20190526.jpeg


山歩きは身体操作トレーニングのひとつ

身体操作トレーニングは、何もマットの上やスタジオですることのみが、そのトレーニングではありません。

姿勢制御ができるようになれば、歩行トレーニングが待っております♡

ということで、わたしは如意ヶ嶽(大文字)に登ってきました!

観光客の多い哲学の道を、途中から脇道に入り、登山口に向かいます。

このように銀閣寺の脇から登る経路がもっともたやすく、初心者向きとされています。登山道は整地されていて歩きやすくなっています。

daimonnjidozanndo.JPG

それが、突如こんな感じにw

DSC_0280.JPG


しばらくこのような道を進んだら、昭和4年にどなたか有志をつのって作ってくださった立派な…

長い階段w

daimonnji-net.jpg

登りきったら、頂上かぁっ?!

と思いきや、

また外見は前の階段ほど立派ではないけど、長さは立派な階段出現!気持ちが折れる折れるw

daimonnji-hidokomadenosteps.jpg

大文字の火床です。この石の上に赤松の薪が置かれ、8月16日に送り火が焚かれます。薪の準備は、毎年2月から始まるそうです。最近はこの薪の調達が、様々な事情により難しいのだとか。

dimonji-bonfire-2.JPG

「大」の字のはらいの部分です。27基あるはずです。

daimonnji-bonfire1.JPG

みなさん、火床であるここが山頂、終点と思いませんか?

ノンノンノーーーン!!

街から大の字が見えるよう、木はなく、なんていうんでしょう…ハゲ?てますけどね、ここは人間で例えるなら、喉元くらい?

如意ヶ嶽の真骨頂は、火床にあるこの急でほっそーーーい階段を登ったところから始まります。

daimonnji-hidoko-kaidann.JPG

足滑らせたりしたら終わりやね。確実にレスキューされてしまうね。

この急でほっそくて長い階段を登ったところに「大」の字の頭があります。

daimonnji -jigasira.JPG

ええ、街から見るときは雄大なんですが、これっぽっちです。

さて、ここから先が如意ヶ嶽の真のお姿。
外国人がGoogleで星1つの評価をして、ハイキング向けの山ではない!ハイクのつもりで行ったら、危ない山じゃないか!って怒ってた部分ですね。

daimonnji-sannchou1.JPG

daimonnji-sanncho2.JPG

とまぁ、標識もなければ、手すりもない、急すぎる斜面ではないけど、20分以上登りました。山歩きの20分はツラい!星1つの外国人が、どんな装備で来たのか知りませんが、散策のつもりで来たのならそりゃ怒るわ。

人気のない山道を、黙々と20分歩くのはつらかった。しんどさもあるけど、この道で合ってるのかどうかわからない(さっき書いたとおり標識がないの)怖さがあって。帰り道、わかるのかとか考えたら、きた道をまだ覚えているうちに引き返そうかと考えてしまったわ。

なんちゃん負けない!

daimonnji-choujo.JPG

道はあっていたようです。つきました!
自前のバーナー持ってきて、コーヒー淹れてくつろいでる人もいて、宴会組も含め人が多いやん。あの寂しい山道は何だったのか。

三等三角点。

daimonnji-sanntosankakuten.JPG

歩くだけで汗が滴ったのは久しぶりのことです。

汗がそのままだと体温奪われるので気をつけて。その速度は非常に速かったです。ですので、わたしは寒さのため休憩せず、すぐに降りだしました。今度来るときは気をつけよう。これから暑くなるし、もっと汗かくはずだから。

それでは登ってきた道を、滑り落ちないよう最新の注意を払っておりましょうかね。特にあの火床の階段とかね…汗

歩行が楽しく、ラクに!

起伏がある土地、東京。

東京住まいの仕事仲間はズンズンと、どこまでも歩いていく。それもかなりのスピードで。わたしはというと、ついていくのがやっとで、京都に帰ってくる頃には足が痛み、全身が重くしんどい…それが南野さんの身体操作教室に通って、毎週トレーニングや練習を重ねていったら、いつの間にかどうしようもない疲労や苦痛を感じることがなく、軽く動けるし歩くのもラク…

うちのお客様のひとりで、東京で定期的に仕事する方の感想です。

その方がつい口を滑らせておっしゃった、もうひとつの感想も書いてみたいと思います。

【今までのトレーニングやワークアウトみたいに「いかにも」な形の練習があまりなく、そんなところ動かへんし!っていうようなところを動かすよう言われ、念力で動かしたようなときもあった。一体何のためにするのか意味がわからない練習も多く、南野さんが言うのだから、単なる嫌がらせではないと信用して練習に励んだ】

ですってw

ラクに歩くには、守らないといけないポイントがあります。そのポイントこそが「姿勢制御」

その制御がきちんとできる身体づくりに全力を出している、グイグイ押しまくっているのがスタジオ・ナンノですね!見たことないやったこともない動きやボディトリートメントも、身体はすべてはつながっているので、意味のあるトレーニングやワークアウトなんです。姿勢制御が重要なのは、歩行のときだけじゃないですよ。どんなスポーツにも、日頃の動作にも必要なことです!

アナタが余計な力を使いまくって、どうにも解消できないような疲労に日々を埋め尽くされたくなければ、姿勢制御が何かを習い機能的に動けるようにするべきだと思います。

ラクにきれいに動ける。

これは明るい(ポジティブ)思考の土台でもあります。心(脳機能)も、身体をどう使うかで改善もするし、具合が悪くもなるのです。

12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ