HOME > いつまでも健康で美しくを叶えるナノニエルの魔法書

いつまでも健康で美しくを叶えるナノニエルの魔法書

安部塾登山部発足にむけて

オレはつくった覚えないぞ~ってっ先生は言うてましたけど、

「登山部できたんです
今回予定が合わなくて参加できなくても、そのうち参加してください

「安部塾」登山部ですから♥」

そのように先生にはお伝えし、発足決定しております♥やった♥

記念すべき第一回目の登山は11/16なんですね。それに参加したくても日程合わず参加できなかった、大阪講座の受講生のきよみさんと、神戸講座の主催者ちはるさんの案内で、今日(10/10)は摩耶山・掬星台に行ってきました。

きれいに晴れた日でよかったです。
MAYA_rockgarden.jpg

掬星台まで2時間くらいだったかな?
MAYA_kazdura.jpg

MAYA_kikuseidai.jpg

展望台でやること一緒w
MAYA_stretching.jpg

突然始まるプランク大会。きよみ氏の渾身の260秒プランクをお楽しみくださいw アタクシはこれ以上ない満面の笑みで観戦ですw
MAYA_plank.jpg 

登山道は途中から岩場で高低差がすごく、登りきったあとに、自分たちでもってきたバーナーと鍋でお湯を沸かし、つくったカップ麺や淹れたお茶のおいしいこと!2時間頑張ったあとっていうのもあるし、普段の生活に比べて、こんなささいなことでも手間がかかりますから。
MAYA_barner.jpg 

わたしは春先からしている山歩きトレーニングを通じて実感したことがあります。人のからだは使って、動かしてなんぼだということ。

山歩きを前面に押し出して、山歩きがいいからみんなすべし!って押し付けているわけではないのですよ。

運動は何をどう誰と(もしくは一人で)するかは、個人の意向があります。ご自身が好きなトレーニング方法を取り入れて、なによりも生涯続けることが大切です。運動と一言にいってしまうと、たいていの方が大きな誤解をされるのですが、あえて解説せずにこの運動って言葉をつかっておきますね。

何度も書きますが、身体というものを理解せず、運動を避ける人に、これから先の健やかで若々しく美しさは備わりません。

わたしたちの身体は、負荷がかかって始めて強化され、機能がたもたれるのです。負荷がかかることを前提で設計されいるのです。


身体操作技法・持久力を高める意味

わたし達の身体は、目一杯使う、機能をフルに使うことで、健全を保っています。しっかり身体を使うからこそ、休息もとれます。リラクセーションがどういうものかも、目一杯動かないうちは何も実感できません。

なのに、老いも若きも、日本ではトレーニングする方は少数のような気がします。しんどいし休日は寝ていたい、休日でなくてもなるべく動きたくないなんていうのは末期ですね。

その何もしない派の方々は、そのうち何もできなくなる身体になることを覚悟しなくてはいけません。その何もできなくなった身体が抱えるリスクというのは、皆さんが想像なさっているものよりハイリスクです。

また、身体を繰り返し使えば、機能的で合理的、効率がもっともいい動きはどれかを脳が考え続け答えを得ようとします。動作に磨きがかかれば、体力がそぎ落とされることもなく、長く身体を使い続けられるからですね。これが持久力です。

必然的に持久力を持ち合わせている方は、基本的にストレスに強く、またその解消方法をよく自分で理解し、判断力も的確になります。




身体操作技法教室★強く美しくの強いってどういう状態?

強く美しくは、まっすぐ安定よく立つ、身体が安定して動かせる、など、ブレの修正やコントロールが的確で速く、姿勢が美しいことをあらわしてます。


身体の安定は、身体に適度な柔軟性をもたせ、動くときにはなめらかで、止まるときにはピタッと止まり、動きにキレがでます。


一般にこういう状態の方をみればたいてい、所作が美しい、姿勢が美しいと感じるはずです。わたしが強いと表現しているのはこういうブレの少ない状態のことなんですよ。


決して、


ムキムキ、バキバキ、
ムーチョマッチョな身体つきや、瞬殺キックやパンチが繰り出せることだけがを強い身体というのではありません。


それに、そんなパワフルな身体づくりをするのなら、なおさら身体の安定性や健全性は重要になってくると思いますし。


まっすぐ安定良く立てること。
姿勢が左右に揺れたり、上下動をほとんどさせずに歩くこと。


姿勢制御は十分にできていますか?


身体操作技法教室★柔軟性UPしたい

身体は柔らかいほうがいい
柔軟性あればあるほど身体能力は高い



……


そんなこたーない!!この思考のもとに、柔軟性をあげる運動や行動をしては身体は壊れます!!

この結論は、新体操をしていたため一般以上に柔軟性があるわたし自身の経験でもあり、運動指導の現場でもお見受けしたことでもあり、データとしても証明されています。

確かに身体が硬すぎて、その硬さによって不具合やつらさがあるのでしたら柔らかく動けるように改善する必要はあるのですが、この柔軟性わっしょいの呪いにかかってしまうと、多くの人が機能改善を忘れる、もしくはすっ飛ばして、柔軟性だけをあげようとして身体を破壊してしまうのです。

身体は柔軟性をあげるより先に、関節を壊さないためにも、筋肉を鍛えて身体を適切に操作できる筋力を備えることが大切です。

必要なところで
必要な筋肉の力が
グッドタイミングで発揮されれば


そうやって筋力がアップすれば脳は安心して緩めるべき筋肉を緩めてくれます。それからご自身の関節の機能にあわせて、機能的ストレッチで柔軟性をあげれば安全で健全な身体づくりになるのです。
side bent standing.jpegのサムネイル画像


8月の安部塾大阪集中講座について

8月の講座内容は以下のものでした。

★足と足の機能について
★フットプリントをとってみよう
★下腿の筋ほぐし

クライマックスは、
★脇腹をめっちゃ引き締めていこう

もう一度書きます。
脇腹、たるんでたら全身たるんでる。引き締めるべしよ。

side bent standing.jpegのサムネイル画像

「しっかり肋骨のサイズをかえる!」

身体を見た目で動かしては、無駄な力(りきみ)を生じさせます。この画像で説明するなら、多分多くの人が、「身体を横に倒す運動」「脇腹のストレッチ」など、このような形に身体を動かすことにフォーカスされると思います。

見て→真似てポーズを作る…この方法では適切なフォームで動けません。フォームを間違ってしまうと、動かし間違いというワナが待っています。動かし間違いを繰り返し積み重ねると、身体の調子が悪い原因です。つまり、身体のためと思ってしていたことが、身体の不調の原因になるわけです。

身体のどの部分とどの部分を近づけるかをきちんと把握し、動くときは正しい身体機能を使う必要があるのですね。

あとは回数と期間。

強く美しいボディに魔法はないわよ。

一緒にがんばっていきましょうね!
boat pose.jpeg

身体操作技法・山歩きと愛宕神社ご祈祷

※愛宕山は、信仰の山です。登山者も今は受け入れてますが、基本的に愛宕山に入るなら、きちんと神社にお参りするほうがいいとわたしは思います。登山のみでも、山そのものが霊山であることを忘れず入山し、登山に5時間の時間を、日没までにこの鳥居のところに戻ってこられる時間帯を割くように案内がありました。自分の体力やその時の体調をよく把握し、自力で下山できることが入山の条件です。遭難者が結構いるようです。ご注意を。


【火迺要慎・火伏せの神様】ここから登り約120分(~180分)、降り約90分(~120分)で山頂にある神社に行きます。
atago_jinnja_tozanguchi.JPG 
8月16日、めちゃくちゃ晴れていますが、少し前まで前日の台風の影響でかなり降ってました。不思議な経験をしながら愛宕神社にご祈祷を受けに行きました。

★早朝はものすごい雨だったので、8時までに止まないなら愛宕さんには行きは中止と発言 →ピタッと雨止む
★乗換駅の阪急桂駅で再度きつい雨に遭遇し、嵐山駅までに止まなければUターンして帰るもんね! →ピタッと雨止む
★入山してしばらくしたら苦手な虫の群れが…帰りたいと泣いたら →モーセが海を割ったように、虫が左右に解散
★休もうとすると気分が悪くなる(としか表現できない) →登り続ける?!休ませて!

てな感じで、もう引き返す言い訳もなくなり、よほどこの日に登ることが肝心、お呼びいただいてるのだろうと必死に登りましたわな。

「しんどいねん~」っていいながら涙を流し、この日の雨とは違い、止まることのない汗を拭いながらw


【半分くらい登った付近からの風景】
atago_jinnja_kameoka.JPG 
毎週登っている大文字と同じくらいの高さからです。少し温度が下がり始めました。大文字もあんなにハゲでなければ、これくらいの温度になるのでしょうね。


【嵯峨消防分団の看板】
saga shouboubundan.JPG
40枚ある看板には、防火のこと、山をクリーンで安全に登るためにしてほしいことが書いてあり、約100メートルごとに立ててくれてます。ネタが切れたのか、たまにこのようにシモい風味が紛れています。ぜんぜん和みませんw


【黒門】
atago_jinnja_kuromon.jpg 
あと約500メートルほどです。消防分団の看板も、最後まで気を抜かないでって書いてくれてたんですけど、山の500メートルってね、平地の500メートルとは全く違うからね!ぜんぜんもうちょっとではないのよ!

だってその500メートルはずっとこんな登りだしさ!
atago_jinnja_tohanJPG.JPG



【神社境内】神社のTwitterに載せてもらいました。涙と汗で、日焼け止めも何もかも流れ、拭い去られてまーすw
atago_jinnja_twitter.jpeg 
ご祈祷を受けてきました。

その後、愛宕山の三等三角点を探しましたがよくわからず断念です。帰り道は、来た道をそのまま帰りました。帰り道は、月輪寺や空也滝方向に進む方が多いのですって。

同じ道を帰ったからこそ、自分が登ってきた道がどれだけ急で、長く、どれだけ頑張ったのかがよくわかりました。下り坂を、降りるのがつらい、しんどいもんなんだと感じたのは初めてです。気を抜くと、転げ落ちそうになるんですから。登山口の鳥居に戻ってきたとき、自然とよく頑張ったね!と自分を褒めました!



*おまけ*
バスが30分後にしか来ないこと判明!歩いて帰るよね。一時間くらいの道のりだしさ。清滝川の遊歩道をいけばなんと嵐山まで戻れるらしい!
kiyotakikawaJPG.JPG 

って、こんなところ歩いたら流されてまうわっ!

前日の台風の大雨で激流になってますな…


【清滝トンネル】おばけトンネル
kiyotaki_tonneru.JPG 
横には峠道があって、両方とも心霊スポットや怖い話で有名なんですよ。どっちにするか迷う~~~。

ただこのトンネルは幅が超せま。歩行者がいるとバスが通れないのです。行きのバスの運転手さんに確認したら、歩行してもいいんだけど、バスが通れないので峠の方を歩いてほしいそうなんですが、その峠道をみて心が折れました。

「もうこれ以上の上り坂は上れない…」

バスは30分後にしか来ないからトンネル歩いちゃいました。ちょっと長めの500メートル。

まあ、色んな意味で怖かったです。


【化野念仏寺】
adasinonennbutuji.jpeg 
明るいうちに行ったら、火曜サスペンスでみたような雰囲気はまったくないでーす。普通のお寺でした。ここも心霊スポットらしいのですが。

あっちもこっちもおばけスポット。聞いてしまうと怖くて、愛宕さんに行きづらいわ。

身体操作技法・久しぶりに参加した安部塾神戸

身体の学校・安部塾は、スタディ→ワーク→チェックとシェアで進められ、いずれの枠でも相手に合わせたきちんとした指示の方法を学ぶのが特徴であり魅力です。

そうやって知識と技術を習得して、素晴らしい指導者を育てているのが塾長の安部先生で、いろんな業種の方が学びに来ていますが、各分野で活躍してます。さまざまな職業の方が参加するのは、先生自身が幅広い職業でいままで活動してきたのも影響してのでしょうね。

実技は、単なるエクササイズではなくて、機能改善や姿勢改善に使われる動きは、およそエクササイズやトレーニングからかけ離れた、驚くようなものも多いです。

今日は肩甲骨の機能改善と、その肩甲骨と連動している下腿のほぐしをしてきました。

scapula touch.jpg
★肩甲下筋をほぐそう

肩甲下筋に何らかのトラブルがあれば、こういうことに。肩甲下筋を探索するときはくすぐったく、次に実際触れると痛みがあるんです。横で見ている米田さんが、わたしが繰り出した切れのある動きを見て思わず笑うそんな場面でしたw

gorilla voice.jpg
「ウホっw」


silver-back.jpg 
「その声w キミはGORILLAかっ!」<福岡のA氏談


1566050531413.jpg
「だから、動きもポーズもまるでGORILLAやけん!桜餅は美味しいけど!」<前出のA氏


「他人の姿勢改善よりも、自分のゴリラ度の改善やろ!汗」


今からまた気持も新たにがんばる、がんばりますとも!

ゴーリー智子でした…(泣)


身体操作技法ーマインドセット

運動指導者・身体操作指導者(これから先は「トレーナー」って書きます)は、

機能解剖学や解剖学などに詳しくて、

身体を鍛えるのが得意で、その方法を他人に教える人。

そんなふうに思っているかな?

確かに、人の身体はこのように動かすように設計されています…っていうのを日々勉強しますし、
cat & note.JPG


確かに、背骨の機能改善をするには、こういった動きをすると改善を促します…ってことも習いますし、自ら練習をします。
spine twist.JPG


トレーナーの仕事は、このような内容のものが多いかもしれませんね。

ですが、指導にあたる一番はじめにする、一番重要なことは、どこそこの筋肉を~、このように動かして~、ではないのです。

トレーナーの仕事は、みなさんのこのようなトレーナーやトレーニングに対する思い込みや先入観を取り除く、もしくは脳内の身体に関する書き換えを行うことが一番はじめの仕事だったりします。

例えばですね、

おなかが出てきた、痩せる方法を教えて!運動教えて!とか、姿勢改善・機能改善して、痛みやコリのないボディになりたい、そのためにはどこを動かす・揉んだらいいか、どこの筋肉を鍛える・ほぐすのか教えて!って、わたしにいうてくる人、本当に多いんです。

その質問や依頼に対し、

「そのような思考しているから姿勢や体型が崩れ、コントロールできないのです」

と、みなさんの熱い気持ちに真っ先にビンタを打ち据えるのがわたしの仕事です。

何かを食べなければ(もしくは食べたら)きれいになるとか、腹筋したらお腹はシェイプされボディメイクできるとか、身体はそのように食べたり飲んだりの制限や部分的トレーニングで、きれいなシェイプや姿勢に変えるのは不可能です。そんなふうに設計されていません。

思考は行動を司ります。その行動の積み重ねが姿勢や体型をつくっていきます。そのため、考え方を誤っていては、健全で美しい姿勢づくりやシェイプアップ、機能改善はできません。

ねっ、脳内イメージの書き換えがトレーナーのもっとも重要な仕事でしょ(*^^*)


無題のブログ

実家の酒店、7月31日をもって店を閉じました。この表現嫌いですが、この言葉しか思い浮かびません。店がつぶれました。

兄も、わたしには店をとやめることは伝えにくかったんでしょう、赤の他人から閉店することを聞いたのです。驚いて店に、仕事終わってから行きました。

これからからいろいろやらなくてはいけないことに追われ、外野からさまざまなことを言われるだろう兄やその家族、支えてくれる友人や知人はいても、自分の代で店をダメにしてしまったことは、きっと悔しいだろうし、恥ずかしさも感じるのではないでしょうか。

兄自身が病を得てしまったことが、自身の仕事に大きく影響しましたね。

そんなそんなことやこんなことで、7月下旬はわたしも少しつらいものがありました。自力は有限なのに対し、他力は無限で、その流れに乗ってしまったら、自力ではどんなにもがいても止められないんだなと、他力本願の教えを思い知りました。

自分たちに有利に働く他力本願であってほしかったですね。

皆様方、長年、わたくしども、南野酒店を利用いただきましてありがとうございました。

南野家の梅酒梅干し梅ジュースの漬け方作り方や、今ではあまりみられなくなりました冬場の美味しい酒粕の量り売り、季節の贈答品のアドバイスなど、みなさまの生活になんらかのお役に立ててましたら幸甚です。


身体操作技法と山歩きとストレス

天気が心配でしたけど、今月は3回山歩きができました。登りのしんどさも、だんだん楽になってき…

てません 笑

昇降運動の「降」は得意です。山でもランに近い速度で移動できます。半分くらいこの力が「昇」の方になっててほしいなぁ。

さて、山での体力的な変化は少ないのですが、平地、普段の生活には大きな変化があらわてます。

走れるようになった。

それだけかいっ!って思うなかれ。

今まで身体のどこか、何かが重くて、走ると苦痛、地中に埋まっていくのではないかと感じていたのが、それがすっかり消えました。軽く走れる!

それから、ストレスとうまく付き合えるようになりましたね。これは自分自身で驚きました。以前ならブチッと切れてる場面でも、怒るより先に対処してます。

結局のところ、怒るよりも対処して前に進むほうがなんぼか周りの役に立ち、無駄がありません。冷静になればそれもよく分かるのですが、気力や体力がないと瞬時に切れがちです。

乗り越えられない課題はないという、落ち着いた心構えが自然と先に立ちます。

運動することと運動時にどれくらいの負荷で行うかは、ストレスにあったときの対処する気力とその対処・改善能力に直結するのだそうです。

このようにわたしが機能的運動をとうるさくすすめるのには理由があるのですよ。
ストレスが過剰になりやすい現代において、機能的な運動と運動時にかける適切な負荷は、このようにあなたの心と身体を守り強くします。

daimonnji-choujo.JPGのサムネイル画像




12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ